それ、「デートDV」?いつも食事代おごらされる、メール返信遅いと怒られる…

それ、「デートDV」?いつも食事代おごらされる、メール返信遅いと怒られる…

「Thinkstock」より

 男性なら、女性とデートをしたときに、「おごろうか、それともワリカンにしようか?」と迷ったことが一度はあるはずだ。バブル期など、かつては男性が全額を出すのが当然とされた時代もあった。しかし、今や若者の間ではデート代はワリカンが一般的で、男性が全額を出すのは時代遅れになりつつある。

 その一方、いまだに女性には「男がおごるべき」という声が少なくないのも事実。そして、男性からは「昔は財布を出して払おうとしていたのに、今では財布を出そうともしない」など、交際期間が長くなるにしたがってデート代を負担しても感謝さえされないことを嘆く声も耳にする。

 そんななか、今年3月、ツイッターで「内閣府公認資料ベースで『いつもおごらせる』をデートDVに入れたのは進歩」というツイートが2万以上もリツイートされ、大きな反響を呼んだ。内閣府男女共同参画局による「男女間における暴力に関する調査」の「デートDV」の項目に、「デート費用など、いつもパートナーにお金を払わせる」が盛り込まれたというのだ。

●「いつもおごらせる」はデートDV?内閣府の真意

 デートDVとは、「交際している恋人間で起きる暴力」のことを指す。夫婦間など家庭内暴力をDV(ドメスティックバイオレンス)というが、近年は特に若者の間でDVが深刻な問題となっていて、これがデートDVと呼ばれるようになった。

 このデートDVに該当する要素に、内閣府がデート費用をいつも恋人に払わせる「経済的圧迫」を盛り込んだのは2014年。それが「女性が男性にデート代をすべて支払ってもらうこと」と解釈され、なぜか最近あらためて注目されているのだ。

 そこで、内閣府に「経済的圧迫」をデートDVの要素に盛り込んだ理由を聞くと、「『交際相手の嫌がることをし続けたら、それがデートDVになる』という意味で、『おごる』『おごらない』という論点は重要ではない」と、担当者が不本意そうに話す。「おごらせる」という部分ばかりがクローズアップされることで「デートDVの本質」を誤解されたくない、ということのようだ。

 それでは、具体的にデートDVとはどのような行為なのか。「デートDVには次の5つの要素があります」と語るのは、デートDVに特化した電話相談「デートDV110番」を運営するNPO法人エンパワメントかながわ理事長の阿部真紀さんだ。

「殴る蹴るといった『身体的暴力』、メールの返信が遅いと怒る、異性や友人との関係を制限する、スマートフォンをチェックしたり勝手にデータを消したりする『行動の制限』、暴言や人格否定、別れたら死ぬと騒ぎ立てる『精神的な暴力』、コンドームをつけない、相手の同意なく性的な画像や動画を撮影するといった『性的暴力』……。そして、5つ目が、デート費用をいつも負担させ、高額なプレゼントを要求する『経済的暴力』です」(阿部さん)

 いずれも、肉体的・精神的な暴力によって交際相手をコントロールしようとするのが特徴で、これらの行為は複合的に発生するケースが多いという。

●お金で支配も…デートDVの実態とは

 阿部さんは、「『いつもおごらせる』をデートDVに入れたのは進歩」というツイートが反響を呼んだ理由について、「『おごらなければ男らしくない』と我慢していたが、本当はずっと断りたかった。そういう男性がたくさんいるからこそ、本音を語りやすいインターネットで注目を集めたのかもしれません」と話す。

 とはいえ、女性である筆者からすると、こちらにデート代を払う意思があっても、明らかに経済的・社会的地位に差がある場合など、「男性のメンツを立てたほうがいいのでは……」と思うときもあり、判断が難しいのも事実だ。

 同じくNPO法人エンパワメントかながわの事務局長・理事を務める池畑博美さんによれば、「おごらせる=DV」ではないという。

「1回のデートに限ったものではなく、本心では嫌なのに『おごることを受け入れざるを得ないような関係性』が定着しているのがデートDVです。本当は嫌なのに、それが言えない。支配する側と支配される側、立場の固定化がデートDVにつながっていくのです」(池畑さん)

 世のカップルの中には、「おごるのが当然」「おごられるのが当然」「高いプレゼントをあげて当然」「それをもらって当然」という人たちもいる。だからこそ、ひとつの行為だけでは、デートDVと決めつけることはできない。キーワードとなるのは「支配する側と支配される側の固定化」で、ときには「おごる」という行為が、逆に支配する手段として使われる場合もあるという。

「相手を支配するために経済力を利用する人もいます。『お金を出しているんだから言うことを聞け』と、相手を思い通りにしようとする。相手に家賃を出してもらっている場合、暴力を受けても『この人がマンションのお金を払ってくれているし……』と、何も言えなくなってしまうこともあるでしょう。

 別れようと思っているのに『今までのお金を全部返せ』と言われて別れられない、という相談も多くあります。お金は力関係を固定化します。たとえどんなに親密な関係であっても、金銭的に対等な関係でいることが重要です」(同)

 デートDVか否かを見極めるには、「一方的な関係性」になっているかどうかがポイントとなる。本音では嫌なのに、なんらかのパワーで支配されていると自分の希望や意見が言えない。そんな状況であれば、デートDVと判断すべきだという。

●相手のスマホチェックが当たり前の若者たち

 ちなみに、DVには「被害者=女性」というイメージが強いが、男性にもデートDVの被害者が少なくない。内閣府の「男女間における暴力に関する調査報告書」(平成26年度)によると、女性の19.1%が交際相手からデートDVを受けたことがあり、男性も10.6%がデートDV被害の経験があると回答。そのなかには、「嫌がっているのに性的な行為を強要される、見たくないポルノ映像等を見せられる、避妊に協力しない」などといった「性的強要」も含まれる。

 そして近年、増加が目につくのが若年層のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)を通じた“監視”だという。

「SNSが相手を監視するためのツールになっているケースが非常に多いです。LINEを全部見られてブロックするように言われたり、勝手にGPSアプリを入れられたり……。付き合っているんだから『スマホの中身をチェックするのは普通』『誰とどこで何をしているか、全部共有するのが当然』という意識の若者が多いことには驚かされます。

 お互いに相手に知らせるのが当たり前で、さらせないのは愛がない証拠。信じてもらいたかったらお互いにさらさなきゃ、という世代なんです」(同)

 こうした行動がデートDVに発展しないためには、今からデートDVについて学んでおくことが重要となる。「一方的な関係性」について、結婚後や出産後に気づいても、もう遅い。デートDVは、やがてストーカーやリベンジポルノ、結婚後のDVや虐待に発展していく可能性もある。そのため、事前に「対等な関係であることの重要性」を知る必要があるという。

「どんなに好きな人が相手でも、嫌なことや怖いことはされたくないし、嫌だと感じたら伝えていい。そういう意味では、本音では嫌だと感じているのに『いつもおごらされる』とすると、それは立派なデートDVなのです」(同)

 おごられるのが当然と考える女性と、嫌だと感じながらもそれを言えずに払い続ける男性の関係は、対等とはいえない。もし思い当たる人がいれば、それがデートDVであることに早めに気づいたほうがよさそうだ。
(文=藤野ゆり/清談社)

関連記事(外部サイト)