宇宙に長期滞在した宇宙飛行士に脳の隙間が小さくなったり脳が上にずれる異変も

記事まとめ

  • 宇宙飛行士の野口聡一氏が2019年から国際宇宙ステーションに長期滞在すると発表された
  • しかし、宇宙空間は過酷で骨や筋肉の減退、放射線リスクなど、多くの課題があるという
  • 宇宙に長期滞在した飛行士に脳の隙間が小さくなったり脳が上にずれる異変もあるらしい

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております