「沖縄の米軍基地はハワイなどに移設すべき」鳩山元首相が提言

「沖縄の米軍基地はハワイなどに移設すべき」鳩山元首相が提言

元首相の鳩山友紀夫氏

 2012年12月の政権交代から続く安倍晋三政権。9月28日の臨時国会冒頭で衆議院を解散、「消費税の使いみちの見直し」「北朝鮮問題への対応」を大義にするかたちで、電撃的に“伝家の宝刀”を抜いた。この総選挙で、日本はどう変わるのか。

 前回、前々回の記事では、元首相で東アジア共同体研究所理事長の鳩山友紀夫氏に話を聞き、アベノミクスの功罪や日中関係の重要性についてお伝えした。今回は憲法改正や分裂した民進党のゆくえ、首相時代の焦点でもあった沖縄問題について、さらに鳩山氏の話をお伝えする。

●「東アジア共同体のためには改憲も必要」

――憲法改正についてうかがいます。安倍首相も鳩山理事長も改憲論者ですが、両者には大きな違いがあります。安倍首相が掲げる9条の改正について、どう思いますか。

鳩山友紀夫氏(以下、鳩山) 確かに、私も安倍首相も憲法改正を唱えており、私は05年に『新憲法試案―尊厳ある日本を創る』(PHP研究所)を刊行しています。しかし、安倍首相の考えとは大きな相違があります。安倍首相は加憲、つまり「自衛隊の存在を憲法で明記する」ことから憲法改正を実現しようとしていますが、その狙いは国家の権限を強化しようというものです。

 一方、私は国民の権利を拡大する意味での改憲です。改憲するにあたっては、日本はどのような国家像を目指すべきかを議論することが大切です。私は、将来的に東アジア共同体をつくり、国連のような国や地域を超えた組織をつくり上げることを大きな夢として持っています。

 東アジア共同体では、EU(ヨーロッパ連合)におけるユーロのような単一通貨を発行し、将来は通貨の発行権や自衛隊などの組織も共同体に移管することを目指します。そのような東アジア共同体を実現するためには日本の国家像を変革し、また改憲も行う必要があるでしょう。

 ただし、首相というのは行政のトップであり、憲法を遵守する義務があります。その首相が「いつまでに憲法を改正する」と言うのは問題があります。私は、首相在任時は改憲の時期などについて言及することはありませんでした。

 本来であれば、国会議員一人ひとりが今の憲法について「改正すべき」「改正すべきではない」、あるいは「改正するのであればどのような内容にすべきか」について、具体的に考える必要があると思います。

●「小池都知事は首相になりたいのでは」

――民進党は9月の代表選挙で代表の座が蓮舫氏から前原誠司氏に替わり、すぐに解散総選挙になりました。

鳩山 代表が替わっても、民進党の前途は多難です。旧民主党時代、私が首相を辞任して菅直人氏に引き継いだ後、菅政権は消費税増税をうたって参議院議員選挙で過半数割れするなど敗北しました。

 その後、TPP(環太平洋経済連携協定)参加、原発再稼働、尖閣諸島の国有化などの政策を見ると、やっていることは自民党と変わりません。菅政権、野田佳彦政権は、今の安倍政権のベースをつくったといっても過言ではないでしょう。

 そのため、今の民進党は安倍政権を批判しても、それがすべて自分たちに跳ね返ってくるわけで、自民党との主張の違いを明確にすることができません。安全保障についても、前原代表は「日米同盟は重要であり、中国は現実的な脅威だ」という考えですから、自民党とほぼ一緒です。

 とはいえ、私も「日米関係は重要」という見方には賛成です。世間からは「アメリカ嫌いなのでは」と誤解されているようですが……。実際は、そんなことはありません。ただし、外交は日米だけでなく中国をはじめとする他国との連携が必要なのです。

