女性が「豊田真由子議員」状態の場合の正しい対処法…「ごめん」と言ってはいけないとき

女性が「豊田真由子議員」状態の場合の正しい対処法…「ごめん」と言ってはいけないとき

「とよた真由子 公式サイト」より

 女性代議士・豊田真由子氏(42)による「このハゲーー!」発言を、さして私は重要視していません。「まったく差別的とも思わないのはなぜかな?」と考えていたのですが、それは、私がハゲ好きだからですね。もしも私が男性に「このハゲーー!」と言ったとき、それは愛情表現になってしまいます(もちろん私は大人なので言いませんが……)。

 価値観とはそういうものです。髪の毛がふさふさした男性を好む女性もいれば、髪の毛の多い少ないはどうでもいいと思う女性もいます。ちなみに私は、ハゲた男性をセクシーだと感じますし、そんなことより何より、男性にとって大切なのは髪の毛の多寡より頭の中身のほうが大切だと思います。

 豊田議員が元秘書男性(55)に「このハゲー!」と怒鳴りつけた音声がテレビ放送されたのは驚愕だったが、双方にさまざまな事情があったことでしょう。当然ながら豊田議員の言動は許されるべきものではありませんが、代議士と秘書という圧倒的な上下関係は特殊なケースだといえるものの、ひとたび女性を怒らせ激しくキレさせてしまったときには、それが女性上司であれ妻であれ恋人であれ、年上であっても年下であっても同じ。謝罪しようが弁明しようが取りつく島がないのは、経験者であれば理解できるでしょうし、街中でもそんな風景はしばしば見かけられます。

 たとえば駅の階段を上っている夫に妻が、「さっさと歩きなさいよ、ぐずぐずしないで!」と周りに聞こえる大きな声で言う。また、レストランで熟年夫婦が食事をしているとき、「ほら、またこぼした! ちゃんとナイフフォークくらい使えるようになってよ、みっともない!」と夫に対して怒鳴りつける妻。

 これではご夫婦のどちらがみっともないのかわかりませんが、夫は妻の目を見ることもできず「ごめん、ごめん」と何度も謝っていたりする。その夫婦の声を聞いている側がいたたまれなくなる場面です。

 ここでは、それほど激しいケースではなく一般論で考えてみましょう。

 職場や恋人関係で、男女関係のなかに「ごめんなさい」あるいは「ごめんね」と言わなければならない場面は多々あります。約束の時間に遅れた、記念日を忘れた、運転していて道を間違えた、さまざまな場面で女性は男性に怒りを覚えますので、ここは謝るべきか謝らざるべきか悩ましいところです。

 もちろん、浮気がバレた、借金がバレた、そんな場面では真摯に謝罪し反省しなければなりませんが、男子たるもの軽々に“ごめんなさい”してはならないものです。軽々しいごめんなさいが後に大きくなって返ってくる場合すらあります。

 では、ごめんなさい時に気をつけていただきたい点をお伝えしましょう。それは男性にはわかりづらいポイントでもあります。

●「ごめんなさい」が必要なとき

 たとえば、仕事終わりの待ち合わせ時間に遅れてしまったとき。仕事上のトラブルが起こったため約束の時間に間に合わない――、と気づいたのがすでに約束の時間を過ぎてから。こういったことはビジネスマンであれば当然起こることです。対策を考えておきましょう。

 約束の時間より前に「仕事でトラブル発生。1時間くらい遅れるからカフェで待っていて。ごめんね」程度のメッセージを送信する。これは男女関係でなくともビジネスマンのタイムマネジメントとして常識のことです。仕事ではできることが、恋人や妻にはできないときに彼女らは怒ります。

 ここで大切なのは、仕事上のトラブルを詳しく書くのではなく、彼女がどこでどのように時間を過ごせばいいかの配慮があることです。

 そして彼女が待っているカフェに着いたとき、もう一度「待たせてごめんね。待っていてくれてありがとう」と伝えます。その言葉を聞いて一般的な女性は「仕方ないわよね、次から気をつけて」となる。ところが一般的ではない女性は、「私の時間をなんだと思っているの、あなたはまったく信用できない!」と激怒します。このようなちょっと特殊な女性にあたったときは、速やかに離れる(恋人関係をやめる)ことをお勧めします。

 いずれにしても、小さなミスが起こったときは「ごめんなさい」より少しライトに「ごめんね」という表現を多用して構いません。口頭ではなくLINEやメッセージでは特に多用して構いません。「ごめんね」を多用することによってなぜか女性は「彼は優しい人なのね」と感じますので、そのように感じさせておいて構いません。問題となるのは、その問題が曖昧なときです。

●「ごめんなさい」が新たな火種となる

 たとえば、待ち合わせの時間までに連絡ができなくて遅れてしまったとき。

 連絡がないことによってすでに彼女は怒りを抱えているため、会うとすぐ彼は「ごめんね」と言いたくなります。「怒ってる?」と尋ねたくもなるでしょう。ところが、そのタイミングでは言ってはならないごめんなさいです。

「ごめんね、って何がいけなかったのか言ってみて」と彼女から問われてしまうと、もうアウトです。「仕事のトラブルで遅れたんだ」と説明すれば、「言い訳しないで」となる。「待たせて悪かったから今日は僕が食事をおごるよ」と言えば、「そんなに軽い話なの? 食事をおごればすむの?」と詰問されるかもしれない。

「君を不安にさせてごめん」と言えば、「私の感情を勝手に決めつけないで。やっぱりあなたはわかっていない」となり、「今日だけでなく、あのときもそうだった。このときも同じだった!」と続きかねない。

 過去の記憶に関して多くの男性は女性の細やかな記憶にかなわないため、彼はあたふたするばかり。そうなると彼女は感情を収めることができなくなってしまう。怒りの火種が次の怒りに火をつけてしまうわけです。

 彼女の怒りを大きくしないためにも、言うべき「ごめんなさい」は早めに伝えることが大切ですね。
(文=池内ひろ美/家族問題評論家、八洲学園大学教授)

関連記事(外部サイト)