微妙な本数、2袋セットでテープぐるぐる巻き…スーパーで売られるソーセージへの疑問と意外な理由

微妙な本数、2袋セットでテープぐるぐる巻き…スーパーで売られるソーセージへの疑問と意外な理由

香薫あらびきポーク(「プリマハム HP」より)

 この連載企画『だから直接聞いてみた for ビジネス』では、知ってトクもしなければ、自慢もできない、だけど気になって眠れない、世にはびこる難問奇問(?)を、当事者である企業さんに直撃取材して解決します。今回は林賢一氏が、ソーセージに関するさまざまな謎に迫ります。

【ご回答いただいた企業】
プリマハムお客様相談室

 いきなりだが、スーパーマーケットで売られている“ソーセージあるある”から始めたい。

「なぜか包装ビニールが空気でパンパン」

 こんな経験は誰にでもあるはずだ。次に、こちらはどうだろうか。

「なぜか2袋セットで売られている」

 これもある。間違いなくある。あの剥がしにくいテープでクルクル巻かれているのも不思議だ。

 だが、今回さらに気になるのは、上記のようなソーセージ王道あるあるではない。ソーセージの本数が気になるのだ。なぜ、あの量なのか。

 たとえば、筆者が好きなソーセージに「香薫あらびきポーク」(プリマハム)がある。これも2袋セットで売られていることが多いが、1袋に入っているのが5本という微妙な数なのだ。

 1人で食べるには、ちょっと多い。2人で食べるには、奇数本だから綺麗に割れない。3人で食べても、同じようにきっちり割れない。4人で食べたら、1本余る。5人で食べたらぴったりだが、5人で「香薫あらびきポーク」を食べる機会は、BBQ以外にあまりイメージできない。

 つまりは、1袋5本というのは、なんとなく中途半端なのだ。偶数本であればきっちり割れるのに……などと悔しい思いをしているのは、筆者だけだろうか。たとえそうでも、こういう気になるギモンを直接聞いてみるのが本連載だ。

●なぜソーセージは5本入りなのか

 そこで、プリマハムお客様相談室に直接聞いてみた。

「ソーセージが1袋5本入りなのは、なぜですか?」

担当者 重量設定をしておりまして、「香薫あらびきポーク」ですと、すべての商品が90グラム以上になるように設定されております。そのため、5本入りや6本入りのものがあったりする場合がございます。

――6本入りの場合は、ソーセージが小さいということですか。

担当者 天然腸を使っておりますので、太さや長さには若干のばらつきがございます。そのため、本数がまちまちになることがございます。

――たとえば2人で食べる場合、偶数のほうがありがたいのですが……。

担当者 同じものを製造できれば、本数で管理できるものもございますが、「香薫あらびきポーク」の場合は本数指定ができないのです。
 
――そもそも、なぜ90グラムという量なのでしょうか。

担当者 当社の都合といいますか、各メーカーでも違いますし、当社の商品でももっと多い商品や少ない商品もあります。一番標準的な、売価設定なども考えた上で90グラムという設定になっております。

――ちなみに、2袋セットで売られていることが多いですが、なぜセットなのでしょうか。

担当者 流通側の事情もありますが、スーパーなどに並んだ際にボリューム感があって陳列しやすいということがございます。売り場自体のボリュームも出るということで、大体どこのスーパーでも2つセットのものがメインで置いてあると思います。

――なるほど。揚げ足を取るわけではないですが、1袋ずつ並べても、セットで売っても、売り場のボリュームは変わらないのではないでしょうか。

担当者 小袋で売っている店舗もありますが、2つセットのものが店舗側からもっとも要望が多くなっております。

――ありがとうございました。

 このように、「量が90グラム以上と決まっており、天然腸を使っているから本数はランダム」という解答であった。非常にスッキリした。

 筆者の印象では1袋5本入りが多かった気がするが、もしそれがイヤな場合は、今後は1袋6本入りの商品を探せばよいわけだ。

 だが、冷静になってみて、ソーセージ売り場で袋に顔を近づけて、必死に本数を観察している中年男性を想像してみよう。これはヤバい。かなりヤバい。相当ソーセージが好きな人だ。店員さんに「ソーセージおじさん」とあだ名をつけられそうなレベルだ。それはイヤだ。

 やはり、これまで通り手に取ったソーセージを普通に買うことにしよう。それが6本などの偶数本であることを祈りながら。
(文=酒平民 林 賢一/ライター)

関連記事(外部サイト)