――自民党を離党した若狭勝氏と民進党を離党した細野豪志氏が中心となって動き、代表には東京都の小池百合子知事が就任した「希望の党」については。

鳩山 新党については、やはり小池知事の存在感や知名度なくしては大きな躍進は望めません。私は、小池知事には「できれば首相になりたい」という希望があると思っています。そのため、将来的に国政に復帰する可能性もあるのではないでしょうか。

 ただ、私は小池知事の築地市場移転をめぐる対応については合点がいきません。どう考えても、汚染された土壌の上に生鮮食品を並べるというのは想像できないからです。一部の政党の勢力によって、現在のような対応になったと聞いていますが、今でも築地に戻ることを期待しています。

 今は野党勢力が頼りないため、小池知事に期待する部分も大きいです。ただ、沖縄にとっては絶望しかありません。米軍基地の辺野古移設を決定した当時の防衛大臣が小池知事ですから。

●「安倍政権の沖縄への姿勢は許しがたい」

――その沖縄については、国と県の対立が先鋭化しています。現在の状況をどう見ていますか。

鳩山 私は辺野古移設問題の責任を取るかたちで首相を辞任しましたが、「最低でも県外」という沖縄に寄り添う政治は、今でも正しいと考えています。その一方で、辺野古を埋め立て、自然環境を破壊している安倍政権、特に菅義偉官房長官の姿勢は、沖縄の意向をまったく無視しています。

 また、高江のヘリパッド問題も同様です。6つのヘリパッドがオスプレイ用に新設されることで、かなりのスペースが奪われます。ベトナム戦当時、高江は襲撃訓練用の「ベトナム村」で住民役をさせられるなど、常に戦争の訓練に巻き込まれてきました。住民から「我々はいつまで標的にされるのか」という声が上がっていますが、大変許しがたい行為です。

――旧民主党政権下で川内博史議員(当時)はテニアン島の関係者と会い、「テニアン移設も十分に実現可能」との見解を示しました。「テニアン移設案を、もう少し慎重に検討していれば」という思いもあるのではないでしょうか。

鳩山 辺野古移設が唯一の案ではありません。テニアンやハワイなどの選択肢を考慮すれば、辺野古に大きな基地を建設する必要はないでしょう。確かにテニアン案をもう少し重視すればよかったのかもしれませんが、当時は時間的な問題もあって十分に検討できず、悔いが残っています。今からでも、テニアンやハワイなどの地域に移設するという案は検討されるべきだと思います。

●「安倍首相は“友愛”の精神で外交を」

――2013年3月に東アジア共同体研究所を設立し、理事長に就任しています。同所はどのような組織ですか。

鳩山 研究は行動で示し、実践に移していきます。日中韓を中心に連携を深め、お互いに友愛の精神で仲良くする環境を整えるための研究をします。出版などの事業を行うほか、多くのアジアの国を訪問し、東アジア共同体の実現に向かって歩んでいきます。

 東アジア共同体を実現するにあたっては、沖縄に会議体を常設したいと考えています。また、今年で3回目になる「アジア麺ロード」を11月に沖縄で開催します。アジアには、ラーメン、そば、うどん、フォー、担々麺など、実にさまざまな麺があり、その違いや共通性を楽しむイベントです。沖縄にも、ソーキそばがありますね。

――鳩山理事長の代名詞といえば、「友愛」です。しかし、現実の社会は「憎悪」が蔓延している状態です。今こそ、世界の人々に「友愛」の精神を説いていくべきではないでしょうか。

鳩山 「友愛」とは、まず自分の尊厳を尊び、相手の価値観も尊重しつつ、価値観の違う人、国、民族を排除しないという精神です。安倍政権は「価値観外交」と称して“中国包囲網”ともいえる外交を展開していますが、「価値観の異なる人や国とも、対話することで問題を解決しよう」という信念が、今こそ必要です。

 ドナルド・トランプ大統領や安倍首相には、「友愛」の精神で外交を進めてほしいと思います。これは、日本やアメリカだけでなく世界に共通する理念であり、必要不可欠な精神です。

――ありがとうございました。
(構成=長井雄一朗/ライター)

関連記事(外部サイト)