さぁ夏休み!鉄道・車・航空の料金を劇的に安くする方法!おトク情報入手の裏ワザ

さぁ夏休み!鉄道・車・航空の料金を劇的に安くする方法!おトク情報入手の裏ワザ

写真:つのだよしお/アフロ

 いよいよ、夏休みが始まる。

 2017年夏のボーナス支給額は、日本経済新聞社の賃金動向調査によると、5年ぶりに減少したという(5月9日時点、中間集計)。全産業平均の支給額は、前年夏比2.75%減の83万9560円とのことだ。ボーナスが増えても減っても、これからお金のかかるシーズンが始まる。

「レジャーの交通費を浮かせたい」と思えば、乗り降り自由のフリーきっぷや特典付きの企画きっぷを探すのは基本だろう。

 たとえば、首都圏から海水浴に出かけるなら、京浜急行の「みうら海水浴きっぷ」。9月10日までの期間限定だが、京急の乗車駅から三浦海岸駅までの往復乗車券に三浦海岸の海の家の利用券がセットになった2日有効のきっぷだ。料金は大人1800円、子ども900円(品川駅からの場合)。

 通常料金で品川〜三浦海岸を往復すると、それだけで1720円(大人)かかるが、このきっぷには、さらにコカ・コーラ(300ml)1本と「LINE MUSIC」クーポンチケット引換券がついてくる。なお、利用の対象となる海の家は7施設あり、更衣室、シャワー、休憩スペース、荷物預かりを利用することができる。

 続いて、秋篠宮家のご長女・眞子さまと小室圭さん(元「湘南江の島 海の王子」)のご婚約で、ますます観光客が押しかけそうなスポット・江の島。こちらは、小田急電鉄の「江の島1dayパスポート」が便利だろう。

 小田急各駅〜藤沢駅の往復割引乗車券付きで、加えて藤沢駅〜片瀬江ノ島駅間が乗り降り自由になる。さらに、江の島展望灯台をはじめ、江の島の4つの人気スポット(江の島エスカー、江の島サムエル・コッキング苑、江の島シーキャンドル、江の島岩屋)が1日何回でも利用可能。また、江の島内の飲食店・土産品店や新江ノ島水族館などでは、5〜10%の割引を受けられる。料金は、新宿駅発では大人1970円、子ども990円。

 現地でパスを買うこともでき(江の島での施設割引特典のみ)、その場合は大人1000円、子ども500円となる。通常、小田急の新宿駅〜片瀬江ノ島駅間の運賃は片道630円(現金料金)、往復1260円。それにパス代1000円が加わると考えれば、やはり最初からセットで買ったほうがいいだろう。

 JRや私鉄各社に、このような乗り降り自由のフリーきっぷや企画きっぷは用意されている。これらのきっぷは、観光施設での割引や優待にも使えることが多いので、出かける前に必ずチェックしておきたい。

●駅の改札まわり&道の駅はおトク情報の宝庫!

 おトクきっぷの情報は、意外と身近な場所で探すことができる。筆者は、駅では必ず改札まわりの配布物スタンドをチェックするのだが、そういうところに夏休み時期に使える企画乗車券や割引サービスのパンフレットがあれこれと並んでいる。

 それに、観光情報も手に入る。先日はJRのある駅で、関東の花火大会と祭りをまとめたガイドや富士登山のガイドマップを手に入れた。観光地へのアクセス方法や立ち寄りスポットの案内のほか、割引クーポンがついていることもある。駅での待ち合わせなどの際は、時間つぶしにスマートフォンを見るだけでなく構内を見回すと、お宝情報にめぐり合えるかもしれない。

 自動車を利用した夏レジャーなら、忘れずに道の駅に立ち寄りたい。休憩のためだけではない。道の駅のインフォメーションも、鉄道の駅と同様におトク情報の宝庫だからだ。

 注意深く見ると、観光マップだけでなく近隣の観光施設で使える割引券やクーポン付きのパンフレットが置いてある。これから行こうと思っているレジャー施設の割引券が手に入るかもしれない。

 日本自動車連盟(JAF)会員であれば、会員向けの優待サービスも忘れずに利用したい。ガソリンスタンド、SA・PA、道の駅、飲食店、観光名所やテーマパーク、日帰り温泉など全国約4万施設にて、会員証を提示するだけで優待を受けることができる。出かける前に、機関誌「JAF Mate」やホームページ「JAFナビ」で優待情報をチェックしておこう。

●最大43%割引も!レンタカーのおトクなプラン

 旅行先でレンタカーを借りて観光するというケースもあるだろう。昔からあるサービスだが、JRの「レール&レンタカーきっぷ」はなかなか魅力的だ。

 JRで移動して駅でレンタカーを借りれば、同乗者とともに乗車券が2割引、特急券・グリーン券などが1割引になる。JRを片道・往復・連続で201km以上利用すること、最初にJR線を利用し、出発駅から駅レンタカー営業所のある駅まで最短距離で101km以上離れていること、JRのきっぷと駅レンタカー券を同時に購入すること、などの条件を満たせばいい。

 片道101qでいいとなれば、使える範囲はかなり広い。ただし、4月27日〜5月6日、8月11日〜20日、12月28日〜翌年1月6日は割引除外となるので、早めあるいは遅めの夏休みに使いたい。

 空路+レンタカーのプランも、もちろんある。全日本空輸(ANA)の「@レンタカー旅割プラン」は出発21日前までの予約ならレンタカー料金が最大43%引き、しかも100円につき1マイルが貯まる。また、スカイマークと提携して、搭乗券の半券を提示すればレンタカー料金が割引になるサービスを行っているレンタカー会社もある。

 これらは、航空運賃そのものが安くなるわけではないが、マイルやポイントに魅力を感じる人にとっては選択肢のひとつになるだろう。ただし、沖縄県や北海道などのレンタカー激戦区では価格競争が激しいため、料金をシビアに比較した上で利用するほうがいいだろう。
(文=松崎のり子/消費経済ジャーナリスト)

関連記事(外部サイト)