ソニーの映画事業が1121億円の減損損失を計上 映画事業売却を巡る報道が過熱気味

記事まとめ

  • ソニーは映画事業が1121億円の減損損失を計上したため、連結最終利益を下方修正した
  • ソニーの映画事業には常に売却説があり、アップルが興味を持っているなどの噂がある
  • 映画事業の失敗の本質は、ソニーがハリウッドを統治できないことにあるという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております