『セシルのもくろみ』、真木よう子がやせ衰え病人にしか見えない…安易な演技にうんざり

『セシルのもくろみ』、真木よう子がやせ衰え病人にしか見えない…安易な演技にうんざり

『セシルのもくろみ』公式サイトより

 真木よう子が『問題のあるレストラン』以来、フジテレビ系で2年ぶりに主演を務める連続ドラマ『セシルのもくろみ』が13日に放送され、平均視聴率5.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)となった。共演に伊藤歩、板谷由夏、吉瀬美智子、長谷川京子と主演クラスの豪華女優陣を揃え、華やかさでは群を抜いていたが、前評判で「視聴率は爆死確定」と騒がれていた通り、いきなりの5%台スタートとなった。これはフジの「木曜劇場」(木曜22時)初回放送では歴代ワーストの視聴率。 

 春日部在住のガサツ主婦・宮地奈央(真木よう子)は、ある日突然ハイクラスファッション雑誌「VANiTY(ヴァニティ)」の読者モデルにスカウトされる。家族のために家事をこなすことに日々の幸せを感じている宮地は、自分とは無縁の世界と一旦は断るも、息子の学費が稼げるならとオーディションに参加する。洗練された他のモデルたちと比較されながらも、「主婦だから」とバカにされることが我慢ならず、絶対にやめないと決意する。

 宮地をスカウトしたのは、ファッションライターとしての成功に野心を燃やす沖田江里(伊藤歩)。読者モデルページを担当している編集デスク・黒沢洵子(板谷由夏)の「気になる子がいる」という一言に賭け、宮地を売れっ子モデルに育て、自分も一緒にのし上がろうとする魂胆だった。……が、あまりにガサツで垢抜けない宮地を目の当たりにして、「彼女のどこが魅力なんですか?」と、疑問をぶつける。黒沢は「編集長の好みだから」と淡泊に答えるのみだった。

 老化した身体、化粧っ気のない顔、ダサ過ぎる私服で撮影現場に現れた宮地は、読者モデル仲間からも嘲笑の的となっていたが、黒沢の言葉通り編集長の南城彰(リリー・フランキー)はなにかと目をかけていた。さらに沖田の野心が宮地の体育会系魂に火をつけ、「ダメ主婦改造計画」という特集ページを勝ち取ることに成功。カメラマンの山上航平(金子ノブアキ)やジェンダーレスのヘアメイク安原トモ(チュートリアル・徳井義実)も彼女の個性に惹かれ応援する。

 そんな中、「VANiTY」の創刊10周年パーティーに参加した宮地は、トップモデル・浜口由華子(吉瀬美智子)の完璧なスタイルとオーラに圧倒されて自信をなくすが、沖田の「私たちがタッグを組めば違う景色が見えるような気がする」という言葉が心に響きやる気を取り戻す。しかし、断固拒否していたSNSを沖田に勝手にはじめられていたことを知った宮地は裏切られたショックで絶叫。編集部を飛び出すが、大泣きをして気持ちを切り替え、天下を取ると改めて決意するのだった。

 真木よう子の痛々しい姿に、画面を見るのが苦痛になるドラマだった。太っただの、痩せただのいちいち噂されるのは女優の常だが、真木のガリガリにやせ衰えた姿は女優としての意識の低ささえ感じてしまった。役柄の設定を考えれば、病人にしか見えない容姿はまず嘘になる。頬が削げた顔に濃いメイクを施し、全身の骨が浮き出した身体を露出の多いドレスで晒した後に「綺麗〜素敵〜」と演出しても、視聴者は見てはいけないものを見てしまったような胸のザワつきを覚え、画面から目を逸らしてしまうだろう。その宮地が力任せにヒステリックに喚く姿は、真っすぐで純粋な愛すべき女性とは感じられず、精神のバランスを崩しているようにしか見えなかった。

 宮地がガサツである、という表現もチープで、ガニ股で歩く、メンチを切る、膝を立ててビールを飲むと、リアリティがまったくない。「ガサツってこんな感じでしょ?」という、安易で過剰な「演技」に、途中からうんざりしてしまった。ドラマ『SP 警視庁警備部警護課第四係』『最高の離婚』や映画『さよなら渓谷』など、真木の演技は高く評価されることもが多かったのに、一気に名を下げた印象だ。

 真木にばかり目がいってしまうが、ドラマ自体の設定も、展開も、キャラクターも意外性がまったくなく、のっけから一向に上達しない長谷川京子の嘘っぽい演技でカウンターパンチを視聴者に喰らわす作り。伊藤歩や板谷由夏の抜群の演技が霞んでしまうほど、ドラマ全体の作りと真木と長谷川の演技が駄作の印象を強くしている。一体誰に見せたいドラマなのか?

 真木の容姿にしろ、ドラマとしての面白さにしろ、視聴率を第一に考えている昨今の制作側が、出来上がった作品、目の前に見えている映像を客観視できていないことに驚く。誰かがなにかの陰謀で、わざと視聴者にそっぽを向かれる作品を作っているのではないかと疑うほどだ。まだ第1話にもかかわらず、先の展開よりも、いつ打ち切られるのか? ということのほうが気になる作品に仕上がっていた。フジテレビのドラマの凋落はまだまだ止まりそうにない。
(文=西聡美/ライター)

関連記事(外部サイト)