なぜ稼げる男は必ず湯船に浸かる&大股で早歩き?稼げない男と真逆の習慣

なぜ稼げる男は必ず湯船に浸かる&大股で早歩き?稼げない男と真逆の習慣

「Thinkstock」より

「体は資本」という言葉があるように、仕事をする上で“健康”は何よりも大切な要素だ。しかし、日々の仕事に追われ、健康をおろそかにしてしまっているビジネスパーソンも多いことだろう。

 調査会社のGfKが世界23カ国の2万8000人に対して健康維持に関する調査を行ったところ、日本は「定期的に運動をしている」「健康的な食生活を送っている」の項目で23カ国中最下位。「十分な睡眠をとる」という項目ではワースト3位となっており、日本人の健康への意識がきわめて低いことが明らかとなった。

 今後、さらにグローバル化が進み、世界のビジネスパーソンと競わなければいけなくなったとき、はたして日本人は世界で勝ち抜いていくことができるのだろうか。また、仕事で成果を挙げるためには、どんな健康マネジメントが有効なのか。

 大手サプリメントメーカーの新商品開発プロジェクトリーダーであり、アメリカや香港での勤務経験を踏まえて『「稼げる男」と「稼げない男」の健康マネジメント』(明日香出版社)を著した水野雅浩氏に話を聞いた。

●香港で見た、世界で活躍する人たちの生活習慣

――同書は、水野さんが仕事をするなかで感じた「稼げる男と稼げない男の健康マネジメント」の違いが書かれていますが、執筆に至った理由を教えてください。

水野雅浩氏(以下、水野) 理由は2つあります。ひとつは、20代の頃に介護の仕事をしていたのですが、60歳なのに寝たきりになってしまう人と90歳なのにフルマラソンに挑戦するほど元気な方がいたのです。

「この違いはなんだろう」と思って話を聞いてみると、寝たきりになってしまった人は、若い頃から不摂生を繰り返し、とにかく健康を食いつぶすような生活をしていました。一方、90歳でも若々しい人は、理想とする老後のために早くから生活習慣を整えていたのです。

――若い頃の生活が、後々に大きく関係してくるということですね。もうひとつの理由はなんでしょうか?

水野 介護の仕事の次に、香港で高級日本食レストランの立ち上げに参画しました。『ミシュランガイド』に掲載されたこともあり、店にはグローバルに活躍するビジネスパーソンが多くいらっしゃいました。

 その方たちに話を聞くと、彼らは健康マネジメントにかなり気を使っており、ジムに通ったり、サプリメントや漢方茶を飲む習慣をつけたりしていたのです。「仕事で高い成果を挙げるためには、体調が万全であることが第一」という考えだったのです。

――日本で漢方茶を飲んでいたら、「健康オタク」と呼ばれてしまいそうです。

水野 そうですよね。私も、香港では彼らの健康意識の高さに驚きました。私たち日本のサラリーマンは、ときに健康を犠牲にして働くことを美徳としています。しかし、高い仕事の成果を挙げる土台が、心・技・体によって構成されるのであれば、今後世界で活躍するビジネスパーソンと肩を並べて仕事する際に、土台の健康管理ができていなくて、彼らと同じパフォーマンスを発揮することができるのか、と疑問に思ったのです。そこで、日本のビジネスパーソンに健康マネジメントの必要性を伝えたいと考えました。

●稼げる男の「食事」「睡眠」「運動」「ストレスケア」

――では、具体的に、稼げる男と稼げない男の生活習慣の違いについて教えてください。

水野 稼げる男は、オセロの4つ角をおさえるように、食事、睡眠、運動、ストレスケアの4つの分野で、健康に悪いことを止め、健康にいいことを増やす努力をしています。

 たとえば食事では、健康を気にしない方は、一時の欲望でそのときに食べたいものを食べてしまいがちです。しかし、稼げる男は「食事によって体がつくられる」と理解しているので、和定食など栄養バランスのいい食事を心がけます。

 睡眠に関しては、その前段階のお風呂が重要です。特に一人暮らしの方の場合、お風呂に入らずシャワーだけで済ませることも少なくないと思います。しかし、稼げる男は、日中の疲れを取り、高ぶっていた神経をリラックスモードに切り替えるために、40℃のぬるま湯に20分間は浸かっています。そして、質のいい睡眠を確保するのです。

