結婚式の平均費用は○○万円!仲人スタイルは1%以下まで減少

結婚式の平均費用は○○万円!仲人スタイルは1%以下まで減少

「ゼクシィ」編集長の平山彩子氏

「結婚しなくても幸せになれるこの時代に、私は、あなたと結婚したいのです」――。

 総合結婚情報誌「ゼクシィ」(企画・制作:リクルートマーケティングパートナーズ)が結婚の意義を問いかけるようなこのCMは、大きな反響を呼んだ。今、50歳まで一度も結婚をしたことがない人の割合を示す生涯未婚率が過去最高を記録し、結婚や結婚式のあり方も多様化している。

 そんな時代に、「ゼクシィ」はどのような戦略を描くのか。編集長の平山彩子氏に話を聞いた。

●「“結婚”という選択の押し付けはしない」

――「ゼクシィ」が「結婚しなくても幸せになれる……」とうたうCMは話題になりました。どのような反響がありましたか。

平山彩子氏(以下、平山) 9割が好意的な反応でした。このCMでは、「結婚の決断は自由であり、好きな相手と結婚することは、ただまっすぐに幸せなことである」ということを伝えたかったのです。そうしたコンセプトのCMに対して、「あらためて共感した」という声をいただきました。

――生涯未婚率が年々上昇している時代に、「ゼクシィ」はどのような戦略を採るのでしょうか。

平山 昔は結婚するのが普通の人生でした。しかし、これからは「結婚するか、しないか」という軸よりも、「自分にとって大切な人と一緒にいられるか」という軸が広まっていくと思っています。「ゼクシィ」としては、年齢で考えるのではなく、そうした考え方を伝えていきたいと思っています。一方で、生涯未婚率や婚姻率などの数字の変化にも注目しています。

 そこで、「ゼクシィ」ブランドを生かして、2014年12月に恋活サービスの「ゼクシィ恋結び」、15年に婚活サービスの「ゼクシィ縁結び」をスタートさせ、出会いのサポートや結婚式の魅力の提供にも注力しています。同時に、「結婚」という選択を押し付けるのではなく、「結婚の良さ」「誰かと共に暮らすことのすばらしさ」などをお伝えしていきます。

――結婚のあり方も、多種多様になっていくということですね。

平山 そうとも捉えることができるかもしれません。夫婦が同居する従来の結婚だけではなく、同居しない「別居婚」、なんらかの事情で週末のみ生活を共にする「週末婚」、入籍せずに夫婦同士で取り決めを行う「事実婚」などの形態もあります。グローバル化によってワールドワイドの仕事も珍しくなくなった今、結婚の形態は多様化しています。

 このほか、お互いのキャリアを生かして結婚後に起業する夫婦もいらっしゃいました。結婚を機に、お互いをビジネスパートナーとしても認め合い、仕事の面でも新たな一歩を踏み出すという事例です。夫婦の働き方も多岐にわたっており、夫が家事を行い、妻が外で働くというケースもあります。

 あらゆる夫婦の「結婚」に寄り添いながら、さまざまな結婚のかたちをシェアするのも「ゼクシィ」の役割だと思っています。

●自由な発想の「ありのまま婚」、なぜブームに?

――結婚式については、従来の型にこだわらず2人らしく過ごす「ありのまま婚」が増えているようですね。

平山 昔は「結婚は家同士の結びつきであり、結婚して一人前」という側面がありましたよね。そのため、披露宴を行ってゲストをおもてなしするというかたちが一般的でした。

 必然的に、結婚式では「退屈させない」「感動させる」という面が重視されて、新郎新婦は、場合によっては背伸びするかたちで「いつもと違う2人の顔」を見せることが多かったのではないかと推測します。

 しかし、今は「自然体の自分たちを知ってもらおう」「そんな2人の結婚をゲストに応援・祝福してもらおう」という「ありのまま婚」が増えているのだと捉えています。

――「ありのまま婚」の先には、何があるのでしょうか。

平山 結婚式のトレンドは、時代性と世代性によってゆるやかに変化します。今後については、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)などのメディア利用に注目しています。SNSによって、コミュニティが変化しているからです。

