そもそも真木よう子の主演が間違い…フジ『セシルの〜』、視聴率が5%台、「昆虫みたい」と酷評

そもそも真木よう子の主演が間違い…フジ『セシルの〜』、視聴率が5%台、「昆虫みたい」と酷評

『セシルのもくろみ』公式サイトより

 女優の真木よう子が主演の連続テレビドラマ『セシルのもくろみ』(フジテレビ系)の初回が13日に放送され、視聴率は5.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことがわかった。真木本人はこの結果を受けて、「私は悲しいんでません。むしろ更に燃えて来ました。」(原文ママ)とTwitterでコメントした。 

 唯川恵の同名小説を原作としたこのドラマは、ファッション雑誌業界を舞台にさまざまな女性たちがぶつかりあいながら幸せを探していくという物語。真木は、たまたまスカウトされて読者モデルとなり、成功の階段を駆け上がっていく主婦・宮地奈央を演じる。そのほか、奈央とタッグを組んでともに上を目指すファッションライター・沖田江里役で伊藤歩、ファッション誌「ヴァニティ」の編集部デスク・黒沢洵子役で板谷由夏、「ヴァニティ」のカバーモデルを務める浜口由華子役で吉瀬美智子が出演する。

 初回は、北春日部で総菜屋のパートをしながら親子3人でつつましく暮らす奈央が洵子(板谷)のお声がかりで読者モデルとしてスカウトされ、紆余曲折を経ながら最終的には読者モデルの世界でやっていくことを決意する――という展開だった。ストーリーについては残念ながらひとつもおもしろいところがなかったが、奈央が本格的にファッション雑誌業界で下剋上を起こしていく次回以降の盛り上がりを期待したい。
 
 ただ、主演の真木には大いに疑問が残った。平凡に暮らしていたごく普通の主婦のはずなのに、プロモデルも顔負けのすさまじい痩せっぷりでガリガリ。ドレスを着たシーンでは骨と皮ばかりの腕や脚が目立ってしまい、なんだかいたたまれない気持ちになってきた。Twitterなどに書き込まれた視聴者の感想にも、「役作りのために痩せすぎ」「すごい痩せててちょっと怖かった」「健康的に大丈夫なのかなーと心配になる」など、真木の極端な痩せ方を指摘する声が少なくなかった。

 おしゃれに興味のない設定なのにカラーコンタクトで黒目を大きく見せている(ように見える)のもまったく意味がわからない。視聴者からも「昆虫みたいで気持ち悪い」「宇宙人みたいで怖い」など不評だった。常にドスのきいた低い声でしゃべる台詞回しも率直に言って不快だ。

 そもそも原作では、主人公は高層マンションに暮らすプチセレブという設定。ドラマとしてはそれでは共感が得られないと考え、北春日部の総菜屋でパートをするヤンキー主婦に改変したのだろうが、はっきり言ってキャラ設定がやりすぎである。ごく普通の主婦でやめておけばいいのに、珍妙なファッションをする極端なダサダサ人間に描いてしまった。あそこまで周囲の目やTPOをわきまえない人がいたとしたら、ただ単に「がさつ」では済まされない問題なのではないか。

 また、奈央がヤンキーキャラである必要性もよくわからない。自称「体育会系ではなく体育会」である彼女は、負けず嫌いの性格と「認められれば自分の思い通りにやれる」との信念のもと、読者モデルの世界で上を目指すことを決意する。だが、こうした人物像は別にガラの悪いヤンキーキャラでなくても十分表現が可能なはずだ。最終的に成功した姿とのギャップを際立たせるため、ことさらにスタート地点をがさつな人物に描いているように思えてならない。

 もしかしたら、真木に難しい演技を任せられないという事情もあるのかもしれない。彼女がこれまで数々のドラマですさまじい棒演技を披露し、悪目立ちしたことはドラマファンの間では周知の事実だ。そんな役者を主演に据えたのがそもそもの間違いと言ってしまえばそれまでだが、フジテレビにも大人の事情はあるだろう。なんとか不自然にならないように、真木への当て書きでぶっきらぼうに話すキャラ設定にしたのかもしれない。

 主演女優の難ばかりを言い立てたが、脇を固める俳優・女優陣をうまく動かしてスカッとしたストーリーを描くことができれば、ある程度の視聴率回復は見込めそうだ。引き続き注目していきたい。
(文=吉川織部/ドラマウォッチャー)

関連記事(外部サイト)