上西小百合議員、テレビ取材で約20回撮り直し要求…国会中に「収録が●時からでー」

上西小百合・衆議院議員、浦和レッズの親善試合巡るツイートの釈明で20回撮り直し要求

記事まとめ

  • 浦和レッズ対ドルトムントの国際親善試合に対するツイートから騒動になっている上西氏
  • 15年には衆院本会議欠席の前日に居酒屋に行っていたと判明し、橋下徹氏から除名された
  • 今回の騒動の釈明では、テレビ取材で約20回撮り直し要求し、テレビ局は頭にきたという

上西小百合議員、テレビ取材で約20回撮り直し要求…国会中に「収録が●時からでー」

上西小百合議員、テレビ取材で約20回撮り直し要求…国会中に「収録が●時からでー」

「うえにし小百合 HP」より

「幽霊議員と言っていいくらい、永田町では存在感のない人です」

 7月15日のサッカー、浦和レッズ対ドルトムントの国際親善試合に対する「浦和酷い負けかた。親善試合は遊びなのかな」とのツイートから始まり、挙げ句の果ては「くたばれレッズ」とまでツイートするまでに至った、上西小百合衆議院議員。昨年12月には「給付型奨学金については大反対です」とツイートして炎上。そのたびに存在感を誇示している上西議員の永田町での評判を国会議員秘書に訊いたところ、冒頭の言葉が返ってきた。

「議員としての仕事は何もしていません。無所属だったとしても、どうしてもこの質問をしたいということで、親しい会派にお願いしたら、質疑時間を分けてもらったりできます。しかし、上西議員はお願いすらしてないですし、お願いしたところで対応する会派もありません。皆さん、彼女とはかかわりたくないと思っていますから。上西議員としても、質問したいこともないでしょう。仕事をしていないから、いなくてもいい存在。まったく税金のムダ。ほとんどの議員は、『なんであの人、辞めないんだろう』と思っています」

 日本維新の会から立候補し議員となった上西が、無所属となったのは2年前。2015年3月13日に衆議院本会議を欠席、その前日に居酒屋とショーパブに行っていたことが明らかになった。維新の党最高顧問の橋下徹氏(当時)から議員辞職を求められたが、「法に触れない限りは議員の身分は奪われません」と居直り、同党から除名されたのだ。

「衆議院の本会議場で、維新の横が無所属の席なので、嫌でも維新の先生の隣に上西議員は座らなければならないのですが、露骨に無視されています。それでスケジュール帳を開いて、『明日はテレ朝の収録が●時からでー』などと独り言のように呟いてるのです。本会議が長いと彼女、靴を脱いじゃうらしいのですが、『足が臭くて耐えられないから、絶対にそっち側には体向けられない』と男性議員が言っていました」(同秘書)

●深夜の目撃談

 今回の騒動の釈明では、マスコミと上西議員のやりとりに秘書が口を挟み、質疑応答をやり直す一部始終が繰り返しテレビで放送された。

「(レッズに関して)投稿された内容については踏み込みすぎたという反省はないということですか?」と記者に訊かれて、「そうですね。単に観衆として残念な試合だったなとイメージを持ちましたので、それを言わせていただいただけということなので」と上西議員は答えた。すると公設第2秘書の笹原雄一氏が「殺害予告までしてくるわけで、結果としてそういう結果が出ている以上、踏み込みすぎたってことはちゃんと言わないとおかしいでしょ」と忠告。それを受け上西議員は、「当初は観衆のひとりとしてコメントさせていただいたのですが、結果的に過激な発言が寄せられることになりましたので、最終的には踏み込みすぎたのかなと思っております」と忠告通り言い直した。だが、笹原氏まで映り込むかたちですべてが視聴者の目に届くことになった。

「そのときの取材時間は36分間にもおよんだそうですが、テレビ局側のスタッフは何度も撮り直しさせられ、20回くらいになった時に、テレビ局も頭にきて、ああいう状況をすべて流したんですね。笹原氏はもともと演劇プロデューサー、イベントプロモーターで、秘書というよりはマネージャーのような存在。レッズの問題は、最初は特に意識せずにツイートしたのだと思いますが、食い付きがいいので、笹原さんがアドバイスして、わざと炎上するように持っていったのでしょう。

 上西さんはタレントになりたいと思っている一方で、次の選挙にも勝てると思っているくらい抜けたところがあるので、ちゃんとコントロールしてくれる存在が必要。なんでもいいから注目されればいいというのが目的だとしたら、今回の炎上は大成功でしょう。あの2人は、深夜の議員宿舎でコソコソしているところも目撃されています。誰かがエレベーターから降りて来たら、2人でサッと物陰に隠れるのだそうです」(同秘書)

 今回の問題に関して、多少とも好意的なコメントは、カンニング竹山の「タレントになって、俺と同じキレ芸みたいなことをテレビでやればいい」くらいだろうか。だが永田町では存在感ゼロ。「悪名は無名に勝る」というから、上西議員にとって“おいしい炎上”だったのに違いない。
(文=深笛義也/ライター)

関連記事(外部サイト)