 たとえば、テニスが好きな人はSNSを通じてテニスのコミュニティに属し、バンドが好きな人は同様にSNSでバンド好きを探す。そうなると、結婚式の時間の使い方が変化してきます。最初は親族だけで食事会、次に家族と友人を交えた式、その後に趣味仲間などとのパーティー……といった具合です。

 職場、親族、友人というくくりでゲストを招待される方が多いのですが、今後はさまざまなコミュニティの仲間たちも加わり、バラエティ豊かになっていくのではないでしょうか。

――そうなると、新郎新婦以外の参加者の意識も変わっていきそうですね。

平山 昔であれば「ありのまま婚」のようなスタイルはなかなか受け入れられなかったかもしれませんが、今は社会全体が許容する雰囲気になっていて、「みんなで楽しもう」という方向になっています。「ありのまま婚」が普及したのは、そういった背景も影響しているのでしょう。

 たとえば、昔は新婦以外は白い服を着るのはNGでした。「花嫁の白を際立たせる」という配慮からでしたが、花嫁自らがゲストにドレスコードとして「白」を指定する事例も出てきています。今までマナーやしきたりとしてNGとされてきたことも、これからは受け入れられていくのではないでしょうか。

 たとえば、バンドのコミュニティの友人たちが演奏することで、本人たちも心地良く、ゲストの方々も一体となって楽しむことができる。結婚式は、そうした場になりつつあります。

 今、「続・ありのまま婚」として3つのキーワードを挙げています。「ことば」「見ため」「足跡」です。誓いの言葉を親御さんに考えてもらったり、ゲストも居心地の良いラフな服装で参加したり、駅員の方であれば駅で挙式したり……。申し上げているように、「儀式」や「しきたり」といった意識は薄れており、ありのままの“今”の2人が結婚を誓い合えることが大事になってきています。

●結婚式の平均費用は約354万円

――そうした傾向は、データにも表れていますか。

平山 弊社の調査では、「結婚式は『ふたりの誓いを立てる場』である」という問いに対する「思う」が、12年の84%から17年は86.1%に増えています。「結婚式は『人生を振り返り、自分の生き方を再認識する場』である」という問いには、「思う」が15年の63.9%から17年には68.5%に上昇しています。

 昔と比べて、結婚式は「夫婦になることをお披露目する」ではなく、「夫婦としての2人らしい姿を感じてもらう場」「2人にとってどういう場であるか」という意識が強くなっています。今は、仲人を立てる結婚式は全体の1%に達しません。

――結婚式の費用面についてはいかがでしょうか。

平山 挙式・披露宴・披露パーティー総額の平均は354.8万円です。ただ、バラつきがあり、平均の2倍以上かける方もいれば半分の方もいるため、ボリュームゾーンが増えています。

――もっとも多いのは九州の379万4000円ですが、なぜでしょうか。

平山 招待客の全国平均は約70名ですが、九州は100名です。エリアによって違いますが、九州はほかの地域と比較して、より多くのゲストを招待する慣習があるからではないでしょうか。

●「ゼクシィ」が描くビジョンとは?

――自治体と連携した「届け出挙式」も広まっていますね。

平山 昔は入籍と挙式は同日あるいは翌日ぐらいのイメージでしたが、今は結婚式の前に入籍するケースが約8割です。婚姻届もいろいろな種類があり、「ゼクシィ」では独自の婚姻届も用意しています。

「届け出挙式」を行った方からは、「2人が落ち着いたら、ゲストを呼んで正式な結婚式ができればいいね」という声もあります。「ゼクシィ」は自治体と協力して、夫婦となる2人を応援していきます。

――「ゼクシィ」の今後のあり方について、どんなビジョンを描いていますか。

平山 結婚や結婚式というのは、みんなで楽しみを共有する機会ですが、大変なこともあり、悩むことも少なくありません。「ゼクシィ」が、結婚や結婚式の価値を伝えつつ、夫婦となる2人に寄り添い、応援していく媒体であることに変わりはありません。この道をまっすぐに進んでいきたいと考えています。
(構成=長井雄一朗/ライター)

関連記事(外部サイト)