フライパン素材のステンレスに含まれるクロムから生成される六価クロムに、発癌危険性

記事まとめ

  • 毎日使うことも多いフライパンの素材のステンレスに、発癌の危険性が指摘されている
  • 含有されるクロムから生成される六価クロムは、人体に入ると発癌性物質となるという
  • ステンレスは1000℃を超えても安定している合金で、普通に使えば問題ないらしい

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております