“東京シティ”構想で新丸ビル25棟分のオフィスが出現し、空室率上昇や賃料低下を懸念

記事まとめ

  • 東京都は東京駅周辺を世界的な金融集積地域とする“東京シティ”構想を掲げている
  • 多くの再開発計画は、東京オリンピック・パラリンピック前後の開業を予定している
  • オフィスの大量出現で、空室率の上昇や賃料の低下を招くことが懸念されている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております