魚?未知の生物?実在する「見た目がヤバすぎる」モンスター…正体めぐり世界で一大論争勃発

魚?未知の生物?実在する「見た目がヤバすぎる」モンスター…正体めぐり世界で一大論争勃発

ターリーモンスター(イラスト=服部雅人)

 今回は、不思議な古生物を紹介しよう。

 はるか太古の昔に絶滅した古生物の中には、どうにも奇天烈な姿をしたものが少なくない。前回の記事で紹介した「異常巻きアンモナイト」も、そうした古生物の仲間ではあるが、長い長い生命史には、ほかにも“ブッ飛んだ姿”の古生物がたくさんいる。その中から、今回は「モンスター」と呼ばれる動物を紹介しよう。

●所属も生態も不明…お前はいったい何者だ?

 アメリカ・イリノイ州にある約3億1000万年前(古生代石炭紀後期)の地層からは、たくさんの動植物の化石が、焦げ茶色の岩塊の中に含まれるかたちで見つかっている。その中には、サカナやカニ、エビの化石もあれば、通常はきわめて化石に残りにくいとされるクラゲの化石もある(一般に、骨や殻などの硬組織ほど化石に残りやすい。クラゲはまさにその対極的な存在なので、化石に残りにくい)。これらは、かつての浅海域〜河川にかけて堆積したものとみられている。

 さて、そんな化石群の中に一際変わった姿のものがある。平たく細長い胴体を持つこの動物は、大きなもので全長40cmほど。細長い胴体の一端からは、さらに細長いチューブのようなつくりが伸び、その先には細かな突起が並ぶハサミのようなつくりがある。

 そのチューブのようなつくりのつけ根の近くでは、胴体の左右から、これまた棒状の構造が伸びており、その先には、なんと眼がついていた。細長い胴体の他方の端には大きなひれがある。こうした特徴から推測された往時の姿は、横に平たいからだを上下にくねらせながら、水中を泳いで、チューブの先にあるハサミで獲物をとらえる、というものだった。

 このなんとも珍妙な動物の名前は「ツリモンストラム(Tullimonstrum)」という。発見者のアマチュア化石収集家である「フランシス・ターリー」にちなみ、「ターリーモンスター」とも呼ばれる動物だ。

 ターリーモンスターは、1966年に初めて報告されてから、ずっと謎の動物だった。その化石は決して希少なわけではなく、数としてはそれなりに見つかる。しかし、どの標本を調べてみても、わかることは少なかった。既知のどの動物とも似ておらず、所属分類不明。水棲動物であることは確かだが、いったいどのように暮らしていたのか、何を食べていたのか。その生態の予想がつかない。もちろん、祖先や子孫といった系統関係も謎である。まさに「モンスター」だったのだ。

●ターリーモンスターはサカナ?その正体とは

「謎の塊」ともいえたターリーモンスター。「その正体がわかった」という趣旨の研究が発表されたのは、つい最近。2016年3月のことである。

 イギリスの学術誌「nature」に「The ‘Tully monster’ is a vertebrate」(「ターリーモンスター」は脊椎動物だ)というタイトルの論文が掲載されたのだ。研究にあたったのはアメリカ・イェール大学のヴィクトリア・E・マッコイたちで、論文の執筆者には実に16名もの研究者が並んだ。シンプルな論文タイトルといい、研究者の人数といい、この研究発表がいかにインパクトのあるものかを物語っている。

 マッコイたちは、1200を超えるターリーモンスターの標本を詳細に観察した。その結果、ターリーモンスターの体内に「脊索」「軟骨」「鰓(えら)」といったつくりがあることを見いだしたのである。これらは、「無顎類」と呼ばれるアゴのないサカナたちと共通する特徴である。マッコイたちは、ターリーモンスターはもはや謎の生物ではなく、現生のヤツメウナギに近いサカナであると結論づけた。

 この研究結果とともに発表された復元図は、それまでのターリーモンスターのイメージを一新させた。細長いチューブとその先のハサミのような構造や、最大の特徴といってもいい左右に伸びた軸とその先の眼は変わらないものの、それまで横に平たいと復元されていた身体は縦に平たいように変わった(多くのサカナは縦に平たいからだ)。

 もっとも、「平たい」とはいっても、現生のサカナたちのように、ある程度の厚みを持っているとされた。また、からだの脇には、ヤツメウナギのような円い鰓孔が復元されている。

 翌4月には、イギリス・レスター大学のトーマス・クレメンツたちによって「The eyes of Tullimonstrum reveal a vertebrate affinity」(ツリモンストラムの眼は、脊椎動物のものと類似性がある)と題された論文が「nature」に発表され、「ターリーモンスターはサカナだった」という説は盤石になったとみられた。最初の報告から50年の時を超えて、モンスターの正体が判明したのである。

●サカナ説は誤認?解決されないモンスターの謎

 ……とは、実はいかなかった。これが、古生物学のおもしろいところである。17年1月、より専門性の高い学術誌である「Palaeontology」に、アメリカ・ペンシルヴァニア大学のローレン・サランたちが「THE ‘TULLY MONSTER’ IS NOT A VERTEBRATE」(「ターリーモンスター」は脊椎動物ではない)という文言から始まるタイトルの論文を発表したのだ。

 サランたちは、マッコイたちやクレメンツたちが脊椎動物の根拠として挙げた数々の証拠を検証し、それらを否定していった。たとえば、ヤツメウナギに近いサカナの根拠とされた脊索といった構造はこの化石産地では保存されない、などについて指摘した。ほかのサカナの化石にはこうした構造が保存されておらず、ターリーモンスターの場合だけそれが残るのは不自然である、というのである。有り体に書いてしまえば、つまり、マッコイたちは“誤認していた”のではないか、というわけだ。

 検証の末、サランたちは「ターリーモンスター(ツリモンストラム)は、脊椎動物のグループに含めるべきではない」と結論づけた。つまり、謎は謎に戻った、ということになる。サランの所属するペンシルヴァニア大学は「 ‘Tully Monster’ Mystery Is Far From Solved」(「ターリーモンスター」のミステリーは、解決からはほど遠い)とするプレスリリースを発表した。

 現時点では、この段階である。今後、マッコイたちやクレメンツたちが新たな証拠を探し出し、さらなる反論を発表するかもしれない。未知の生物の“正体”が、どのような過程を経て突き止められていくのか。研究者たちの熱気が伝わってくる。この不可思議生物からは、当面の間、眼が離せそうもない。ぜひ、読者のみなさんにも、この愛すべき古生物の続報に、ご注目いただきたいと思う。

 さて、ターリーモンスターはイリノイ州の「州の化石」に認定されている。日本ではあまり認知度の高くない古生物ではあるが、イリノイ州では州を代表する存在として、公式に認められているのだ。日本では、長らくこうした“地元を代表する化石”について公式認定されたものがなかったが、実は16年5月に日本地質学会によって、「県の石(岩石・鉱物・化石)」が発表されている。学会のホームページで見ることができるので、この機会にぜひ、ご自身の都道府県の化石を確認されてみてはどうだろうか。
(文=土屋健/オフィス ジオパレオント代表、サイエンスライター)

関連記事(外部サイト)