『カンナさーん!』、ゾッとするほど不快&身勝手な大人だらけで視聴率急落

『カンナさーん!』、ゾッとするほど不快&身勝手な大人だらけで視聴率急落

『カンナさーん!』公式サイトより

 連続テレビドラマ『カンナさーん!』(TBS系)の第3話が8月1日に放送され、平均視聴率10.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を記録。好調だった第2話の12.6%から、2.5ポイントの急落となった。

 渡辺直美演じる主人公・河東カンナは、不倫した夫・鈴木礼(要潤)と離婚し、“働くシングルマザー”として、4歳の息子・麗音(川原瑛都)を育てると決意。ところが第2話のラストで礼の不倫相手・真理(シシド・カフカ)と対面し、第3話では麗音の希望によって、日曜日にみんなで海に遊びに行くという展開に。

 夫に不倫された女性が、家庭崩壊の原因になった不倫相手の女性とレジャーに出掛けるなど、いくら子どものリクエストとはいえどもあり得ない。この展開は予告の時点で明らかになっていたので、呆れた視聴者が見る気をなくした結果、視聴率に影響したのではないかと思われる。そして、とりあえず本編を見た私も、カンナ&礼の身勝手さにゾッとした。

 まず、海行きについて「みんなで」と言い張る麗音に対し、さすがの礼も諭そうとしたのに、カンナは真理への対抗心から「いいじゃん。みんなで行こうよ、海!」と発言。その後、自分に仕事のチャンスが回ってきた時には礼に電話し、「仕事が上手く行きそうでさ。『海での直接対決はお預けだ!』って、彼女に言っといて」と“延期”を申し出た場面からも、カンナは真理ばかりを気にし、麗音がどんなに海を楽しみにしているかを考えていなかったことがわかる。また、礼も元妻と不倫相手とともに過ごすのを憂うつに感じ、カンナに延期を提案されるまで「日曜、仕事入んないかなぁ」「雨降んないかなぁ」などと願っていた。

 私は、夫婦関係が破綻している場合、子どものためだけに結婚生活を続けるといった選択はしなくてもいいと思っているが、離婚後にまで“夫婦の感情”を優先させるのは感心しない。もちろん、急な仕事や悪天候ならば予定変更もやむを得ないが、問題なのはカンナと礼が“子どもの気持ち”を考える前に、“男女”を意識していた点だ。同ドラマは、毎回「離婚で生じるリアルな問題」を突きつけてくるが、第3話は「警鐘の回」だったのかもしれない。

 それにしても、同作には“不快な大人”が複数登場する。たとえば、カンナの同僚・境川翔子(トリンドル玲奈)は「カンナさん、まだ礼さんにちょっと未練あるんですね」と無神経なことを言い、これを聞いた上司・片岡美香(山口紗弥加)が「おぉ〜、翔子スルドイね〜」とニヤリと笑えば、翔子もまた「ですよね!」とニッコリ。不倫されて離婚した職場仲間の前でこんな会話をするとは、なんてイヤラシイ女たちだろう。

 さらに、結局海へいけることになった一行に、礼の母でカンナの元姑にあたる柳子(斉藤由貴)たちも合流。その柳子は、カンナと真理を見比べて「見た目の勝負は明らかね」と微笑んだり、わざわざカンナに「(真理は)いい人そうね」と伝えたりと、何かと“挑発”してくる。柳子の掴みどころのないキャラクターでごまかされているが、実はただの“姑の嫁イジメ”でしかない。そもそも、自分の息子が不倫したのに、いつまでもカンナに対して上から目線なのもムカつく。これもまた、「あんな姑になるなよ」という警鐘なのだろうか。
(文=美神サチコ/コラムニスト)

関連記事(外部サイト)