ストーンヘンジは何度も大規模な復元作業が行われたが、管理主体はその詳細を隠蔽か

記事まとめ

  • ストーンヘンジは何度も復元が行われたといい『20世紀の遺産業界の産物』とも称される
  • ストーンヘンジ管理主体のイングリッシュ・ヘリテッジは詳細を隠蔽してきた
  • しかし、2012年にロシアの情報サイトがストーンヘンジ復元作業とされる写真を公表した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております