オートバックス売上激減の謎、国内の車保有台数増なのに…イエローハットに客流出か

オートバックス売上激減の謎、国内の車保有台数増なのに…イエローハットに客流出か

オートバックスの看板(「Wikipedia」より)

「オートバックス」を運営するカー用品店最大手のオートバックスセブンの凋落が止まらない。2017年3月期の売上高は前年比2.0%減の2040億円、本業のもうけを示す営業利益は13.0%減の58億円だった。

 直近10年間の業績を確認すると、売上高は08年3月期には2664億円あったが、その後は右肩下がりで減少している。この10年で売上高は624億円(23.4%)も減少した。営業利益は10年3月期から14年3月期までは100億円を超えていたが、それ以降は100億円を割り込んでいる状態だ。

 カー用品市場は自動車需要の影響を強く受ける。当然、自動車の需要があればカー用品も売れる。したがって、オートバックスセブンの業績低迷は、自動車の需要減少がまず考えられる。だが、どうやらそうではないようだ。確かに若者の「自動車離れ」など、自動車の需要減が叫ばれて久しいが、それも近年は一服していることがわかる。

 日本自動車工業会が発表している「自動車需要台数推移」(国内)によると、07〜16年の10年間でいえば自動車の国内需要は減っていない。リーマンショックに端を発した金融危機の影響で08〜11年は年間400万台後半に落ち込んだものの、12〜16年は概ね500万台前半で推移している。つまり、近年は自動車の需要は減っていないのだ。

 自動車検査登録情報協会が発表している「自動車保有台数」を見ても、市場が縮小していないことがわかる。乗用車の保有台数は16年が6083万台で、07〜16年の10年間は一貫して増加している。

 ただ、自動車があってもカー用品への支出を減らしている可能性はある。つまり、家計の支出をほかに振り向けている可能性は否定できない。だが、自動車の需要や保有台数が一定水準ある以上、カー用品市場が大きく落ち込んでいるとは考えにくい。市場規模の縮小があったとしても、限定的だろう。

●イエローハットに客が流出?

 では、大幅な市場の縮小が要因でないとすれば、オートバックスセブンの業績低迷の理由は何か。

 競合他社との比較がヒントになるだろう。そこで、競合のひとつであるイエローハットの業績を見てみると、オートバックスセブンの不調とは対照的に右肩上がりで成長している。

 イエローハットの17年3月期の売上高は前年比3.1%増の1298億円で、8期連続の増収を達成している。営業利益は近年、概ね60〜80億円で推移し安定的だ。営業利益率は概ね5〜7%で、オートバックスセブンの2〜6%よりやや高い水準で推移している。

 両社の売上高を合計すると、近年は概ね三千数百億円で推移している。このことから、オートバックスセブンの落ち込み分をイエローハットが取り込んでいると考えることができる。

 カー用品市場は、オートバックスセブンとイエローハットの2強が幅を利かせている。それ以外は中小店が乱立している状態だ。小売業のなかでは比較的高い専門性が必要とされる業界のため、新規参入や中小店の規模拡大が難しいという特徴がある。また専門的であるがゆえに、一般消費者は知名度が高くて安心できる大手を選ぶ傾向が強いと考えられている。そのため、2強の地位は当面揺らがないだろう。

 市場規模はある程度一定で、大手と中小の棲み分けができているため、オートバックスセブンとイエローハットの間で激しい顧客の奪い合いが起きていると考えられる。「カー用品が必要になったからオートバックスかイエローハットに行こう」というのが一般的な(特に車に詳しくない)消費者の感覚ではないだろうか。そういった消費者を2社が取り合っているのだ。他の業界と比べた場合、大手同士の競争がより激しくなると考えられる。

 オートバックスセブンは業界1位ではあるが、規模の拡大に伴い出店の余地は狭まっているといえる。17年3月末時点のオートバックス業態の国内店舗数は601店で、10年前の07年3月末時点の523店からは78店しか増えていない。

 一方、イエローハットの国内店舗数は07年3月末時点では494店だったが、17年3月末には675店にまで増えている。181店も増加しているのだ。イエローハットは店舗数を急激に増やしている。

 オートバックスセブンは、店舗数の拡大以上に個店の魅力を高めていくことが求められている。不採算店舗は閉鎖、老朽化した店舗は改装といった具合に、時代に適合した魅力ある店舗にしていく必要がある。

 例えば、昨年12月にリニューアルオープンした「オートバックス秋田由利本荘店」や「オートバックス岩国店」のように、品揃え重視から選びやすさ重視の店舗へと転換していくことも必要だろう。これらの店舗では陳列什器を低くし、店内の照明は蛍光灯からLEDに変えた。陳列は商品カテゴリー別から利用シーン別に変更している。今の消費者が求める店舗形態といえるだろう。小型店の仕様のため、隙間地域への新規出店も可能だ。

 また、ゴルフ用品販売大手のゴルフパートナーと組み、カー用品とゴルフ用品をワンストップで購入できる「ゴルフパートナー スーパーオートバックス京都西院店」を今年2月にオープンしたことも新しい試みだ。それぞれ「自動車」と密接に関係がある業界のため、相乗効果を期待してコラボ出店が決まったのだ。ゴルファーは車を利用して移動することが多いため、ゴルフ用品とカー用品を一緒に買ってもらうことが期待できるというわけだ。

 オートバックスセブンが業績低迷に歯止めをかけるには、こうした新しい試みが必要不可欠だろう。イエローハットとの売上高の差は縮まっているとはいえ、業界のリーディングカンパニーであることには変わりはない。今の消費者がワクワクできる魅力ある店舗にするための投資を、さらに積極的に行っていく必要があるだろう。
(文=佐藤昌司/店舗経営コンサルタント)

関連記事(外部サイト)