さあ夏休み!国内&海外旅行、超穴場スポット厳選リスト!

さあ夏休み!国内&海外旅行、超穴場スポット厳選リスト!

「Thinkstock」より

 8月に突入すると、家族旅行のシーズンとなる。JTBの調査によると、今夏の旅行者は7733万人で前年同期に比べ59万人(0.8%)増加するとみられている。なかでも人気は海外旅行だ。国内旅行は7460万人で前年同期に比べ50万人(0.7%)増であるのに対して、海外旅行は273万人と9万人(3.4%)増となっている。これは過去2番目の旅行者数で、まさに海外旅行ブームといってもいい状況である。

 主な人気の旅行先は、1位が中国で32万4000人、2位が韓国で30万6000人、3位がハワイで26万1000人、4位が米国本土で23万8000人、5位は台湾で21万9000人だ。

「今年は海外旅行が伸びています。中国、韓国、ハワイのトップ3は例年通りですが、今年は特に欧州が人気です」

 こう語るのは旅行代理店最大手JTBの広報担当者。前年よりも8%増加して44万5000人に上る。

「欧州の場合は陸続きになっているために複数の国にまたがって旅行する人も多く、国別の統計は出していません。ただ、人気が高まる7月から9月にかけては期間限定のチャーター便も出しています。特に人気なのは北欧、ドイツ、スペインなどです。7月は15日から3連休がありましたし、8月には山の日と休日で3連休、お盆休みなども絡めれば10連休になる人もいます。宿泊も昨年に比べて伸びていて8泊以上宿泊する人も増えています。大自然を見に行くというツアーが人気です」

 また、近畿日本ツーリストの広報担当者は欧州、オセアニアを推す。

「パンフレットの片隅には催行人数が書かれていますが、募集型企画旅行を実施する場合は最低限必要とする参加人数が決まっており、予約客がこれに達しない場合は旅行が中止されます。中止されずに行われた割合を『実質催行率』といいますが、欧州やオセアニアはこれが上昇しました。このほかアジアでは台湾、香港で、香港はディズニーランドが人気です。ハワイはリーズナブルな商品から高額商品まで幅があります」(同)

 一方で、日本旅行は北朝鮮情勢が今夏の旅行に大きな影響を与えているという。

「グアム、サイパンなどミクロネシアの旅は相変わらず家族連れに人気です。それから今年の大きな傾向としては、北朝鮮問題などで韓国への旅行者が減り、香港や台湾に流れているということです。香港は前年に比べて58%ぐらい増えています」

●国内はテーマパークに人気

 では国内旅行はどうだろうか。JTBは長距離の旅行に人気が集まっているという。

「例年、北海道、東京(東京ディズニーリゾート)、沖縄がトップ3で人気ですが、なかでも今年は沖縄が人気です。LCC(格安航空会社)の直行便が飛ぶようになったことや、長期の休みが取れることなどが大きく影響しているのではないでしょうか」

 そして、JTBが推すもうひとつの国内スポットはテーマパークだ。

「テーマパークを楽しむお客様が増えています。テーマパークはお金がかかるので、景気が良くないと来場者が増えません。そういう意味で、今年はお金を使う人が増えていると思います。宿泊も景気が悪い年は実家に何日か泊まって経費を浮かせて遊びに行くというスタイルが多いのですが、今年はワンランク上のホテルや旅館に泊まる傾向があります」(JTB広報担当者)

 近ツリも国内ではテーマパークを推す。伊勢志摩・USJのツアーが夏休みの旅行のなかでは大人気だという。

「国内は伊勢志摩・USJをセットにした旅が人気です。伊勢志摩は昨年の伊勢志摩サミットの効果が大きいのではないでしょうか。USJは訪日外国人の来訪が一段落し、日本人の受け入れ態勢が整ってきたことなどが挙げられるのではないかと思います。訪日外国人のピーク時には、とてもホテルなどを取れるような状況にはありませんでした」(近ツリ広報担当者)

 日本旅行は、JRを使ったデステネーションキャンペーンを推す。

「信州デステネーションキャンペーンは、街と旅が一体となったイベントです。7月から9月までの間に、信州(長野)で臨時列車を走らせる貸し切りプランが、かなり人気があります」(同社広報担当者)

●海外はベトナムがオススメ?

 では、今夏の穴場スポットはあるのだろうか。JTBと日本旅行が口を揃えてプッシュしたのがベトナムのダナンだ。14年頃から注目され始め、15年にブレイクし始めたところだ。

「ベストシーズンは成田空港からダナン空港まで直行便が毎日出ていますし、近くには古都ホイアンやフエなど世界遺産もあります」(JTB広報担当者)

「ダナンは7、8月は乾季でベストシーズン。物価も日本の3分の1程度です。急激に人気が上がっています。このほか、ベトナムにはフーコック島も穴場としてはお勧め。ベトナムの最南端位置するリゾートアイランド。近年開発がスタートしたばかりで、まだ手づかずの自然が満喫できる。近年開発されたため、スタイリッシュな新しいホテルが多いので穴場のスポットとしてお勧めです」(日本旅行広報担当者) 最近では働き方改革などで、9月に遅れた夏休みを取る人も増えた。働き方改革は余暇の過ごし方も変える。

「夏休みの旅行のキーワードは“フォトジェニック”な旅。写真映えするような景色がある場所が人気です。シンガポールのマリーナベイ・サンズなどにも注目が集まり、女性同士で9月に遅い夏休みを取って旅行することも増えてきました。ニセコリゾートや東京ディズニーリゾートにも人気が集まっています。4月1日にスタートした名古屋のレゴランドも、東京や大阪から行きやすいこともあって人気が集まっています」(JTB広報担当者)

 これから本格的な夏休みが到来するが、日によってはまだ人気のリゾート地に行くチャンスはあるようだ。
(文=松崎隆司/経済ジャーナリスト)

関連記事(外部サイト)