ボクシング・山中慎介をKOしたネリのドーピング疑惑の闇

ボクシング・山中慎介をKOしたネリのドーピング疑惑の闇

ルイス・ネリ(山口裕朗/アフロ)

 8月15日に行われた世界ボクシング評議会(WBC)バンタム級タイトルマッチで山中慎介(帝拳)にTKO勝ちしたルイス・ネリ(メキシコ)に、ドーピングの疑いがあるというセンセーショナルな報道がなされ、ボクシングファンだけでなくスポーツ界全体がざわついている。

 WBCの発表によると、7月27日にメキシコ国内で実施された抜き打ち検査の結果、ネリに禁止薬物ジルパテロールの陽性反応があったという。ジルパテロールは筋肉増強剤としてドーピングを目的として使用された前例もある。また家畜を太らせる目的で使われることもあるため、食肉から知らずに摂取してしまう可能性も否定できない。

 WBCは、山中戦の直後に採取した検体の検査などを実施し、あらためて判断を下すという。真偽のほどが明らかになるまでには、さらに時間を要するそうだが、その結果によっては、ネリは王座剥奪や選手資格停止などの処分を科される可能性もある。

 ドーピングとは、禁止された薬物や方法を使用し、競技能力を高めることをいう。健全なスポーツマンシップに反した反社会的な不正行為である。近年、ドーピングに関する検査は非常に厳しくなっており、国際レベルのスポーツ競技でのドーピング行為は、WADA(世界アンチ・ドーピング機構)が監視している。また、日本国内では、JADA(日本アンチ・ドーピング機構)が、アンチ・ドーピング活動を推進している。

 ドーピング検査には、競技終了後に実施される競技会検査と、競技会ではないところで実施される競技会外検査がある。競技会外検査は抜き打ち検査であり、ネリのドーピング疑惑が発覚した検査もこれにあたる。違反であることが判明すれば、成績・記録の抹消、選手資格の停止、出場資格の剥奪などの制裁が科せられる。また、選手だけでなく、ドーピングに関与したスタッフなどにも制裁がある。

●ドーピングの具体例

 具体的にドーピングとは、以下のようなものがある。

・筋肉増強剤…アナボリックステロイド(Anabolic Steroid)と呼ばれるステロイド系ホルモンである。通常の食事とトレーニングでも筋肉のタンパク合成を促進し、筋肉を増大させることができる。

・持久力増強…赤血球には筋肉へ酸素を供給する働きがあるため、体内の赤血球を増やすと持久力が上がる。そこで、一時的に赤血球を増やすのが血液ドーピングだ。事前に採血し、保存しておいた自己血液を試合前に輸血する方法と、赤血球を増加させるホルモンのエリスロポエチンが使用される場合がある。

・精神をコントロールする薬…格闘技系などの場合は、興奮作用がある薬物が使用される。興奮作用により、痛みや疲労感などが鈍くなるため、パフォーマンスが向上する。また、アーチェリーなどでは、安定剤が手の震えを抑えるためなどに使用される。

・うっかりドーピング…薬やサプリメントに禁止物質が含まれていることに気付かずに服用し、ドーピング違反となってしまうことをいう。薬やサプリメントなどには、複数の成分が含まれているため注意が必要である。今回のネリのケースも、食べた肉に禁止薬物が含まれていた可能性が原因ではないかといわれている。

 しかし、もしそうだとしても、プロ意識に欠けると評価されても仕方ないところだ。一般的には、選手もサポートするスタッフも、うっかりドーピングが起きないように万全を期している。とはいえ、うっかりドーピングがたびたび起きていることも事実だ。記憶に新しいところでは、テニスのマリア・シャラポワ選手が2016年1月、全豪オープン準々決勝で退敗した際の検査で、禁止薬物のメルドニウムに陽性反応が出て国際テニス連盟(ITF)から1年3カ月の出場停止処分を受けたことだ。

 シャラポワ側は、WADAの禁止薬物リストにメルドニウムが2016年初めから新たに加わったことを忘れていたと主張し、うっかりドーピングだったことをアピールした。当初は2年間の出場停止処分を受けたが、シャラポワ側は処分の緩和を求めスポーツ仲裁裁判所(CAS)に提訴し、処分期間が短縮された経緯がある。うっかりドーピングは同情したくなる側面もあるが、処分を免れることはできない。

 今回のネリのドーピング疑惑も、違反が確定すれば王座剥奪は免れないばかりか、処分の内容によっては、山中との再戦すらも難しくなるだろう。なんとも後味の悪い事態となったことは残念だが、筆者も山中の熱烈なファンのひとりなので、再び王座に返り咲いてほしいと願うばかりだ。
(文=吉澤恵理/薬剤師)

関連記事(外部サイト)