プロ野球審判員はなんでも知っている…1試合で数球は判定ミス、試合中に監督が采配を相談

--「現象の裏にある本質を描く」をモットーに、「企業経営」「ビジネス現場とヒト」をテーマにした企画や著作も多数あるジャーナリスト・経営コンサルタントの高井尚之氏が、経営側だけでなく、商品の製作現場レベルの視点を織り交ぜて人気商品の裏側を解説する。--

 プロ野球のSMBC日本シリーズやMLB(米大リーグ)のワールドシリーズが始まった。野球は、今年も数多くの試合でファンを一喜一憂させたが、最後の大詰めを迎えている。

 そうした試合の進行を担うのは、野球審判員だ。プロ野球から社会人野球、大学野球、高校野球、少年野球、さらには一般人が行う草野球でも、審判員がいて初めて試合が成立する。

 その中で今回は、国内野球の最高峰・プロ野球の審判員に焦点を当て、審判員の目を通した「試合」について紹介したい。

 話を聞いた審判員は、平林岳氏だ。かつてNPB(日本野球機構)に所属するパシフィック・リーグの審判員を9年務め、米国3A(トリプルA)でも審判員を務めた同氏は「もっともMLBに近づいた日本人審判」だ。2012年からはNPBの審判技術委員を務める。主な役割は、若手審判員の指導育成だ。取材前日まで、宮崎県で行われた教育リーグに帯同し、試合を進行する審判員の判定を見て、アドバイスをしたという。

 日米両方でキャリアを積んだ平林氏の経歴も興味深いので、こちらも後述する。野球に興味のない人はキャリアづくりの参考として、特定のチームに思い入れがあるプロ野球ファンはビジネス記事(スポーツビジネス)の視点でお読みいただきたい。

●監督よりも「投手の代え時」がわかる理由

「審判員は、ストライク/ボールの判定が中心の『球審』、アウトやセーフの判定をする『塁審』で役割が違いますが、共通するのは『試合球であるボールを見続ける』こと。たとえば、レフト線やライト線上のフライで、打球の捕球位置がファウルかフェアかの判定のため、打球を追う外野手中心に見ることはありますが、目線の基本は試合球です」(平林氏)

 試合球として使うボールは、新品の下ろしたては使わない。表面に塗られているロウを落とし、滑りを抑え、光沢を消して使い勝手をよくするために「こねる」のだ。MLBではミシシッピ川の土をまぶすといわれ、NPBでは砂をまぶすという。

 投球の判定は、「人間が判定する以上、プロの審判でもミスはあります。どちらのチームに有利などの私情ではなく、瞬時の判断ミスです」と話す平林氏は、こう続ける。

「特に微妙なコースについては、1試合に数球は判定ミスがあるでしょう。ただし、プロである以上、緊迫した場面ほど正確性が求められます。試合終盤の8回や9回で、二死満塁・一打逆転の場面など、勝敗を左右するシーンでの誤審は大問題となります」(同)

 一般に、審判員の技術向上の近道は「数多くの試合を担当すること」だといわれる。プロ野球の審判も、トップレベルの試合を担当することで経験値を積む。

「先発投手など、長いイニングを投げた『投手の代え時』は、球審が一番わかります。それまでに比べてボールの伸びやキレが落ちるのです。たとえ球速を計るスピードガンの数字が変わらなくても、マスク越しに判定していると感覚的にわかります」(同)

 監督によっては球審に、「そろそろ代え時かね?」と相談する人もいるそうだ。その時は答えないが、投手を代えてうまくいった後に話しかけられれば、「あの交代は監督、正しかったですよ」と答えることもあるそうだ。

●試合に対する、日米「意識」の違い

 日米両国で審判員経験を持つ平林氏は、野球や試合に対する「日米の違い」にも詳しい。「米国がなんでも優れているわけではないが」と前置きし、次のように話す。

「勝ち負けにこだわり『勝利至上主義』の一面もある日本に比べて、米国は『マナー』の精神を重視します。大リーグの試合で『大きな得点差がついている時、勝っているチームはバントや盗塁をしない』のは、マナーに基づいています。日本の審判は、判定の正確性は高いですが、ゲームコントロールの視点では米国に一日の長があります」(同)

 今年は野球ファンの間で論議を呼んだ、埼玉西武ライオンズのエース、菊池雄星投手の
二段モーション問題(日本野球規則では反則)があった。平林氏は、「二段モーションは、日本では正しくない投球動作なので、日本の審判はルールに基づいてきちんと判定します」と説明する。一方、米国ではそのルールが異なっている。

