米国産牛肉の発がん性のホルモン剤残留濃度が国産の6百倍!?トランプ政権で急増の恐れ

記事まとめ

  • 「米国第一主義」を掲げるドナルド・トランプ政権下で、米国産牛肉の輸入急増が懸念
  • FTAを締結しなくても、米国が牛肉の大幅な輸入制限緩和を日本に迫ってくるのは確実
  • 米は乳がんリスクが高まる合成ホルモン剤を使っており日本人の健康を脅かす可能性も

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております