中居正広、ジャニーズ役員就任が約束か…仕事ない木村拓哉と力関係逆転

元SMAP木村拓哉と中居正広がジャニーズ事務所に残留 キムタクと中居の力関係が逆転か

記事まとめ

  • 元SMAPの稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾が、ジャニーズ事務所を退所すると発表された
  • 木村拓哉と中居正広は残留するが、解散を巡り、2人は完全にいがみ合いの状況だという
  • 中居が事務所にもたらす売上は木村の10倍ともいわれ、力関係は逆転しているらしい

中居正広、ジャニーズ役員就任が約束か…仕事ない木村拓哉と力関係逆転

中居正広、ジャニーズ役員就任が約束か…仕事ない木村拓哉と力関係逆転

ジャニーズ事務所(撮影=編集部)

 6月19日、昨年12月に解散した元SMAPメンバーの稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾がジャニーズ事務所を退所すると発表された。同じく元メンバーの木村拓哉中居正広は事務所に残留するが、現在のジャニーズ内における2人の関係について、テレビ局関係者は語る。

「当初ジャニーズとしては、木村さえ残ってくれれば、それ以外の4名は昨年の解散騒動で一時は独立の動きをみせていたこともあり、引き止めることも追い出すこともしない、つまり『本人たちの好きなようにすればいい』というスタンスでした。しかしここにきて、木村が解散騒動でのイメージ悪化も響いたためか、主演を務めた今年1月期の連続テレビドラマ『A LIFE〜愛しき人〜』(TBS系)が期待されたほどの成果を出せず、4月に封切りされた主演映画『無限の住人』(三池崇史監督)が“大コケ”し、今後のスケジュールに大きな仕事が入らない状況に陥っています。

 一方の中居は、レギュラー番組5本を抱えるなど相変わらず仕事は順調で、ジャニーズとしても当分は中居に依存せざるを得ない状況となり、今後も事務所として仕事をバックアップしていくし、粗末には扱わないという条件で、中居を慰留したのです」(テレビ局関係者)

 そしてこうした状況を受け、事務所内では2人の処遇をめぐりある問題が浮上しているという。

「中居は、木村が独立に反対したばっかりにSMAPが解散に追いやられたと考えている。一方の木村は、独立を画策した中居たちこそが解散の原因をつくったと考えており、2人は完全にいがみ合いの状況です。特に木村は、一度は退所濃厚と見られた中居が残留することとなり憤慨しているようです。そんななか、ジャニーズ内では今後2人のマネジメント体制をどうするのかという問題が浮上しています。

 順当にいけばジャニーズ内の“本流”である藤島ジュリー景子副社長の班が木村を担当するところですが、ここにきて中居が事務所にもたらす売上が木村の10倍になるともいわれる状況となり、中居と木村の力関係は完全に逆転。業界内では、中居には将来のジャニーズ役員の座が約束されているといわれるほどです。そうした状況のなか、ジュリー副社長の班が木村を担当することで、ビジネス面では木村よりも事務所に貢献している中居を冷遇するかたちになってしまい、果たしてそれでよいのかという問題が浮上しているのです」(同)

 ジャニーズとしては、頭の痛い問題を抱えてしまったようだ。
(文=編集部)

関連記事(外部サイト)