民進党、代表辞任の蓮舫氏が「当選できない」衆院鞍替えに必死の抵抗…大量離党の動き

民進党、代表辞任の蓮舫氏が「当選できない」衆院鞍替えに必死の抵抗…大量離党の動き

代表辞任を発表する民進党の蓮舫議員(写真:長田洋平/アフロ)

 国会議員秘書歴20年以上の神澤志万です。

 学校法人「加計学園」の問題をめぐる閉会中審査が、7月24日に衆議院、25日に参議院の予算委員会で行われました。

 民進党は、衆議院では大串博志議員、今井雅人議員、玉木雄一郎議員の3名が質疑を行いました。この人選は、党内情勢に非常に配慮した結果だと思います。それぞれのグループを代表した質疑者にすることで党運営に対する不満が広がらないように苦心した、とも聞いています。

 しかし、参議院の質疑者については、党内から不満の声が多く聞かれました。蓮舫議員と櫻井充議員だったからです。これには、民進党議員たちもツイッターなどで「参議院国対の強い圧力があったからだ」とぼやいています。

 安倍晋三政権の支持率が下がったとはいえ、民進党の人気が上がっているわけではありません。しかし、蓮舫議員はそのことに気がついていないのでしょう。

 実際、民進党の党員やサポーターへの御礼のはがきには、まるでブロマイドのような自身の写真を送りつけてきます。多くの党員やサポーターは「蓮舫さんは、自分のせいで民進党の人気が下がっているとは、まったく思っていないようだ」と、もはや期待することすらやめてしまっているのですが、そうした現実を理解していないようです。

 肝心の質疑はどうだったのかといえば、いつもの「上から目線」の蓮舫節でした。疑惑解明というよりSMの女王様のようで、とても最後まで聞いていられませんでした。

 櫻井議員については、元政策秘書の投資詐欺事件がまだ解決していません。この件は、すでに「未遂」ではない事態となっています。秘書仲間にも被害に遭っている人たちがいます。しかし、櫻井議員は秘書をクビにして自分は知らん顔です。

 さらに、秘書が退職願を提出した日からさかのぼって解職の手続きをして、「自分は問題が発覚する以前に解雇しておりましたので、関係ありません」という態度を取っています。もちろん、詐欺は許されることではありませんが、10年も自分のために働いてくれた大事な秘書に対する扱いとしては、疑問が残ります。

 しかも、櫻井議員は1人区の宮城選挙区を野党共闘によって辛勝することができた恩も忘れているようです。25日の質疑では、山本幸三地方創生大臣に対して、「総理に聞いている。(山本大臣は)いらない、出て行けよ」と暴言を吐いて問題になりましたが、それを党内の仲間にとがめられると、「離党も考えている」などと言って党を牽制する始末です。なぜ櫻井議員を質疑に立たせたのか、本当に不思議でなりません。

●蓮舫、代表辞任の裏側…党内では“過去の人”に

 そんななか、27日に蓮舫議員は記者会見を開いて「いったん引いて、より強い民進党を新たな執行部に率いてもらうのが最善の策だ」と代表を辞任することを発表しました。同時に、25日に表明していた衆議院への鞍替えも「考え直す」と撤回しています。

 実際のところ、蓮舫議員は衆議院選挙に出たくなかったのだと思います。現状では、東京都内のどの選挙区から出ても、当選の見込みはありません。衆議院への鞍替えを発表したものの、次はどの選挙区から出馬するのか、どうしても決められなかったのではないでしょうか。

 実際、衆議院への鞍替えはだいぶ前に決まっていたのですが、発表が遅くなったのは蓮舫議員自身が勝算の見えない鞍替えに抵抗していたからだといわれています。つまり、それは「民進党は総選挙で勝てない」と実感しているということです。そうした矛盾について党内で突き上げられた結果、蓮舫議員は代表を辞任するしかなかったのだと思います。

 いずれにせよ、代表を辞任する前から、民進党の衆議院議員や候補者である支部長たちは、蓮舫議員のことなど、もはやどうでもよくなっていました。それより、「次の代表は誰にすればいいか」「誰の顔なら勝てるだろうか」「離党すべきか、分党すべきか」……などと頭を悩ませていたのです。現に大阪府では、離党した樽床伸二議員が以前の仲間たちに声をかけ、みんなで“小池新党”に移動しようとしています。

 これらの動きを見てもわかるように、蓮舫議員の代表辞任は民進党内から見限られた結果なのです。
(文=神澤志万/国会議員秘書)

関連記事(外部サイト)