推理不可能? 嵐・相葉『貴族探偵』、裏のNHKニュースにも大差で視聴率惨敗していた!

推理不可能? 嵐・相葉『貴族探偵』、裏のNHKニュースにも大差で視聴率惨敗していた!

『貴族探偵』公式サイトより

 フジテレビから断末魔の叫びが聞こえてきそうだ。

 豪華キャストをそろえ、1話あたりの制作費が約1億円ともいわれるほど、フジが全精力を注ぎ込んだ嵐・相葉雅紀主演の “月9”ドラマ『貴族探偵』が、ひっそりと放送を終えた。

 26日に迎えた最終回(第11話)は、放送時間の15分拡大という特別扱いを受けたが、そんな局側の配慮も虚しく、視聴率は9.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)どまり。それでも第10話の8.0%に比べれば随分健闘したほうで、全11回の放送の中では初回の11.8%に次ぐ視聴率となったが、結局2ケタに乗せたのはこの1回のみ。

 全話通しての平均視聴率は8.6%に止まり、相葉主演ドラマとしてはなんともさびしい数字。同枠としては、昨年7月期の桐谷美玲主演『好きな人がいること』の8.9%をも下回る惨状で、“月9”ドラマは6クール連続で平均視聴率1ケタ台に終わった。

 最終回が放送された26日は、“月9”の強力なライバルとして立ちはだかっていた日本テレビの『しゃべくり007』が特別編成のため休止となり、フジに追い風が吹いたと思われた。ところが、代わりに急きょ2時間の特番としてオンエアされた『小林麻央さん追悼番組〜優しく強く生きた34年〜』が15.4%もの高視聴率を獲得。これは普段の『しゃべくり』よりもやや高い数字で、追い風どころか逆風を迎える形となった『貴族探偵』。

 さらに当日はNHK総合の『ニュースウオッチ9』までもが、よもやの14.2%をマーク。通常、平日の同番組は良くても10%をわずかに超える程度なのだがこの日は急上昇。これは、史上最多の連勝記録・28連勝に並んでいた中学三年生の最年少プロ棋士・藤井聡太四段が、第30期竜王戦決勝トーナメント1回戦で増田康宏四段との対局があったことが影響したようだ。

 番組途中の同日午後9時24分に終局、藤井四段が熱戦を制し、新記録となる29連勝を達成し、その様子が同番組内で報じられた。新記録なるかと、勝負の行方に注目していた視聴者が、同番組にクギ付けとなった模様。結果的に、この2番組が『貴族探偵』の視聴率上昇を阻んだかのように思えるが、実情は案外そうでもないという声も。

「たしかにニュース番組は、録画して見るようなものではなく、将棋の結果が気になった視聴者はリアルタイムで『ニュースウオッチ9』を見ていたのでしょうが、そもそもこの時間帯にNHKのニュースを見る層と、若者向けの“月9”ドラマを見る層ではまるで違っており、その影響はさほど受けていないと思われます。一方、真央さんの特番はリアルタイムではなく、録画して見る方法もあったわけですが、結局はそこまでして『貴族探偵』を見るような人はほとんどいなかったということでしょう。とどのつまり、裏番組が高視聴率を取ったとかの問題ではなく、『貴族探偵』に視聴者を引きつける魅力が乏しかったということに尽きるようです」(テレビ誌関係者)

 来る7月期の“月9”ドラマは、山下智久主演『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』シーズン3。08年のシーズン1は平均15.9%、10年に放送されたシーズン2も16.6%の高視聴率をマークした人気作だが、7年のブランクがどう影響するかが懸念されるところ。大ヒットとなった、昨年10月期の『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)で主演を務め、さらなるブレークを果たした新垣結衣が、前シーズンに引き続き、ヒロイン役として出演する点は好材料だが……。

 なお10月期はタイトル未定ながら、篠原涼子の主演ドラマを放送することが決定しているが、その先は未定。これまで、ドラマに力を入れてきた亀山千広社長が退陣に追い込まれたこともあり、“月9”ドラマ枠そのものが打ち切りの危機に瀕している状況。先があるかどうかは、『コード・ブルー』に懸かっているといってもよさそうだ。
(文=田中七男)

関連記事(外部サイト)