電通で1991年に長時間労働を苦に自死した社員に、上司が靴に注いだビール飲み強要

記事まとめ

  • 電通の社員が昨年末に過労自死したが、1991年にも社員が長時間労働を苦に自死している
  • この事件は2000年に最高裁が労災認定したが、電通の過酷な労働を世に知らしめたという
  • 上司のパワハラも問題になり、自死した社員に、靴に注いだビール飲みを強要していた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております