民進党、蓮舫降ろし加速で分党・解党の方向へ…大量議員が小池勢力に合流の気運

民進党、蓮舫降ろし加速で分党・解党の方向へ…大量議員が小池勢力に合流の気運

民進党の蓮舫代表(左)と東京都の小池百合子知事(右)(写真:日刊スポーツ/アフロ)

 国会議員秘書歴20年以上の神澤志万です。

 7月10日、加計学園問題をめぐって前川喜平前文部科学省事務次官を参考人招致しての連合審査会が開かれました。案の定、自民党と公明党は前川前次官の「人格攻撃」を仕掛けようとしましたが、これは大失敗に終わったといっていいでしょう。安倍晋三首相が出席しなかったことも、与党の支持を低下させる要因となりました。

 人格攻撃のような質問を繰り返す国会議員たちよりも、常に冷静に誠実に質問に答えていた前川前次官のほうが、国民のみなさまには、ずいぶんとまともに見えたのではないでしょうか。

 神澤も同感でした。前川前次官は、現職の頃は答弁書を見ながら答弁していましたが、審査会ではまっすぐ前を見て、ゆっくりと当時の記憶をたどりながら、自分に不利になるような内容についても、きちんと答えている印象でした。

 この審査会で民進党の衆議院の質疑を担当したのは、福島伸享議員と緒方林太郎議員でした。2人とも東京大学出身の官僚経験者で、内部事情を知っているからこその鋭い質問を飛ばしていました。

●蓮舫代表、辞任回避なら民進党は解党か

 一方で、「あれ? こういうときは玉木雄一郎議員の出番なんじゃないの?」とも思いました。玉木議員は、蓮舫代表が誕生したときの民進党代表選挙に出馬していた議員です。

 実は、7月4日の民進党役員会で、玉木議員が蓮舫代表に東京都議会議員選挙の大敗を受けて、引責辞任を迫ったそうです。

「今の民進党の人気低迷の原因は、蓮舫さんの二重国籍問題をうやむやにしていることが原因」と指摘し、「蓮舫代表が辞任しないなら、玉木グループは離党し、小池(百合子)都知事と政策協力するぞ!」などと迫ったそうです。そして、なぜか最終的には「野田(佳彦)幹事長の辞任」で、その場が収まったと聞きました。

 これを受けてか、11日の党執行役員会で、蓮舫代表が「日本国籍と台湾籍の二重国籍」問題について「戸籍(謄本)を示し、近々説明する」と述べたことが報じられました。さらに、13日になって、戸籍そのものではなく「すでに台湾の籍を有していないことがわかる部分をお伝えする準備がある」と述べています。

 二重国籍の問題も、ここまでこじれてしまうと、さすがに本人がきちんと説明すべきだとは思います。しかしながら、この問題をもって蓮舫代表を非難するのは、個人的には反対です。民進党内でも、差別の助長を不安視する声が出ていることが報じられています。

 この件が「前例」となれば、ほかの帰化した議員やこれから議員になる人たちはみんな戸籍などを公表しなくてはならなくなる可能性も出てきます。追及している議員たちが、そこまで考えているとは思えません。とにかく、蓮舫代表を排除したいから二重国籍問題を持ち出しているだけなのではないでしょうか。

 しかし、ここまで追及される原因をつくったのは、ほかならぬ蓮舫代表です。これまでの言動が党内でも理解を得られなかったため、厳しい追及を受けているのだと思います。私たち秘書の目から見ても、これまでの説明はあまりにもわかりにくいものでした。

 稲田朋美防衛大臣と共通していますが、相手を追及するときは威勢がいいのに、自身のことはきちんと説明できない。これでは、みんなの心が離れていくのも仕方ないでしょう。蓮舫代表の自滅ともいえる失態は、説明責任を果たしていないこと、さらにコンプライアンスの意識が薄いことが最大の原因です。

 今となっては、二重国籍問題の解決を図ったところで、蓮舫議員の代表辞任は回避できないとみられています。もっといえば、「蓮舫議員が代表を辞任したら分党」「辞任しなければ解党」という流れができあがっているように感じます。

 それにしても、野田幹事長の動きも微妙でした。この期に及んで野田幹事長が蓮舫代表をかばったところで、民進党のイメージアップにはつながらないと思います。民進党のベテラン秘書は、「野田さんは『自分が男気を出した』と思っているようだけど、わかってないなぁ。旧民主党政権時の解散総選挙のタイミングもそうだったけど、自分がずれていることに気づいてないんだよ」とため息をついていました。

●「泥舟が沈む前に小池都知事にすり寄ろう」

 実は、民進党内の離党の動きは玉木議員だけでなく、松野頼久議員率いる松野グループにもありますが、グループ内の意見が二分しているようです。

 つまり、「泥船が沈む前に離党して小池都知事にすり寄ろう」という意見と「今離党すると、政党交付金が分配されない」とお金の心配をする意見です。今後、どちらの意見が優勢になっていくのでしょうか。

 そして、こうした騒ぎが起きると、いつも振り回されるのは私たちスタッフです。離党や分党があれば、所属政党名も変更になってしまいますし、党の連絡先やキャッチコピーなども変わることになります。ある秘書仲間は、「新しい名刺やポスターを発注しようかどうか悩んでいる」と言っていました。

 8月の内閣改造の人選も気になるところですが、民進党内のゴタゴタのゆくえも、地味にランチタイムの話題になっています。
(文=神澤志万/国会議員秘書)

関連記事(外部サイト)