巨人戦でも2万人割れ…ナゴヤドームがガラガラ、中日ドラゴンズの観客動員がヤバイ!

巨人戦でも2万人割れ…ナゴヤドームがガラガラ、中日ドラゴンズの観客動員がヤバイ!

「中日ドラゴンズ」公式サイトより

 テレビ放送、特に地上波キー局での中継では視聴率の低下がさけばれている一方で、ここ数年間、観客動員数は微増が続いている日本プロ野球界(以下「NPB」)。2017年もセ・パ公式戦の入場者数は約1,637万人を突破(1試合平均2万9,026人/※数字はNPB公式サイトより。2017年の数字は8月2日現在、以下同)。16年は12球団合計で約2,498万人(1試合平均2万9,115人)だったので、現時点でほぼ横ばいのペース。全国的に夏休みへ突入、今後ペナントレースが佳境を迎え盛り上がる展開となれば、昨年を上回る観客動員も期待できそうだ。

「カープ女子」が14年の流行語大賞トップ10入り、昨年はリーグ優勝も果たし、今年も首位を快走している広島東洋カープや、積極的なPR活動を行い続けている横浜DeNAベイスターズが数字を伸ばし、NPBの観客微増を支えている一方で、チーム成績が低迷している千葉ロッテマリーンズやオリックス・バファローズがやはり観客動員数でも苦戦している。その中でも特に心配されているのが中日ドラゴンズ。

 中日はこれまでのところ主催51試合で総観客動員約137万人、1試合平均は2万6,892人と、不調に喘ぐ東京ヤクルトスワローズや、先述の千葉やオリックス、埼玉西武ライオンズを上回る12球団中7位。

 だが、NPBが観客の実数発表を行うようになった05年からこれまで12年間で1度しかなかった「ナゴヤドームでの観客2万人割れ」を、今年は7月中に3度も記録。しかもそのうち1試合が人気球団・読売ジャイアンツ戦であったことから、一部スポーツ紙が報道。ネット上では中日ドラゴンズの不人気ぶりを揶揄する声が多くあがる事態に。

 05年以降の年間観客動員数を見ると、落合博満監督のもと好成績を残した06〜08年は約239万〜243万人と好調だった中日。だがその後は、微増微減を繰り返しながらも緩やかに下降を続け、13年には199万8,188人と200万の大台割れ。14〜16年は約200万人、約205万人、約206万人とやや盛り返したものの、今のペースで推移すればまたもや200万の大台を割ってしまいそうなピンチとなっている。

 観客動員を盛り返すためには、チームの奮起が必要不可欠なところだが、現在の中日は5位と低迷中。なぜここまで低迷してしまったのだろうか。野球ライターはこう解説する。

「解説者たちの順位予想では5位〜最下位に推す声が多く、現在の順位は想定どおりでしょう。昨シーズン中に谷繁元信監督が実質解任となる休養に入った時点で、リリーフを中心に投手陣が崩壊していて、落合監督時代のようなロースコアの展開で勝ちを拾う得意のパターンが作れなくなっていましたからね。投手出身の森繁和が正式に監督として指揮を執ることになり、投手陣の再建に期待がかかりましたが、人材不足のなかですぐに激的な効果を挙げるのは難しいと見られていました。その危惧がそのまま的中した形です」

 たとえチーム全体が低迷しても数人でもスター選手がいれば、ファンは球場に足を運ぶはず。だが、そういった選手も中日からは出てこないのが現状であるようだ。

「生え抜きの平田良介や大野雄大などは、以前から期待も高かったと思います。ただ、残念ながら故障や長い不調などによりタイトルに絡むほどの活躍がなかなかできていない。

 谷繁元信、森野将彦、荒木雅博といった実力と人気のあったベテランの衰えが顕著になったにもかかわらず、世代交代を進められなかったことが大きかったですね。若手の成長株として指名された高橋周平や堂上直倫、福田永将、福谷浩司、岡田俊哉らが伸びきれず、地盤沈下を起こしてしまった。地味に落合GMがドラフトで指名した、即戦力と期待されていた社会人出身の新人選手がほとんど活躍できていないことも痛い」(同ライター)

 一方でチームの顔ともいえる大島洋平はスタメンに名を連ね続け、打率3割台をキープ。さらに昨年のドラフト2位の京田陽太がショートのレギュラーを獲得、待望の若手スター候補として新人王も狙える活躍。投手陣にも小笠原慎之介や鈴木翔太といった、将来的にはチームの柱になりそうな雰囲気を持つ若手が出てきている。さらにコーチ陣にも注目すべきだと力説する。

「ベンチにいるコーチ陣をチェックしてほしいです。森監督は落合監督時代から参謀としてコーチを続けてきていて実績十分。コワモテに見えますが、実は気配りや根回しの達人で、その手腕は『球界の寝業師』という異名をとった故・根本陸夫氏の再来とまでいわれるほど。さらに監督や監督代行の経験もある森脇浩司ヘッドコーチ、打撃コーチは清原和博を育てた土井正博氏、ほかにも波留敏夫コーチや奈良原浩コーチなど、そうそうたるメンバーが揃っています。中日はベンチワークに注目するのも楽しいと思いますよ」(同ライター)

 さらに大ベテラン・岩瀬仁紀が復活して中継ぎとしてメドが立ったのをきっかけにして、クローザーの田島慎二につなぐ「勝利の方程式」が確立。北海道日本ハムファイターズから、中継ぎ・クローザーとして活躍した谷元圭介も金銭トレードで獲得するなど、相変わらずの苦戦ぶりでありながら、多少は光明が見え始めている。

 なお、観客動員数で苦戦している現状を踏まえ、キャンペーンやコラボイベントの開催などといった施策を行う予定はあるのか、中日ドラゴンズ球団に問い合わせ、コメントを求めたところ「2017NPBプロ野球取材パスIDをお持ちでありましたらご協力可能でございます」とのことであった。
(文=編集部)

関連記事(外部サイト)