絶対に乗るべき奇跡のローカル電車!2百円で絶景を堪能、わずか13駅でも10年連続黒字

絶対に乗るべき奇跡のローカル電車!2百円で絶景を堪能、わずか13駅でも10年連続黒字

低床型車両のポートラム

 富山市は公共交通を軸としたコンパクトな街づくりを進めている。同市は標高3000メートル級の立山連峰と新鮮な魚介類を育む富山湾に囲まれた、人口42万人の自然豊かな地方都市だ。

 6月下旬、仕事で1年ぶりにこの地を訪れた。朝9時過ぎに乗った羽田発の飛行機は、ビジネスパーソンと観光客らで満席。約1時間のフライトで神通川の河川敷にある富山空港に到着した。ここから富山駅まではバスで25分。空港からのバス便は本数こそ少ないが、アクセスはいい。

 梅雨入り直前で青空が広がっている。コンパクトシティづくりを進めている富山市では、市街地にはセントラム、郊外に向かう路線にはポートラムというLRT(次世代型路面電車)が走っている。旧JR富山港線を引き継いだ第3セクター、富山ライトレールのポートラムに乗って、明治時代の廻船問屋街が残る岩瀬の街並みを見に行くことにした。

 始発駅(電停)は富山駅の北口にある「富山駅北」。終点の「岩瀬浜」まで全長7.6キロのミニ路線で、電停は全部で13ある。車両はスノーホワイトをベースに全部で7種類のカラーがある。ブルーのシートが並ぶ車内にはアテンダントがいて、車内アナウンスや高齢者のサポートなどを行っている。乗客は地元の人、観光客を合わせ定員の7割ほど。沿線には手入れをされたアジサイが咲き誇り、車窓の光景に彩を添えていた。進行方向右手には残雪の立山連峰を眺めることもできた。市街地からほど近いのに、こんな景色が楽しめるのは、山が近い富山県ならではだ。

 路面電車とはいえ、軌道部分は一部(1.1キロ)で、残りは鉄道線路。各電停に「鉄道むすめ」という萌えキャラ「岩瀬ゆうこ」のポスターが貼られている。オタクにはたまらない趣向なのだろう。20分ほどで終点から2駅手前の「東岩瀬」に到着、ここで下車して廻船問屋街の散策へ。歴史が息づく情緒のある街並みだ。片道200円の均一運賃で最新型LRTの乗り心地とローカル線の風情を堪能できるのだから、得をした気分になる。

●旧JR時代に比べサービスは格段に向上、経営も黒字化

 富山ライトレールはJR西日本富山港線を引き継ぎ、公設民営方式で58億円の建設費をかけて2006年に開業した。それまでの富山港線は、朝のラッシュ時でも運行は30分間隔(日中は1時間に1本)というさびれたローカル線で、利用者からすればなんとも不便な鉄道だった。そこで開業にあたりドラスチックな改革を断行した。新型車両(全低床車両)の導入、運行間隔の改善(ラッシュ時は10分、日中は15分)、終電の大幅繰り下げ(21時台から23時台へ)、駅数(電停数)の増加(9→13)、統一デザインの採用、ICカードの導入、住宅地と主要駅を結ぶフィーダーバス(降車したホームでバスに乗り換えできる)の運行なども行い、利用者の利便性の向上を図った。

 その結果、旧JR富山港線時代(05年10月)の利用者数(平日2266人、休日1045人)が、開業後(06年10月)には平日で4988人、休日は5576人と劇的に増加したのである。利便性の大幅向上によって、従来のJR客に加え、バス、マイカーなどからの転向組が増えた。

 1日当たりの利用者数は06年度の5772人から15年度の5616人まで、10年間ほぼ横ばい状況が続き、経営的にも安定している。富山ライトレールの15年度決算を見ると、北陸新幹線の開業効果もあり、年間輸送人員が205万5616人と初めて200万人を突破した。旅客運賃収入も観光客増加による現金利用が好調だったことから、2億5726万円と前年度比6.8%増となった。その結果、税引き後損益(当期純利益)は2146万円を計上。開業以来10年間連続黒字を確保した。自治体からの補助金があるとはいえ、安定的な黒字経営を維持しているのだから、LRT化の成功例といわれるのは当然だろう。

●富山駅の南北分断解消で利便性はさらに良くなる

 だが、課題もある。北陸新幹線が開業した14年度から翌15年度にかけて、セントラムなど市内軌道線の利用者数が1万2179人から1万3577人へと10%以上増加したのに対し、富山ライトレール(ポートラム)は5276人から5616人へと6%の増加にとどまった。

 セントラムの乗り場は新幹線から降りた富山駅ビルの高架下にあるのですぐにわかる。繁華街の総曲輪や市内のホテルなどに向かうにしても、簡単に乗ることができる。一方、初めて富山を訪れた人にはポートラムの乗り場がはっきりしない。駅の南北が在来線で分断されているため、いったん南口側に出て地下道を通って北口側に向かわなければならないからだ。

 当然、ポートラムとセントラムの相互乗り入れもない。このため富山を訪れた観光客の多くは人気施設「TOYAMAキラリ」や繁華街などがある富山駅の南側に集中する傾向がある。富山駅からわずか20分ほどの距離に明治の廻船問屋街というすばらしい街並みがあるのに、これではもったいない。

 南北分断が解消され、相互乗り入れが可能になれば、富山ライトレールの利用者はさらに増え、沿線の活性化にもつながるだろう。南北接続事業は19年度にも完了の予定で、市内軌道線とポートラムが接続されることになるという。

 富山市という自然環境豊かな地方都市で進められている、エコな公共交通を軸にしたコンパクトシティ構想がどんな広がりを見せるのか。これによって、地方活性化の新たなモデルが浮かび上がるかもしれない。
(文=山田稔/ジャーナリスト)

関連記事(外部サイト)