中国、民主化のうねり始動…北京大学、習近平「独裁体制」批判が相次ぐ

北京大学に習近平氏を激しく批判する壁新聞 インテリ層中心に習氏独裁への警戒高まる

記事まとめ

  • 中国の名門、北京大学に習近平氏を激しく批判する壁新聞が貼られていたことが分かった
  • 毛沢東主席と同じく個人崇拝を大々的に行い、権力を私物化しているといった内容
  • 毛筆で書かれており、北京大学の卒業生で、今年73歳の樊立勤氏の署名が記されていた

中国、民主化のうねり始動…北京大学、習近平「独裁体制」批判が相次ぐ

中国、民主化のうねり始動…北京大学、習近平「独裁体制」批判が相次ぐ

提供:KNS/KCNA/AFP/アフロ

 中国の名門校、北京大学では5月4日、習近平国家主席も出席して開学120周年記念式典が行われた。ところが、この慶祝行事を台なしにしようと狙ったかのように、北京大学のキャンパスの一角で習氏について「毛沢東主席と同じく、個人崇拝を大々的に行い、自分の名前を憲法や中国共産党の党章に書き加えて、自らを美化するとともに、憲法の規定を修正して国家主席の任期を廃止するなど、権力を私物化している」などと激しく批判する計24枚もの壁新聞が張られたことが明らかになった。

 壁新聞は4日午前11時頃、もともとは20年以上も前に壁新聞などの掲示板があった「三角地帯」に貼られたが、学内を巡視していた監視員が発見し、掲示されてから10分後に撤去されたという。

 中国では香港や海外のメディアを通じて、インテリ層を中心に習氏独裁への警戒が高まっていると伝えられるが、中国内で公然と習氏を批判する壁新聞が登場したことがわかったのは初めてだ。米政府系報道機関「ラジオ・フリー・アジア(RFA)」が北京発で報じた。

 この壁新聞は「党章を維持し、中国は絶対に個人崇拝に反対して、憲法を堅守し、国家指導者は必ず任期制を実行しなければならない」と題するもので、全文が毛筆で書かれており、北京大学生物学科の卒業生で、今年73歳の樊立勤氏の署名が記されていた。その内容の概要は以下のようなものである。

「毛沢東は個人崇拝を推進したことで、無数の中国人民を何回も動乱の中に追い落として大きな被害を与えた。同時に、人民民主や党内民主といった制度を破壊してしまった。この結果、科学思想や学術的な研究などに大きな打撃を与え、国家の綱紀は糞尿にまみれ社会すべてを恐怖の底に陥れたのである。民衆は頼るべきものを失い、食事も満足にできず、数千万人もの人民が餓死し、ついに毛沢東が死去した時には経済状態は全面的に崩壊していたのである」

「習近平は個人崇拝を大々的に行おうとしている。毛沢東と同じく、歴史の悲劇は繰り返され、国家は文化大革命時代と同様、バラバラに分裂する可能性がある。人々はもっとも警戒すべきであろう」

●北京大学の変節と、言論統制の強化

 このような過激な文章を書いた樊氏とは、どのような人物だろうか。樊氏をよく知る北京大学出身者で、在米の中国人民主化運動指導者でもあり、中国の政治問題を論じている華字月刊誌「北京の春」の元編集長、胡平・名誉主幹は次のように語っている。

「私は1980年代、彼と親交があった。彼は北京大学に在学中だった文革時代に毛沢東主席に反対したことで、両足を失うなどの迫害を受けたが、文革後、北京大学に復学し、民主化運動に携わった闘士だ。1980年代に北京大学がある北京市海淀区の人民代表選挙(東京都の区議選に相当)に出馬したことがある。その際に彼は学生に、『中国共産党に入党したほうがよい。入党して、言論出版の自由を主張し、わが国の改革を進展させようではないか』と主張していた。いまも民主化の実現を目指して闘っている」

 RFAは壁新聞の情報を入手後の5月7日、北京大学に電話取材したところ、電話に出た職員は「はっきりとわからない」とか「そんなことは、まったく知らない」と答えたというが、これについて、胡氏はこう指摘する。

「北京大学は伝統的に個人の意見を尊重することで知られ、文革時代や天安門事件当時でも壁新聞がはがされるということは、ほとんどなかった。今は10分で撤去されるほど、言論統制が厳しくなっていることがよくわわる」

 また、1989年の天安門事件のきっかけとなった同年春の民主化要求運動の指導者だった王丹氏は、次のように指摘している。

「中国の民主化運動はこの30年間、当局によって抑えつけられてきたが、この4月から5月にかけて、北京大学の女子学生にセクハラを働いていた大学教授を糾弾する壁新聞や、今回の樊氏の習氏批判の壁新聞など現体制を批判する動きが表面化してきた。私は中国社会の大きな変化だと思う。習氏が憲法を修正するなどの動きなどについて、社会的な不満が噴き出し始めており、今後民主化実現への大きなうねりに発展することも考えられる」

(文=相馬勝/ジャーナリスト)

関連記事(外部サイト)