東芝 米WHのM&A失敗を初めて公式に認める 高値づかみや買いっ放しなど原因を指摘

記事まとめ

  • 東芝が米原子力メーカー・ウエスチングハウス(WH)のM&Aの失敗を、初めて公式に認めた
  • 失敗の一因はライバルの三菱重工業に勝つため相場の3倍近い高値を投じたことだという
  • 現地の経営陣に丸投げとなりリスクを把握することが困難になる典型例が東芝だったよう

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております