3横綱休場にとどまらぬ大相撲九月場所の異変の数々、歴史の転換点を目撃しているのか

3横綱休場にとどまらぬ大相撲九月場所の異変の数々、歴史の転換点を目撃しているのか

「日本相撲協会」公式サイトより

 3横綱の休場という、前代未聞の「異変」で幕を開けた大相撲九月場所。ここまで大相撲を支え続けてきた白鵬や稀勢の里の不在の影響はとくに甚大で、7月に開催された先場所・名古屋場所の初日の視聴率は14.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)、5月場所は15.3%だったのに対して、九月場所は11.9%に留まっている。3横綱の休場決定後、懸賞金は200本あまりも取り下げられたとの報道もあった。 

 現場レベルとして、当日自由席の状況にも触れておきたい。当日自由席のチケットは国技館の券売所で相撲開催の当日に並べば購入できるのだが、枚数に限りがあるので人気に応じて購入可能な時間帯は変化する。ここ最近では人気が高まったせいか、平日だと朝6時30分に並んでようやく入手できるギリギリのラインだったのだが、9月場所の2日目は7時40分でもまだチケットが購入可能だったと伝え聞いている。

 世間の注目度も広告としての価値も下がったが、本命不在の九月場所は残された力士にとってはまたと無いチャンスだ。1横綱3大関の場所など、もう2度と無いかもしれない。全ての力士に優勝の可能性がある戦国場所であることから、普段とは色合いの異なる熱戦が期待された。

 だが、蓋を開けてみるとさらなる惨状が待っていた。

 2日目には大関の高安が一方的な相撲で敗れ、右太ももを負傷し休場。同じ日にはアクロバティックな相撲で人気急上昇中の宇良が車椅子で運ばれ、休場。そして5日目には同じく大関の照ノ富士の膝が限界に達し、休場(大関からの陥落が決定)。幕内では8力士が6日目までに休場している。なお、3横綱2大関の休場というのは99年ぶりの出来事であり、どれだけの「異変」かがお分かりいただけるだろう。

 これだけ休場者が増加している理由についてはさまざまな意見が出ている。たとえば大相撲人気の高まりと共に巡業数が急増して力士の負担が増したことや、力士の平均体重の増加によって怪我の危険性が高まっていること、公傷制度が無いことから力士が怪我を治すために十分に時間が取れないこと、さらに稽古の方法が多様化することに伴い四股を踏む機会が相対的に減少し、強靭な足腰が作れなくなってきていることなど、各記事によってその切り口は多種多様だ。

 そこで私としては、怪我が増えている理由のひとつとして、ここ数年どの取組も非常に激しくなってきていることを理由の一つとして挙げてみたい。

 思い出してほしいのが、6年前の出来事だ。八百長問題や野球賭博の問題、薬物問題や朝青龍が巻き起こしたさまざまのトラブルなど、大相撲界に不祥事が続き、相撲人気は地に堕ちた。当時の会場は観客がまばらで、中継では取組中にも空席に目が行く有様だった。

 力士たちはこの危機に、誰もが心を痛め、この危機に立ち上がったのである。これまであまり行われなかったファンサービスにも精を出した。ツイッターのようなSNSを始める力士も続出した。人気回復のために寸暇を惜しんで行動しだしたのである。

 だが、何よりも変わったのはその相撲内容だった。幕内の下位も、上位も、大関も横綱も、皆が激しい相撲を取るようになったのである。相撲人気の回復はファンサービスの拡充だけが理由ではなかった。故・北の湖理事長がしきりに語っていた「土俵の充実」が為され、毎場所熱戦が展開されたことから会場に観客が戻ってきたのである。

 しかし、皮肉にも土俵の充実は力士たちを蝕んでいた。大怪我をする力士が増加したのである。若手有望株は番付を駆け上がり、身体と戦略が出来ていない状態のままで上位陣と対戦し、無理が祟って怪我をするというパターンが多く見られた。怪我は持病と化し、その後も休場しやすくなってしまった。

 その最たる例が、稀勢の里と照ノ富士だ。照ノ富士は大関昇進後、稀勢の里は横綱昇進後に大怪我を負った後で強行出場を続けた。得たものも大きかったが、その結果、彼らは未だ怪我の影響を引きずり、本来の相撲が取れずにいる。

 持病型の休場と、土俵での事故型の休場。土俵の充実と共に力士たちを蝕んだ怪我が、この九月場所に爆発したのである。

 残されたただ1人の横綱:日馬富士は精彩を欠いている。1人大関:豪栄道は対照的に白星を重ねているが、上位陣との対決はまだこれから。3横綱2大関が休場した九月場所の優勝争いは混沌としているが、ここでクローズアップされるのは、大関候補の力士たちだ。

 史上3人目の幕下十枚目格付出デビューで順調に昇進し、三役に定着した御嶽海。30歳になってからのど輪に活路を見出し、見事に壁を乗り越えた玉鷲。そして、30代半ばにして突如ブレイクし、本人も大関獲りを公言している嘉風。彼らの序盤戦は一体どうだったのだろうか。

 だがここにも「異変」が生じている。結論から言うと、全員苦戦しているのである。

 御嶽海は追う立場から追われる立場になり、相撲を覚えられてきている。玉鷲は先場所の負け越しの流れからか、勢いに陰りが生じている。そして嘉風は、まさかの4連敗スタートと思わぬ苦戦を強いられている。

 勢いの力がある時は上手くいくことも、一度落ち着くと上手くいかない。彼らはこの戦国場所にタイミングが合わなかったのかもしれない。そして、優勝するにはまだ地力が足りなかったのかもしれない。御嶽海は少しずつ立て直してきているが、彼らはいずれも凌ぐ15日間になりそうである。

 では一体、この九月場所で誰が素晴らしい相撲を取っているのだろうか。実はここに九月場所最大の「異変」が生じているのである。その筆頭に挙げられるのが、阿武咲である。
 
 阿武咲と書いて「おうのしょう」と読むこの21歳は、初の上位総当たり場所で序盤から5連勝している。初日から御嶽海を、2日目で嘉風を、3日目では玉鷲を破り、大関候補3人をすべて倒している。それだけでは飽き足らず、4日目には大関:照ノ富士を、5日目には横綱:日馬富士を破り、初金星を獲得している。

 彼の魅力は思い切りの良さだ。比較的小柄だが、それを逆手に取って下から相手を突き起こす取り口で体を浮かせ、スキが出来たところでさらに突く。相手が反撃に転じると待ってましたとばかりに引き落とす。もしくはそのまま突き切る。この取り口に誰もが手を焼いているのである。

 上位総当たりとなる初めての場所であることも、今場所の阿武咲には良い方向に作用している。まだ彼の取り口に、上位陣が対策を立てられていないのである。普通こういう場所は横綱大関の相撲の前に何もさせてもらえないものなのだが、彼らが不調であるために阿武咲は自分の相撲が取れる。その結果、見慣れぬ相撲の術中に嵌っている訳である。阿武咲の活躍は、彼自身の好調と上位の不調というタイミングが重なったことも一つの要因なのだ。

 阿武咲に続く好調力士としては、北勝富士と貴景勝が挙げられる。北勝富士は照ノ富士と日馬富士を破っている。そして、貴景勝は前頭五枚目に番付を落とした場所で得意の突き押しで勝利を重ねている。

 この3力士に共通して言えるのがいずれも若手で、アマチュア時代からエリートで、大きな怪我をしていないということだ。

 阿武咲と貴景勝は21歳、北勝富士は25歳だ。そして貴景勝は中学横綱、阿武咲は貴景勝のライバルとして準優勝。そして北勝富士は高校横綱で、輝かしい経歴を引っ提げて角界入りししている。

 上位陣が怪我に苦しみ、大関候補達がつまずき、勢いのある実力派の若手力士が印象的な活躍をする、「異変」だらけの大相撲九月場所。横綱大関、大関候補の巻き返しはあるのか。若手がその勢いのまま突っ走り、「異変」は歴史を創るのか。

 もしかすると、私たちは歴史の転換点を目撃することになるのかもしれない。暗い話題が先行しているが、明るい話題も多い。多くの方が目を離している間にドラマは生まれるのかもしれない。その現場を観るか観ないかは、あなた次第である。
(文=西尾 克洋/相撲ライター) 

関連記事(外部サイト)