日大職員「うちの子は他大学へ」…日大と附属高校の学生に退学・転校の動きも

日大職員「うちの子は他大学へ」…日大と附属高校の学生に退学・転校の動きも

記者会見を行う日本大学の大塚吉兵衛学長(写真:日刊現代/アフロ)

 日本大学アメリカンフットボール部の問題が収束する気配を見せないどころか、社会問題にまで発展している。

 5月27日には、悪質タックルでケガを負った関西学院大学の選手が復帰した。その前日には関学大が記者会見を開き、日大からの再回答書について「真実とは思えない」と批判し、定期戦の中止を発表した。

 日大は25日に大塚吉兵衛学長が会見で謝罪したが、関東学生アメリカンフットボール連盟の規律委員会は内田正人前監督と井上奨前コーチ、日大アメフト部に対して厳しい処分を科す方針だ。

●附属高校のおかげで苦労を知らない日大経営陣

 日大は系列に幼稚園から大学院までを抱える巨大学校法人である。大学だけでも教職員の数は4000人を超える。商社でいえば、4000人というのは丸紅や伊藤忠商事の規模にあたり、日本の一流企業と肩を並べるほどの人員を抱えていることになる。

 生徒数は大学だけでも7万人超。7万人の学生の教育を担っているということは、その一人ひとりの将来をも担っているということだ。そのような組織の経営陣が、事の重大さを理解しているとは思えない対応を繰り返している。一般企業であれば、そんな感覚の組織は存続すら危ぶまれるだろう。

「日大は附属高校があるから、そこにあぐらをかいているんです」と言うのは、日大の職員だ。人口減少が進んでも、附属高校があるため大学は「最低限の学生数を確保できる」と踏んでいるという。附属高校の生徒数は、約2万9000人。そのうち1割がほかの大学に進学したとしても、約2万6000人は確保できる。少子化の今、日大は“鉄壁のピラミッド”を築いているといえるわけだ。

「経営陣が何も苦労せずにふんぞり返っていられるのは、附属高校のおかげ。現場で生徒と向き合っている教職員のことは完全に置き去りで、保護者からの意見やクレームについても、経営陣は真摯に対応してくれません。その時点で『学生のことなんて、どうでもいいのかもしれない』と感じてしまいます。うちの子は、ほかの大学に行っています」(日大職員)

 ちなみに、日大の田中英壽理事長は相撲部の総監督である。日大の経済学部出身ではあるが、修士号も博士号も持っていない。内田前監督も、職員であって教員ではない。それでも、2人とも巨大教育機関で経営のトップにのぼりつめている。そんな2人に共通点があるとすれば、「日大以外の社会を知らない」ということではないだろうか。今回の騒動を見るにつけ、「井の中の蛙大海を知らず」という言葉が自然と口をつく。

●退学届を準備…現役日大生や保護者が怒りの告発

「今3年生なんですけど、まだ受験は間に合うでしょうか」と言う女性は、息子を日大の附属高校に通わせている。今回の騒動が起きるまでは、「当然、そのまま大学は日大」と思っていた。しかし、今は完全に心変わりしているという。

「うちの子は高校で運動部に入っています。一般入試だったので寮に入っているわけではありませんが、『自分で考える』といったことは禁止されているような感じです」(日大附属高校生の母親)

「顧問は神様」「上級生は絶対」――日大では、附属高校でもそんな雰囲気がまかり通っているらしい。「自分で考えて行動しろ」と言われて、本当に自分の体力に合わせたトレーニングをすると、すぐに鉄拳制裁だという。

「でも、日大OBの夫は『部活動なんてそんなものだ』と言うし、本人も『辞める』と言わないから、いいんだと思っていました。ただ、お正月に部活はないのに『初詣はチームで行く』ということになって、休みなのに家族より部活を優先させられるのは、ちょっとおかしいと思っていました。でも、そうしないと、実力があってもレギュラーには選ばれないんだそうです」(同)

 抱いた疑問は膨れ上がり、ひとつの決断に至った。

「息子は日大には行かせません。だって、生徒を守ってくれないんでしょ? 高い授業料を取って、そんなのね……日大のイメージが悪いので、就職にも影響しそうですし。ほかの大学を受験させて、運動部には入れさせない。それが、母親としての気持ちです」(同)

 この女性は、そう言って席を立った。

「まだ入学したばかりだから、『今のうちに転校できないか』って考えています」と語るのは、日大の附属高校に娘を通わせる母親である。

 運動部に所属しているわけではないが、「日大には行かせたくない。大学があれなんだから、附属もそうなのでは?」と考え始めたという。そして、当の娘も「日大っていうのが嫌」と言い出しているようだ。合格したときは家族旅行をするほど喜んでいたが、今では「日大の制服を着たくない」とこぼしているという。

 発端は大学のひとつの運動部が起こした騒動だが、大きな組織だけに、その余波は末端にまで及んでいるようだ。

 取材を進めるなかで、退学届を準備している現役の日大生もいた。提出はしていないが、入学してまだ2カ月なので「今ならやり直しがきく」と考えているという。

「結局、『学生なんて代えのきく人形』と思っているのがはっきりわかりましたよね。そんな大学で学ぶことって、ないような気がします。関学は監督もディレクターも、そして被害者の親も、学生の盾や防波堤になって必死に守っているのが伝わってきます。この差は歴然で、唖然としました。いっそのこと、関学を受け直そうかと思っています」(日大生)

 内田前監督と井上前コーチの会見では司会者が「(日大のブランドは)落ちません」と言い放ったが、マンモス校の矜持は内部から崩壊し始めている。

●「体育会系は就職に有利」が崩壊?

 日大に限らず、これまで「体育会系の学生は就職に有利」といわれてきた。しかし、金融系企業の人事担当者に聞くと、「そんなに甘くない」と即答された。

「確かに、体育会系は体力もあるし、チームワークも身についています。ただ、私たちがほしいのは即戦力とスピード感。そうなると、体育会系のなかでも、特に自分でゲームメイクができる人材ということになります」(人事担当者)

「監督の指示であればルールを破っても仕方ない」という精神では、コンプライアンスに違反する可能性がある。また、緊急時に上司の命令や判断を待っているようでは、大事なビジネスチャンスを逃す可能性がある。そのため、ある程度の判断力を有していないと務まらない。それが、今のビジネスの現場なのである。

「もちろん、日大のアメフト部員は自分で判断できる能力を備えているでしょう。でも、ときに『監督の言うことには絶対に従う、たとえルールを破ってでも』という思考に至ることもあるかもしれない。現役の部員が今度どう行動するか、大学は守ってくれないので、そこでどう判断するのか……注目している企業の人事担当者は少なくないと思いますよ」(同)

 3年前のラグビーワールドカップ。日本は当時世界ランク4位だった南アフリカに勝利し、「史上最大のジャイアントキリング」といわれた。試合終盤、選手たちはエディー・ジョーンズヘッドコーチの指示に背いて逆転を狙いにいき、実際に大番狂わせを成し遂げた。今の企業が求めているのは、体育会系のなかでも、そうした戦況に合わせた素早い判断力を持つ人材なのかもしれない。

●「一度、つぶれてしまえばいいんです」

 今回の騒動が日大のイメージを大きく損なっていることについて、異論を挟む人は少ないだろう。では、日大出身者はどう見ているのか。

「一度、つぶれてしまえばいいんです。そうしないと、誰のための大学か、経営陣も理解しないのではないでしょうか」

 これは、日大を卒業して事業を興している男性の言葉だ。最初の頃は「内田さんは理事長のお気に入りだからね」程度にしか受け取っていなかったが、言い逃れに終始し反省の色を見せない経営陣の姿勢に、今や憤りは爆発寸前だという。

「経営陣がどんなに自分の身を守りたいと思っていても、それは日大が存在してこそでしょう。それすらわからないバカ者たちということです。生徒ひとり守れない組織が全体を防衛できるわけがない。もう、私のまわりの日大OBはそれくらい怒っています」(日大OB)

 幼稚園から大学院までを合わせると、日大グループの生徒数は11万5000人を超える。確かに、この騒動で日大のイメージは地に堕ちた。しかし、在校生のことを第一に考え、今からでも正しい対応と真摯な姿勢を示せば、まだ間に合うかもしれない。
(文=編集部)

関連記事(外部サイト)