玉突き事故の木村拓哉、仕事激減で思い悩みか…逮捕歴ある稲垣へ「別れのメッセージ」か

元SMAP木村拓哉の車が追突事故 稲垣吾郎ら3人退所に加え仕事減で木村に心労か

記事まとめ

  • 元SMAP木村拓哉の車が信号待ちのバイクに追突し、そのバイクが前の車に衝突した
  • 玉突き事故の前日には、稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾のジャニーズ退所が発表された
  • 事故の木村には『無限の住人』“大コケ”で仕事が減少し、心労が重なったとの見方も

玉突き事故の木村拓哉、仕事激減で思い悩みか…逮捕歴ある稲垣へ「別れのメッセージ」か

玉突き事故の木村拓哉、仕事激減で思い悩みか…逮捕歴ある稲垣へ「別れのメッセージ」か

「Thinkstock」より

 20日、東京都内の交差点で、元SMAPでタレントの木村拓哉の運転する乗用車が信号待ちをしていたバイクに追突し、そのバイクが前に停車していた乗用車に衝突するという“玉突き事故”が発生した。

 その前日の19日には、昨年12月に解散したSMAP元メンバーの稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾がジャニーズ事務所を退所すると発表されたばかり。報道によれば、木村は警察に対して「考え事をしていて、ブレーキから足を離してしまった」と話しているといい、インターネット上では木村の心中を察する声も多数みられる。テレビ局関係者はいう。

「木村といえば、昨年のSMAP解散騒動で、解散のきっかけをつくった“裏切り者”というレッテルを世間から貼られ、イメージ悪化が激しい。そこにきて今回、稲垣ら3人の退所が発表され、結果として木村が3人をジャニーズから追い出すかたちになったという見方もあり、ますます木村の立場が悪くなる一方です。くわえて、主演を務めた前クールの連続テレビドラマ『A LIFE〜愛しき人〜』(TBS系)は期待されたほどの成果を出せず、4月に封切りされた主演映画『無限の住人』(三池崇史監督)が“大コケ”し、今後のスケジュールに連ドラなどの大きな仕事が入らない状況に陥っています。かつてない逆境に直面して心労が木村のなかで重なり、運転中につい『考え事』に没頭してしまったことが、今回の事故につながったのかもしれません」

 また、週刊誌記者は語る。

「けが人は出ていないということなので、大事故に至らなかったのは不幸中の幸いですが、まさに3人の退所が報じられた直後に、あろうことか“玉突き事故”を起こすとは、なんとも“カッコ悪い事態”を招いてしまいました。早くも記者の間では、逮捕歴のある稲垣と草なぎへの“お別れのメッセージ”ではないかとも話題になっています。特に木村はSMAP元メンバーのなかでは、稲垣と仲が良かったですから。いずれにしても、ついに元メンバーが別々の道を歩み始めた途端の事故とは、これまでSMAP関連の取材をしてきた一記者としては、なんとも複雑な気持ちになってしまいますね」

 木村の踏ん張りを見守りたい。
(文=編集部)

関連記事(外部サイト)