加計学園、馳浩前文科相が自身と前川喜平氏の「セット証人喚問」要求…全真相を証言の意向か

加計学園、馳浩前文科相が自身と前川喜平氏の「セット証人喚問」要求…全真相を証言の意向か

前文部科学大臣の馳浩議員(写真:AP/アフロ)

 国会議員秘書歴20年以上の神澤志万です。

 6月15日、ついに「共謀罪」(テロ等準備罪)の新設を含めた組織犯罪処罰法改正案が成立しました。これで、国会は会期延長をしないで済みそうです。

 与党の強行採決に批判が集まっていますが、反対派の“戦法”もいかがなものかというのが、神澤の正直な感想です。古くさい「牛歩戦術」もそうですが、成立までは毎日、国会周辺に反対派が押し寄せ、スピーカーで「共謀罪反対」を叫んでいました。

 その大音量に、国会見学に来た小学生や中学生たちが怖がっていましたし、私たちも仕事になりませんから、あまりいい印象はありません。大音量で反対を叫ぶのは、むしろ逆効果ではないでしょうか。子どもたちに「政府に反対する人たちは怖い」と思わせてしまうような活動は、控えたほうがいいと思います。

●馳浩、自身と前川氏の証人喚問を民進党に要求

 今回の強行採決の背景には加計学園問題がある、というのが多くの見方です。重要法案を早く成立させて、国会を閉会してしまおうというわけです。

 加計学園問題の追及を怖れて寝ていた文部科学委員会は、会期中に起きるのか微妙なところです。永田町や霞が関では、審議の拒否を「寝る」といい、審議再開を「起きる」と言います。

 おもしろいのは、寝ている理由が「与党の要求」だということです。通常は、法案に問題があると考える野党側が「寝る」のですが、与党は「今起こせば、加計学園の問題を追及されてしまう」ということで、寝かせておきたい。そのため、自民党の国会対策委員会が「野党に追及の機会を与えないように」と、委員会を開かないように指示しているのです。

 しかし、与党内でも「きちんと審議しましょう。早く起こして」という意見も増えつつあります。前文部科学大臣の馳浩衆議院議員は、「前川喜平前事務次官の任命責任は自分にある。前川さんと自分をセットで証人喚問すればいい」との意見です。

 民進党の追及チームの議員に、自らそう提案したとも聞きました。馳議員は「自分が参考人として呼ばれてもいいから、早く文部科学委員会を起こして、吊るされている法案をおろしてほしい」という意思のようです。この意見に同調する自民党議員も多いようです。

 この「吊るす」とは、院に提出された法案を委員会へ付託せず、審議に入らせないことを言います。「おろす」とは、付託をストップしていたものを委員会に付託して審議に入ることを言います。

 さて、民進党は「前川・馳」セットの証人喚問を要求するのか、行方を見守りたいと思います。

●馳浩はミスターX?国会内で広まる噂

 馳議員は、いわゆるタレント議員の1人ですが、もうすっかりタレント議員のイメージは消えつつあります。

 馳議員はレスリングでオリンピックの出場経験があり、プロのレスラーとしても活躍していました。教員免許も持っていて、なんと高校で古典を教えていた時期もあるそうです。そして、奥様はタレントの高見恭子さんです。

 さすがに文部科学大臣だっただけあり、いろいろな“真相”をご存じのようです。それを言いたくてたまらないのに、立場上言えないことも多く、多くのストレスを抱えているようです。周囲の国会議員が「馳さん、最近、挙動不審だよ。ストレスがたまっているんじゃない?」と心配するほどです。

 そのストレスを発散するためか、馳議員は議員会館の地下にある健康センターで、平日は毎日のようにトレーニングをして汗を流されているそうです。そのメニューも「56歳とは思えないほどハード」だと、健康センターで一緒になった議員が言っていました。

 確かに、馳議員のブログには毎日のトレーニングメニューが報告されているのですが、とても真似できるレベルではありません。鍛錬に余念がない様子で、たくましくなった自分の体を自慢したいのか、上半身裸の写真まで掲載されています。これなら、あの噂は本当かもしれません。

 実は、7月26日に後楽園で行われる「プロレスリングマスターズ」【※1】の出場者が「藤波&長州&X vs. ムタ&カブキ&TNT」と広報されていて、この「X」が馳議員ではないか、と国会内で噂されているのです。

 大会の主催者である武藤敬司さんは馳さんと昵懇の仲ですし、「国会が閉会したら、『X』が馳議員だと発表するのでは」と神澤は予想しています。

 最近の馳議員は、日焼けサロンに行って色黒のダンディな雰囲気を醸し出しており、ヘアスタイルもおしゃれなツーブロックに変わっています。

 神澤は、いわゆる「プ女子」(プロレス好きの女子)ではないですが、日頃、近くで活動されている国会議員の試合となれば、「秘書団で応援に行きたいね」と話をしています。

 先日、エレベーターでご一緒させていただいたときに、「先生、『X』だって噂されていますよ、どうなんですか?」と聞いたら、ただただ笑っていた様子からも、ますます怪しいと思っています。

 今後の「X」の発表が楽しみです。
(文=神澤志万/国会議員秘書)

関連記事(外部サイト)