小倉智昭の不倫疑惑で注目…妻の「セカパ」、夫にとって「ありがたい存在」?

小倉智昭の不倫疑惑で「既婚者同士によるプラトニックな恋愛関係=セカパ」に注目

記事まとめ

  • 「週刊文春」で、小倉智昭と大手新聞社勤務の既婚女性との密会が報じられた
  • 小倉は直撃取材に不倫疑惑を否定し「親友ですよ。メシ食ったりしますよ。」と応えた
  • 小倉の発言に「既婚者同士によるプラトニックな恋」を意味する「セカパ」を連想も

小倉智昭の不倫疑惑で注目…妻の「セカパ」、夫にとって「ありがたい存在」?

小倉智昭の不倫疑惑で注目…妻の「セカパ」、夫にとって「ありがたい存在」?

「Thinkstock」より

「私、文春砲にまた撃たれました」――。

 6月22日発売の「週刊文春」(文藝春秋)で、大手新聞社勤務の既婚女性との密会を報じられたフリーアナウンサーの小倉智昭は、自身が司会を務める情報番組『とくダネ!』(フジテレビ系)のなかでこう述べたうえで、不倫疑惑をあらためて否定した。小倉は同誌の直撃取材に次のように応えている。

「親友ですよ。すごい好きな人だし。友達だから1週間に1回会ったり、メシ食ったりしますよ。2人でいたっていいでしょう。やましいことしてませんよ、僕は。冗談じゃない!」

 ともすれば不倫騒動をさらに大きくしかねない発言だが、ここから「セカパ」を連想した人も多いのではないだろうか。セカパとは、「既婚者同士によるプラトニックな恋愛関係」を意味する「セカンドパートナー」の略だ。

 6月23日放送の情報番組『ノンストップ!』(フジテレビ系)」では、最近耳にすることが増えたセカパの実態について、約30分にわたって特集された。番組内の視聴者投票によって、「セカパを持ちたい」と考えている人は52%と半数を超えていることがわかった。「不倫はできないが、結婚後も親しい異性の存在が欲しい」という現代夫婦の実態が浮き彫りになった格好だ。

 そこで、セカパ事情を取材し続け、4月に『友達以上、不倫未満』(朝日新書)を上梓したジャーナリストの秋山謙一郎氏に話を聞いた。同氏は、『ノンストップ!』にもコメントを寄せている。

●セカパは夫にも妻にもメリット?

--視聴者投票では「セカパが欲しい」という人が52%の半数超えでしたが、この数字についてどう思われますか。

秋山謙一郎氏(以下、秋山) 思ったより少なかったですね。匿名のアンケートといえども、なかなか本音を曝け出すことは難しい、恥ずかしいと思うのです。潜在的にはもっとニーズがあるのではないでしょうか。

--セカパを持つ40代主婦がインタビュー中、「セカパの存在は夫も助かっている」と話し、出演者のなかからは「どういうこと?」という声があがりました。これは大勢の視聴者も疑問に思っていると思われます。

秋山 たとえば、夫はサプライズ・イベントを好まない実直な人柄だと、なかなか気の利いたこともできない。そうした『夫にはない何か』をセカパが補ってくれる――といった意味ではないでしょうか。

--夫としたら、妻にセカパがいることで嫉妬する人も多いのではないでしょうか。

秋山 その嫉妬心が逆に夫婦愛を深めているという側面があります。あるいは、休日くらいひとりでいたいと考える夫にとって、妻を連れ出してくれるセカパは、「ひとりになる時間」を与えてくれる“ありがたい存在”です。それも「夫も助かっている」理由のひとつでしょう。

--『ノンストップ!』のなかで、出演者のカンニング竹山さんが「少しくらい肉体関係があるのでは?」と発言されていましたが、実際のところはどうなのでしょうか。

秋山 疑えばキリはないでしょう。もっとも、不倫はご法度のご時勢です。芸能人やアナウンサーの不倫が発覚すれば、番組降板などの社会的懲罰を受けます。こうした例があるためか、ごく一般の会社員や主婦のほうが、不倫にならないよう気を配っている実態があります。実際に体の関係があるかどうかはわかりませんが、少なくとも対外的に「体の関係はない」と言うだけのモラルや恥を持ち合わせているといえるでしょう。

--ありがとうございました。

 不倫は、法的には「不貞行為」と呼ばれる。離婚問題に詳しい弁護士によると、不貞行為と認定されるか否かは「性交渉の有無が問われる」という。つまり、既婚者同士が逢瀬を重ねても、プラトニックな関係であれば不貞行為にはあたらない。

 不倫に厳しい時代となり、結婚後にもトキメキを求める人たちによって生みだされたのがセカパといったところか。

 こうしてみると、冒頭で紹介した「やましいことはしていない」という小倉の言葉も、実に真実味を帯びてくる。
(構成=編集部)

関連記事(外部サイト)