自民党関係者が来年1月の衆議院解散を否定し、来年11月解散と12月総選挙が有力と発言

記事まとめ

  • 自民党の二階幹事長の発言から、来年1月の衆議院解散と2月総選挙説が浮上している
  • しかし、予算が間に合わなくなる可能性があるため1月解散はないと自民党関係者は語る
  • 夏の都議選の時期は外すことが確定しており、来年11月解散と12月総選挙が有力らしい

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております