話題のラーメン食べ放題店、想像を絶する幸福感&愉快さがハンパない!

話題のラーメン食べ放題店、想像を絶する幸福感&愉快さがハンパない!

「拉麺ビュッフェBUTA」のラーメン

「食べ放題」という響きに心躍らせる人は多いだろう。制限時間が設けられている場合が多いが、一定の金額を支払えば好きなメニューを腹と心が満たされるまで食べられる……というシステムは魅力的だ。

 たとえば、焼肉の食べ放題。自分の好きな部位だけをひたすら焼くのもいいし、「カルビは安定のおいしさだけど、せっかくだから、普段はあまり食べない内臓系も試してみよう」といった具合に、変化をつけてみるのもおもしろい。食べ放題には食べ放題ならではの楽しみ方があるというわけだ。

 さて、インターネットの口コミから火がついた食べ放題の店がある。その名も「拉麺ビュッフェBUTA」。今年3月、珍しい「ラーメン食べ放題」をうたう店が東京・浅草にオープンしたのだ。

 いったい、どのようなシステムなのか。人並みにラーメン好きな筆者が、日頃から“二郎系ラーメン”などで胃袋を鍛えている友人を連れて、実際に店を訪ねてみた。

●制限時間は30分、前金制で1人1058円

 春雨が降る4月の平日夜。「BUTA」は、つくばエクスプレス浅草駅のA1出口からすぐ(徒歩約1分)の国際通り沿いに店を構えている。

 入店すると、縦長のカウンター席がまっすぐ一列に伸びている。左手にはビュッフェコーナーがあり、ラーメン用と思われるトッピングの数々が所狭しと並べられている。通常のラーメン店なら、その場所に券売機が置かれていてもおかしくないだろう。

 入り口に立つ筆者たちのもとへ、男性店員が先客たちの後ろを通りながら案内に来てくれた。「当店のご利用は初めてですか?」と尋ねられたので首を縦に振ると、システムの説明を始めてくれた。

 制限時間は30分で、まずは入り口のビュッフェコーナーで好きなトッピングを皿に取って席に着く。前金制となっているため、1人1058円(税込み)をカウンター越しに支払い、麺の固さの希望(バリ、カタ、普通、ヤワの4種類)を告げる。

 ラーメンが配膳されたら、事前に用意しておいたトッピングを自分なりに盛りつけて食事スタート。麺がなくなったら替え玉を注文し、スープがなくなったらラーメンごとおかわりする。追加でトッピングがほしくなったら、再び入り口まで取りに行く……。これが、30分の大まかな流れになっているようだ。

●自分好みのラーメンを追求できる幸福感と愉快さ

 説明を聞き終わり、すぐにビュッフェコーナーを物色する。定番のトッピングのみならず、グリーンサラダや彩りナムルなどの野菜料理も充実している。隣のコーナーには、白米や「無くなり次第終了」という肉飯まであるではないか。もはや、ラーメンがなくともご飯と総菜の食べ放題だけで成り立ってしまいそうだ。オリジナルの丼ものをつくるもよし、とことんヘルシーに済ませるもよしなのだろう。

 ビュッフェコーナーにはシンプルな小皿と三連皿くらいしか見当たらず、大量のトッピングを一度に席に運ぶのは難しそうだった。「最初は様子見でいいだろう」と判断した筆者は、三連皿に豚ももチャーシュー、豚の角煮、味付たまごを少量ずつ取って乗せる。追加で肉飯とオレンジジュース、それに割り箸を用意して着席した。

 会計を済ませ、麺の固さは「普通」でお願いすると、ほどなくしてラーメンの器が手渡された。スープは一目見て「豚骨だ」とわかる色合いで、ラーメン自体はこの1種類のみ。麺量は60gで、通常のラーメンの「半玉」にあたる量だ。

 ちなみに、筆者たちの後に訪れた来店2回目だという客は、替え玉の麺の固さを伝える際に「ダブルで」と一言添えていた。そうすると、麺を1玉(120g)で提供してもらえるため、頻繁に替え玉を頼む客にとっては時間短縮になるのかもしれない。

 さて、1杯目は三連皿のトッピングにまったく手をつけず、“素ラーメン”としていただくことにした筆者。残念ながら、食べるスピードはそう速くないため、友人に遅れを取って替え玉を頼んだ。

 替え玉を待つ間に肉飯を口へ運ぶも、食べ切る前に新たな麺が届き、すかさずラーメン2杯目に突入。チャーシューやたまごをスープに浸してみたり、豚の角煮をおかず感覚でつまんでみたりしているうちに、「これは楽しいぞ」という幸福感が込み上げてくる。

 なにせ、自分が今食べている具材のほかにも、ビュッフェコーナーにはまだまだ多数のトッピングが待っているのだ。店内の掲示ではトッピングの組み合わせ例がいくつも紹介されているし、この店では自分好みのラーメンをいくらだって追求できる。もう、愉快で仕方なかった。

●最高記録は男性20杯、女性14杯

 また、いい意味で期待を裏切られたのはスープのできである。この店はもともと「くるめや」という久留米ラーメンの店で、今年3月にリニューアルして現在の店舗形態になったとのこと。

 くるめやの本店は東京・新橋で現在も営業中で、「BUTA」でも本格的な豚骨スープが使われている。食べ放題向けにクオリティを落としているわけではないのだ。

 筆者は3杯目以降もトッピングをあれこれと試行錯誤。終盤にはラーメンの器ごとビュッフェコーナーに持って行き、取り皿を使わずに具材をダイレクトに投入するという荒業に出てしまったのだが、それでもスープの色はほとんど濁らない。麻婆豆腐やホルモン炒めといったクセの強いものを混ぜても、スープ本来の味が保たれていたのだ。

 結局、30分間で食べることができたラーメンは筆者が6杯で、友人が7杯。2人とも序盤に肉飯を食べていたので、ラーメンだけに集中していれば、もう少し記録を伸ばせただろうか。最後に、フルーツ杏仁豆腐で口直しをしながら店員と談笑していたところ、「これまでの最高記録は男性で20杯、女性で14杯」と聞いて驚愕した。

 感想としては、「ラーメン食べ放題」という新しい可能性に触れることができて感動したし、想像をはるかに超える満足度だった。「少ないものがあったら言ってくださいね」と、店員がビュッフェコーナーの補充に積極的な点も好印象。制限時間もタイマーで厳密に計っている様子はなく、店の雰囲気はなごやかで、なかには“おひとりさま”の若い女性客やシニアの夫婦も見られた。

 客の出入りがあったときはビュッフェコーナー付近が混雑してしまうかもしれないが、あくまでラーメン店だと思えば、それもまた納得できる。コストパフォーマンスだけでなく、食事にちょっとしたレジャー要素を求める人は一度体験してみる価値があるだろう。
(文=A4studio)

関連記事(外部サイト)