SMAP、元マネジャーの下に木村除く全メンバー再集結構想

SMAP、元マネジャーの下に木村除く全メンバー再集結構想

「Thinkstock」より

 ジャニーズ事務所によって稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾の退所が発表された。3人は今後、メリー喜多川副社長の意向によって昨年1月に退社した元マネジャー・I氏と合流するとみられており、文字通りジャニーズとの“決別”が果たされたことになる。そして中居正広も、いずれはこちらに合流するといわれているが、果たして当初の“独立計画”はどこまで実現できるのだろうか。

 ジャニーズからは先月、I氏の腹心だったF氏というマネジャーが退職している。同様に、すでにジャニーズを離れたI氏派のマネジャーはほかに2人存在していて、飯島氏にこの“三人衆”を加えた体制で、3人は芸能活動を継続すると見られている。

「時期は定まっていないものの、3人がI氏とともに芸能界で活動したいと考えているのは確実。ただ、新規で芸能事務所を興すといった話ではなく、I氏とはあくまで業務提携などワンクッション置いたかたちになるそうです。I氏本人としても、新たに芸能事務所の代表として再出発する気持ちはないようで、『元SMAPの4人をサポートしたい』というのが本心のようです」(芸能事務所関係者)

 そもそもは木村拓哉を含めた5人全員でのジャニーズ退所が、I氏の描いたストーリーだった。その時点ではジャニーズサイドとの折衝も順調で、「各メンバーの売り上げの一部をジャニーズに“上納する”という契約書も用意されていた」(同)という。

「ところが木村が途中で反旗を翻したため、この計画は破綻。I氏は周囲に『私は拓哉に裏切られた』と漏らしていました。しかし、すでに気持ちを切り替えており、いずれは木村をのぞく4人が自らのもとに再集合すると考えているようです」(同)

 しかしこの計画も、キーマンとなる中居の腹づもりが読めないことから、いまだ詳細は煮詰まっていないのだという。

 I氏も中居の本心は読めないながらも、『いつかきっとジャニーズを辞めてこちらに来るはず』と、半ば楽観的に考えているようです。中居は、今年ジャニーズを去るのではないかといわれていました。また、年明け時点ではジャニーズに残留するのは木村と稲垣のみとみられていました。中居が残留する理由について『スタッフや後輩のため』『ジャニー社長への恩義』など、御用達のスポーツ紙でさえ諸説報じているのは、ネタ元であるジャニーズ事務所でさえ真意がわからないためです」(テレビ局プロデューサー)

 3人が退所するのは9月8日と発表されているが、ジャニーズサイドは今後の活動について「詳細が固まり次第、3名それぞれより報告させていただくことになるかと存じます」とコメントしている。その時期には、I氏、そして中居の“次の一手”も、少なからず表面化しているのだろうか。
(文=編集部)

関連記事(外部サイト)