タカタの外部専門委員会がスポンサーとしてKSSを選任 中国側へ技術流出の懸念も

記事まとめ

  • タカタの経営再建について、外部専門委員会がスポンサーとしてKSSを選任した
  • しかし、救済するタカタのほうがKSSより企業規模が大き過ぎる点が不安視されている
  • また、KSSの親会社は中国のメーカーであり、中国側への先端技術流出も懸念されている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております