女性が反発?視聴率急降下『母になる』…沢尻エリカと小池栄子の熱演がモッタイナイ!

『母になる』沢尻エリカと小池栄子の熱演が絶賛も視聴率は急降下、女性が反発か

記事まとめ

  • 沢尻エリカ主演ドラマ『母になる』第7話平均視聴率は同ドラマワーストタイの7.9%
  • 前回の放送で「女性は子どもを産むのが唯一の幸せ」という趣旨の台詞がネットで物議
  • 沢尻のほか小池栄子、道枝駿佑、Hey!Say!JUMP中島裕翔、風吹ジュン、大塚寧々らが出演

女性が反発?視聴率急降下『母になる』…沢尻エリカと小池栄子の熱演がモッタイナイ!

女性が反発?視聴率急降下『母になる』…沢尻エリカと小池栄子の熱演がモッタイナイ!

『母になる』公式サイトより

 沢尻エリカ主演の水曜ドラマ『母になる』(日本テレビ系)の第7話が5月24日に放送され、平均視聴率は同ドラマワーストタイの7.9%(関東地区平均、ビデオリサーチ調べ)だったことがわかった。前回からは1.6ポイントの急落。前回の放送で「女性は子どもを産むのが唯一の幸せ」という趣旨の台詞が繰り返されたことがネット上でも物議を醸していたが、このデリカシーのなさにブチ切れて視聴を打ち切った人が少なくなかったのかもしれない。ストーリー上の必然性があったとはいえ、視聴者に嫌悪感を抱かせるような台詞を執拗に前面に出すことは控えておくべきだったのではないか。

 今回はなんといっても、広(関西ジャニーズJr. 道枝駿佑)の産みの親である結衣を演じる沢尻と、広を7年間にわたって自分の子供として育てていた麻子を演じる小池栄子の演技対決が話題を呼んだ。同じ母親同士なのだからわかり合えるのではないかと考えた結衣は、自宅に麻子を招いて話をする。そこで明かされたのは、広がいなくなった後、結衣と陽一(藤木直人)がいわれのないバッシングを受けていたという過去。麻子も自分の罪の重さをあらためてかみしめ、結衣に詫びた。もはや責めるつもりはないと応じる結衣は、子どもを産めないプッシャーに押しつぶされそうになっていた麻子の過去を「かわいそうに」と思いやる。

 その瞬間、キッと顔つきが変わり、瞳をグッと開いて結衣の顔を見据えるように顔を上げた麻子。先ほどまでの消え入りそうな態度はどこへやら、少しバカにしたような口調で「許してくれたんですよね、私のこと。そういうことでいいんですよね」と言い放つ。この態度はひどい。結果的に9年間にわたって母親から子どもを奪っていた過去は、「許してくれたんだからチャラでいいよね」と言っていいようなものではない。

 これまでは優等生のようなキャラクターだった結衣も、これにはぶち切れた。これまでの穏やかな表情も良かったが、ドスの効いた口調で眉毛を吊り上げる沢尻を見ていると、これぞ本領発揮だと素直に思える。「本音を言え」と迫る結衣に、「広を立派に育てたのは自分で、自分こそ母親にふさわしい」と勝ち誇るように語る麻子。確かにそういう面もあるかもしれない。だが、しゃべり出して止まらなくなった麻子は、母親としての重大な欠陥を自ら露呈していまう。子育てをしていて一番うれしかったことは、もう誰からも「子ども産まないんですか?」と言われなくなったことだと言うのだ。

圧巻のバトルシーン

 子どもの成長ではなく、自身が傷つかずに済むようになったことが一番だという考えは、とても母親の発想とはいえない。これでは、「子どもなら誰でもよかった」と言っているに等しい。だが、当人同士の話し合いであるだけに「産んだのは私」「育てたのは私」という平行線の論議が続く。そんな議論の成り行きを決定づけたのは、やはり産みの親・結衣だった。絶え間なくバッシングを受けていた時も、何を言われても平気だったと振り返る。なぜなら、「広が生きてますように」とだけを願い続けていたから。「母親だから! あの子を産んだ母親だからよ!」との必死の訴えは、わずかでも麻子の心に届いたのだろうか。

 穏やかなうわべのやり取りから一変して、互いに自分こそ母親だと信じる2人の女性が感情もあらわに本音バトルを繰り広げたこのシーンは、まさに圧巻の一言。テレビドラマとしては、近年まれに見る長尺の演技対決といってよい。

「沢尻エリカと小池栄子の演技力がすごくて見入っちゃった」
「迫力あるやり取り凄かった!」
「沢尻エリカの演技が秀逸を極めている。感動した。泣いた」
「こんなにビンタしたくなるような演技をする小池栄子は最強」
「女優さんの底力すさまじい」

 このような、2人の演技力を絶賛するコメントが、放送後はインターネット上にあふれた。あれだけの長尺を一気に撮っているとは考えにくいので、何度もカットをかけているはず。それでいてあのテンションを保ちつつ、激しい感情の起伏を表現した沢尻と小池には、惜しみない賛辞を贈りたい。

 今作にツッコミどころがないわけではない。陽一の母・里恵(風吹ジュン)と麻子の出会いや、児童福祉司の木野(Hey!Say!JUMP 中島裕翔)の過去が明らかになるいきさつなど、あまりにも展開が偶然に頼りすぎているきらいはある。また、7話のラスト近くになって急に、大塚寧々演じる新キャラ・愛美が登場するなど、今から風呂敷を広げてどうするのだろうかという心配もある。とはいえ、2人の女優の実力をあますところなく引き出してくれたという意味では、ドラマ通が好むドラマになっているといえそうだ。
(文=吉川織部/ドラマウォッチャー)

関連記事(外部サイト)