サンリオが迷走で経営悪化 社長は56年間君臨しており、孫への世襲も明確に

記事まとめ

  • サンリオが18年3月期の業績予想を下方修正し、3年連続の最終減益となる見通しである
  • 13年11月19日、辻邦彦副社長が急性心不全のため死去したことで迷走が始まったらしい
  • 現在、辻信太郎氏が社長の座に56年間君臨しており、孫への世襲も明確になったという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております