4年連続「魅力度」最下位の茨城県、日本で人気断トツのあるものとは?

4年連続「魅力度」最下位の茨城県、日本で人気断トツのあるものとは?

ロケ地マップ(「いばらきフィルムコミッション公式サイト」より)

 連続テレビ小説『ひよっこ』(NHK総合)は、東京五輪が開かれた1964年に茨城県から集団就職で上京した主人公・谷田部みね子の奮闘ぶりを描いている。

 舞台となるのは、架空の村「奥茨城村」。稲刈りや聖火リレーのシーンなど60年代のふるさとを彷彿とさせる映像に郷愁を感じた方も多いだろう。『ひよっこ』では茨城県の常陸太田市、大子町、常陸大宮市、水戸市などがロケ地として使われた。

 茨城県は映画やドラマ撮影関係者の間で、ロケ地として極めて人気が高い。ロケ誘致、撮影支援を行う「いばらきフィルムコミッション」(事務局:茨城県商工労働部観光物産課フィルムコミッション推進室)が設立された2002年以降の15年間に県内で撮影された映画、ドラマ、テレビCMの作品数は、5300超になるという。年間平均で350という、膨大な数だ。

 どんな作品が制作されたのか。ほんの一部だが、作品名と主なロケ地を列記する。

【映画】
『図書館戦争』(東宝):水戸市の西部図書館、近代美術館
『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』(松竹):常総市の橋本運動公園
『64(ロクヨン)』(東宝):下妻市の鬼怒川河川敷
『聖の青春』(KADOKAWA):小美玉市の小美玉市医療センター
『海賊とよばれた男』(東宝):笠間市の筑波海軍航空隊記念館

【ドラマ】
『天皇の料理番』(TBS系):常総市の坂野家住宅、大子町の旧上岡小学校
『初森ベマーズ』(テレビ東京系):つくば市のディアステージつくば
『リスクの神様』(フジテレビ系):小美玉市の小美玉市医療センター 
『下町ロケット』(TBS系):つくば市のJAXA、(株)フジキン
『ど根性ガエル』(日本テレビ系):土浦市の匂橋、龍ケ崎市の旧長門小学校

 ヴェネツィア国際映画祭で金獅子賞を受賞した、北野武監督の『HANA-BI』(日本ヘラルド映画)のラストシーンは茨城県高萩市の赤浜海岸だった。同監督の作品は茨城でのロケが多いという。

●「魅力度ランキング」最下位とロケ地人気のギャップ

 茨城県というと、なんとも不名誉なランキングがある。毎年、ブランド総合研究所が発表する「地域ブランド調査」で13年から16年まで4年連続で「魅力度ランキング」最下位となってしまった。この調査は、全国の消費者を対象に地域の認知度や魅力度、イメージなど77項目を尋ね、その結果を数値化したものだ。16年のトップは北海道で点数は57.2点。一方、茨城県は7.7点で最下位。ちなみに45位は群馬県で8.5点、46位は栃木県で7.8点だった。

 消費者の間では魅力度が浸透していない茨城県だが、ロケ地としての人気は抜群だ。数年前にエンタメ系雑誌がロケ地人気ランキングを発表したが、茨城県はフィルムコミッションの撮影件数で沖縄県、滋賀県、山梨県などを大きく引き離して断トツだった。

 いばらきフィルムコミッション設立以来のロケ誘致、支援件数が5000件を突破したという事実から見ても、茨城県の人気ぶりは群を抜く。映像制作者らの間で茨城県は、なぜこうも支持されているのだろうか。茨城出身のテレビ局関係者は、次のように分析する。

「まずは、なんといっても東京からの近さが挙げられます。映像制作会社の多い東京都心から自動車で1時間ちょっとで行けます。それでいて海、山、川、滝、田園など豊かな自然があり、古民家や寺社など伝統建築物も多く、時代劇や歴史モノの撮影には最適です。一方で、つくば市のJAXAや、つくばエクスプレス、茨城空港など、現代モノや近未来モノのロケ地としても向いています。ロケ地としての幅の広さがあり、制作サイドからすれば、とても便利なのです。つくばみらい市には1万2000坪という広大な敷地のワープステーション江戸というセットまであります」

 ロケ地としての魅力がふんだんにあるということだ。

●県内30自治体と連携する「いばらきフィルムコミッション」の役割

 茨城県のロケ地人気を探るうえで忘れてはならないのが、いばらきフィルムコミッションの存在だ。茨城県の魅力をPRし、地域のイメージアップと観光客誘致拡大を目的に、撮影に関するさまざまな支援をワンストップサービスで行う組織で、02年に設立された。当初は「ロケハン、枕、あごといった撮影の専門用語さえわからず右往左往した」(コミッション関係者)という。その後、県内市町村と協力して茨城県フィルムコミッション等協議会を設立し、全県的な撮影支援態勢を整えてきた。

「県内44市町村のうち約30の自治体が協議会に加わり、どんな要請にも応えられるような態勢を整えました。この点は全国でも茨城県だけだと思います」(前出関係者)

 県を挙げてのロケ誘致、支援態勢を整備しイメージアップに努めているのだ。その効果はどれほど表れているのだろうか。

「02年から15年までに映画、ドラマ、CMなど4848作品のロケが行われ、累計撮影日数は1万3538日となりました。この間の宿泊代や弁当代、ロケセットの建設費など直接的な経済効果は45億5000万円に達しました。最近は、JR東日本が企画したロケ地をめぐる観光バスツアーも人気になっています」(同)

 いばらきフィルムコミッションのホームページには550カ所ものロケ地情報が網羅され、2500枚以上の写真で施設や建物の内部まで見ることができるようになっている。
(文=山田稔/ジャーナリスト)

関連記事(外部サイト)