中国、大量の日本人拘束が発覚…安倍政権は静観し対応放棄、中国へ貢献活動の人物も拘束

中国、大量の日本人拘束が発覚…安倍政権は静観し対応放棄、中国へ貢献活動の人物も拘束

「Thinkstock」より

 中国で温泉施設建設のため地質調査をしていた邦人会社員など6人が、3月に中国当局に拘束されていたことが、大きく報道されている。中国での邦人拘束は、2015年以降すでに計11人に上る。いずれも「スパイもしくは、その疑い。中国に損害を与える可能性」が理由とされている。すでに一部は裁判にかけられているが、その詳細と実態について中国はまったく非公表。それに対する日本政府の動きは鈍い。

 日中友好団体の理事長を務めるS氏も、北京で昨年7月に中国捜査当局によって身柄を拘束され、「国家の安全に危害を与えた疑い」で調べられていた。今年2月、中国政府から「逮捕した」と正式に日本政府に報告があったという。

 しかし、S氏の逮捕容疑の具体的内容は日本政府にも一切知らされていないという。S氏を知る人物はいう。

「拘束段階での嫌疑は『国家の安全に危害を与えた疑い』で漠然としている。中国は14年11月に反スパイ法を施行し、外国人の中国国内での活動への監視を強めているなかで、容疑をかけられたのではないか」

 反スパイ法関連と思われる事件としては15年5月と6月、中国国内でスパイ行為にかかわった疑いで、相次いで4人の日本人が身柄を拘束された。いずれも起訴後、昨年暮れ頃から非公開で裁判の審理が行われたといわれている。前出のS氏の知人は、こうクビをかしげる。

「Sさん以外で拘束された人たちは、中国国内で撮影禁止の軍事拠点近くで写真撮影をしたなどという具体的動きがあった。また今年3月に拘束された地質調査の人たちは、地質調査の器具などに不審を抱かれ捕らえられた可能性も高いが、活動などはしていないのは明白だ。

 一方、Sさんの場合、具体的な容疑が一切不明。Sさんは1980年代から100回以上、中国と日本を行き来している。さらに北京には6年間滞在し、中国の大学などで日本語を教えていたほど。小渕恵三元首相が発足させた日中緑化交流基金が進める中国奥地の砂漠緑化のための植林活動にも積極的に参加もしていた。日本が第二次大戦中にアジア諸国を侵略したことを認め公式に謝罪した村山談話(95年)を発表し、中国でも一目置かれる村山富市元首相とも近い仲です。さらに親中国派として知られ、中国の悪口を言う人に対して目くじらを立てて怒った人です。中国大使館にも知り合いが多かったSさんが、なぜスパイ容疑なのかまったく解せません」

●権力闘争の影響か

 その他、S氏を知る多くの人たちに取材をしても、「彼に限っていえば、中国人寄りで中国を愛していた」という話が圧倒的だが、なかにはこんな懸念を口にする人もいる。

「彼ほど中国を愛した人がなぜ、という気持ちはある。ただ中国当局も何か理由があるのだろう。理由として少し引っかかるとすれば、14年5月、元中国大使館の公使参事官をしていたTさんが中国本土で消息が途絶えたことがあった。その直後、Tさんは日本の政治家らと親しく中国の重要情報をもたらした容疑で拘束されたという噂が広がりましたが、SさんはTさんと親しかったともいわれている。しかし、Tさんと親しかった日本人は数多く、それだけの理由で疑われたとすれば気の毒です」

 そのT氏は共産主義青年団中央委員会の出身で、胡錦濤元国家主席の流れに属するという情報もあり、T氏拘束は胡錦濤と習近平現主席との激しい主導権争いの渦に巻き込まれた結果ではという説も飛び交っていた。

 S氏の別の知人はこう嘆く。

「拘束される直前、何か最近中国にいくと尾行されているような気がすると、不安を口にしていた。いずれにしてもSさんのような親中国の人まで疑われ逮捕されるということは、日中友好関係には大きな痛手。私たちはSさんが中国の裁判で無罪を勝ち取り釈放されることに、まだ一縷の望みをかけています」

 そして、こう締めくくった。

「大きなふくよかな体と笑顔で、よく都内の赤羽の立ち飲み屋で国際情勢を侃々諤々話したのが懐かしい。彼がもう一度、あの立ち飲み屋で豪放磊落に酒を飲める日が来ることを祈りたい」

●日中関係に亀裂

 いずれにしても民間交流や経済協力をしたあげく拘束、逮捕される恐怖がつきまとえば、日中の底流に流れる友好関係に亀裂が入ってしまう。それは両国や両国民にとって大きな損失だ。

 幸い中国の外交担当トップの楊潔?国務委員(副首相級)が5月末に日本を訪問し、谷内正太郎国家安全保障局長と会談。7月のドイツでのG20首脳会合に合わせた日中首脳会談開催に向けて調整を進めるなど、日中関係は改善の方向に向かっている。

 今回の地質調査会社関係者の拘束者も含め、日本政府は即解放を中国当局に積極的に要請すべきである。
(文=田村建雄/ジャーナリスト)

関連記事(外部サイト)