――稼げる男は、先のことを考えて行動しているように感じます。運動についてはどうでしょう。

水野 稼げる男は、大股で早歩き。稼げない男は、かかとを引きずる“スリッパ歩き”をしています。大股で早歩きをすると、大腿四頭筋という「ももの筋肉」を動かすことになるのですが、この筋肉は「第2の心臓」と呼ばれており、血液を頭まで押し上げるポンプの役目を担ってくれるのです。

 一方、スリッパ歩きをしてしまうと大腿四頭筋をあまり使わないため、血液の循環が悪くなり、酸素や栄養をしっかりと脳まで供給しにくくなります。すると、当然仕事のパフォーマンスにも大きく影響しますよね。

――日頃から、大腿四頭筋を意識して動かしている人とそうでない人では、10年後や20年後の健康にも大きな差が出てきそうですね。

水野 次にストレスケアについてですが、稼げる男は自分がどういうときにストレスを感じるかを把握しており、それを解消するための方法を知っています。一方、稼げない男はストレスの原因がわからず、どのようにストレスケアをしたらいいのかも知りません。

 ストレスの原因は、人によってさまざまです。大学受験の参考書で「傾向と対策」というものがありました。それと同じで、自分のストレスがかかる傾向と、それに対しての自分に合ったストレス解消法を見つけることが大切なのです。

――ストレス解消のためには、自分が好きなことをすればいいのでしょうか?

水野 基本的にはそうです。ただ、解消法にも悪いことがあり、たとえばたくさんお酒を飲むのがストレス解消になると考えている人がいますが、二日酔いという新たなストレスを生む可能性があるため、おすすめできません。

 健康マネジメントの観点からすれば、もっとも効果が高いのは運動です。運動には「抗うつ作用」があります。つまり、運動をすると気分が晴れやかになり、しないとそれだけうつに近づくということです。また、ストレスは一気に解消するよりもこまめにリセットするほうがいいので、自分なりのストレス解消法を見つけておくといいでしょう。

●仕事はスキルが2割、コンディションが8割?

――そもそも、稼げる男と稼げない男では健康に対する「考え方」がまったく違うのではないでしょうか?

水野 そうなんです。稼げない男にとって、健康は消費するもので、病気になったときに病院に行くという「CURE(治療)」の考え方です。マイナスになった状態を、治療でプラスマイナスゼロに持っていくというイメージです。一方、稼げる男は、常に「健康」な状態で、さらにそこから「より健康」な状態にするために、健康投資をする「CARE(予防)」の考え方をしています。

――稼げない男は、「マイナス」か「プラマイゼロ」の発想しかないということですね。では、稼げる男が健康マネジメントを行う理由はなんなのでしょうか?

水野 スポーツ選手と一緒です。健康であることが、成果を挙げる上で一番効率がいいからです。いくら高いモチベーションやビジネススキルがあったとしても、それを支える土台(健康)が地盤沈下をしていては、パフォーマンスを発揮することはできません。それを理解しているからこそ、稼げる男は健康マネジメントを重視しているのです。

――では、稼げる男になるために、今からできる健康マネジメントを教えていただけますか?

水野 睡眠の質を上げるための健康マネジメントは、すぐにでも取り入れてほしいですね。先ほどお話した入浴(40℃のお湯に20分間)に加えて、寝る前に5分間でけっこうなので、ストレッチをしてみてください。体がゆるむと心もリラックスできます。入眠もスムーズになり、翌朝にすっきりと目覚められるはずです。

――最後に、日々忙しく働くビジネスパーソンに向けて一言お願いします。

水野 私たちは日々、仕事を中心に生活をしています。そのなかで、企画会議でアイデアを出さなければいけないとき、突然舞い込んだ大きな商談など、最高のパフォーマンスが求められる瞬間があります。しかし、そのときに普段からの健康管理ができておらず、風邪をひいていたら、チャンスそのものを逃してしまいます。気合と根性でどうにかなる問題ではないのです。

 武道と一緒で、勝負に勝つためには心・技・体の3拍子が揃っていることが重要です。高い志を支えるためにはビジネススキルが必要ですが、ビジネススキルを生かすためには体のコンディションが大事です。最終的には、ビジネススキルが2割でコンディションが8割。そういう気持ちで準備してほしいと思います。

――本日はありがとうございました。
(構成=日下部貴士/A4studio)

関連記事(外部サイト)