 一般人でも気軽に動画が撮影できる現在は、かなり以前の試合でも動画サイトへの投稿で判定が論評されるケースも多い。一方で、それが審判員の技術向上につながったという。

「プレッシャーもありますが、自分の判定を録画し、試合後すぐに確認できるメリットもある。昔に比べて技術水準も上がりました。大リーグは試合中に、微妙な判定をビデオで確認する『チャレンジ』が導入されてから精度も上がり、日本のレベルに近づいています」(同)

 選手や監督から抗議を受けて対応すれば、試合が中断し、試合時間も間延びする。2012年以降のプロ野球では、5分を超える抗議は「遅延行為」として退場処分にもなる。

古くからの野球ファンの間で語り草となっている「1978年の日本シリーズでの判定をめぐる猛抗議で、1時間19分の中断」といったケースは現在ではありえない。米国は抗議数も多いが、抗議を受けたら即退場にできるなど審判の権限が強い。

●野球人口の底辺を広げて、改革したい

「MLBの審判員になれなかったのは今でも悔しい」と語る、平林氏の経歴も紹介しよう。

 兵庫県生まれで、育ったのは千葉県我孫子市だ。中学2年で選手としての限界を悟るが、好きな野球に関わりたい気持ちは強く、「一緒に試合に関われる」審判員に行き着いたという。国学院大学在学中に、プロ野球審判員とも交流のある「神宮外苑審判協会」(現外苑審判倶楽部)を訪ね、本格的に審判員としての活動を始め、試合経験を積んだ。卒業後、セ・パ両リーグの審判テストを受けたが、裸眼視力が規程に満たず不合格となる。

 そこから渡米して審判育成の専門学校で学び、日本人初の米国野球審判員となる。その経験が認められてパ・リーグにスカウトされ、1994〜2002年まで審判員を務めた。98年には鳴り物入りで入団した松坂大輔投手(当時西武)のデビュー戦の球審も担当した。その後、レベルアップをめざして自ら退局。再渡米してマイナーリーグの1Aから2A、3Aとステップアップし、MLBのオープン戦の球審も務めたが、メジャー昇格寸前で解雇された。だが、再び日本球界がその知見を評価し、NPBの審判技術委員となった “逆輸入型”審判だ。

 そんな平林氏が気になるのは、国内人口減少の数倍の早さで進む「競技人口の減少」だ。

「少年野球では指導者の勝利至上主義も問題です。試合に出られなかったり、厳しい指導が嫌だったりする子は辞めてしまう。少年たちには、野球の楽しさを伝えてほしい。また、サッカーに比べて『プロとアマの壁』があり、自由に交流できない。これは審判も同じで、我々プロ野球に属する審判員は、アマチュア野球の審判員をすることはできません」(同)

 そのための改革活動も行う一方、審判員に興味を持つ学生にはこんなアドバイスを送る。

「高校3年生や大学4年生は、卒業後に競技を続ける選手以外は別の道を模索します。野球が好きなら、草野球を続けながら審判員をする手もあります。アマチュア野球の審判なら、ほかに仕事を持ちながら続けられますし、審判員同士はプロ・アマ交流も盛んです」(同)

 スポーツ団体も一般企業も、チーム(会社)同士は競い合うが、業界全体では共存共栄しないと、その市場が縮小して、結果的に活躍の機会を失うことになる。近江商人の三原則ではないが、どんな活動も「自分よし、相手よし、世間よし」なのだ。
(文=高井尚之/経済ジャーナリスト・経営コンサルタント)


高井 尚之(たかい・なおゆき/経済ジャーナリスト・経営コンサルタント)
1962年生まれ。(株)日本実業出版社の編集者、花王(株)情報作成部・企画ライターを経て2004年から現職。出版社とメーカーでの組織人経験を生かし、大企業・中小企業の経営者や幹部の取材をし続ける。足で稼いだ企業事例の分析は、講演・セミナーでも好評を博す。10月28日に『20年続く人気カフェづくりの本』(プレジデント社)が上梓される。これ以外に『なぜ、コメダ珈琲店はいつも行列なのか?』(同)、『「解」は己の中にあり』(講談社)など、著書多数。

https://www.amazon.co.jp/dp/4833422506

関連記事(外部サイト)