小林麻央さん、今後のがん治療に計り知れない影響…「延命重視」の日本の医療に一石

小林麻央さん、今後のがん治療に計り知れない影響…「延命重視」の日本の医療に一石

「小林麻央オフィシャルブログ」より

 6月22日に乳がんによって亡くなった小林麻央さんの闘病が、社会に与えた衝撃や影響は計り知れない。現代の医療のあり方にさえ一石を投じたのではないだろうか。特に、人生の終焉を、自宅で愛する家族や大切な人たちと過ごすという選択は、本人はもちろん家族にとっても勇気ある選択であったに違いない。

 これまで日本の医療のあり方は、「延命」に重きが置かれていた。しかしながら、回復の見込みが低くなったときに、どこまで医療行為を続けるかということを、個人が考える時代に来ているのかもしれない。これからの医療は、「終末期医療」のあり方について論じていく必要があるだろう。

 小林麻央さんが闘病の様子をブログで発信したことで、多くの人が「命」や「死」について考えるきっかけとなったことは間違いない。現代は少子高齢化が進み、核家族化や一人暮らし、夫婦のみの高齢者世帯の増加も著しい。

 その結果、本来であれば、個人が社会的関係性を育むべき場所である「家族・家庭」という存在が希薄になっている。古き日本の社会では、家族の「誕生・成長・死」といった命の営みに触れ、人生観や死生観を自然と考えるような背景があった。しかし、現代では家族の深いかかわりが薄くなる傾向にあり、「死」について考える機会が少ないといえるだろう。このような社会状況のなかで、小林麻央さんが自身の人生をもって人々に与えた影響は大きく、尊敬の念を抱かずにはいられない。

●あらためて考えるべき「DNR」

 終末医療を考えるうえで、家族や大切な人たちと話し合わなければいけないことのひとつに、「DNR」がある。DNRとは「do not resuscitate」の略で、「蘇生措置拒否」と訳される。この言葉が誕生してから40年経過しており、アメリカでは1991年にAMA(アメリカ医師会)が「DNRに関するガイドライン」を発表するなど、検討が進んでいる。

 一方、日本では、DNRは倫理的・法的諸問題解決に課題が多く、その論議はアメリカより20年ほど遅れている。では、具体的に「DNR」と何か――。

 日本集中治療医学会によるDNRの考え方は、「患者が尊厳を保ちながら死にゆく権利を守るために、心停止時にCPRを行わないようにという患者本人の自己決定権に基礎を置いた事前指示」である。CPR(Cardio Pulmonary Resuscitation)とは、呼吸や心臓が停止した患者に対して行う、心肺蘇生法のことである。最期を迎えようとしている患者に対して、蘇生の可能性が低いにもかかわらず施される医療行為は、患者の苦痛を助長する可能性がある。日本ではまだ一般に広く普及しているとは言い難いDNRだが、私たちは自分がどんな人生の終焉を迎えたいかということを考える必要がある。

●遺族へのケアも不可欠な終末期医療

 終末期医療で、自分の意思通りに過ごすには、なんといっても患者と家族、医師の理解と信頼が必要だ。死が避けられなくなったときに、どこまで医療行為を受けるかをしっかりと話し合っておいた場合でも、患者が亡くなった後に遺族が「ほかにできることがあったのではないか」「延命すべきだったのではないか」などと罪悪感に苛まれるケースもある。

 想像の範囲でしかないが、小林麻央さんの容態が悪化していくのを見守った夫の市川海老蔵さんは、自分の身を裂かれるほどのつらさだったことだろう。気丈に舞台を務め、記者会見にも応じている海老蔵さんだが、今後、十分な心のケアが必要だろう。

 小林麻央さんが私たちに見せた闘病の軌跡は、今後のがん予防やがん治療ばかりでなく、医療全体に大きな影響を与え続けるだろう。彼女がブログに記した「力強く人生を歩んだ女性でありたいから。子供たちにとって強い母でありたいから」という言葉の通り、強い女性・強い母親であり続けた姿は、多くの女性のロールモデルとなっていくだろう。

 心よりご冥福をお祈りいたします。
(文=吉澤恵理/薬剤師)

関連記事(外部サイト)