オンライン学習の見放題「スタディサプリ」がTOEICや難関大学受験で驚異的成果を生む理由

オンライン学習の見放題「スタディサプリ」がTOEICや難関大学受験で驚異的成果を生む理由

リクルートマーケティングパートナーズの田久保健太氏(左)と五月女良平氏(右)

「神授業、見放題。」のキャッチコピーで知られる「スタディサプリ」。主に小学生から大学受験生までが利用する、オンライン学習サービスだ。一方で、実は学生だけではなく社会人の英語学習でも高い成果を挙げている。そして今、オンラインでありながらコーチングを導入したことでも注目されている。

 今や、企業や組織では対話によって自己実現や目標達成を図るコーチングの技術が幅広く活用されている。「スタディサプリ」を運営するリクルートマーケティングパートナーズを含めたリクルートグループにおいても、コーチングは文化として浸透し社員の成長を促進しているという。

「スタディサプリ」では、三日坊主になりがちなオンライン学習をコーチによるきめ細かいアドバイスや指導で支え、大学受験合格やTOEICのスコアアップにつなげている。

 なぜ、オンライン学習でのコーチングが成功しているのか。「スタディサプリ大学受験講座 合格特訓コース」を担当する田久保健太氏と「スタディサプリ ENGLISH」を担当する五月女良平氏に話を聞いた。

●コーチングで「三日坊主」脱却へ

――「スタディサプリ」の「大学受験講座」と「ENGLISH」の概要について、教えてください。

田久保健太氏(以下、田久保) 月額980円でオンラインで小学校4年から大学受験までの動画見放題のベーシックコースに、追加で志望校合格までの学習プランとオンラインコーチングがセットになったサービスです。やはり、動画授業を見ても、自分自身で学習するモチベーションがなければ続きません。そこで、現役大学生がチャットでサポートしてコーチングを行います。

五月女良平氏(以下、五月女) 英語学習の「スタディサプリENGLISH」では、日常英会話やTOEICをスマホやパソコンで学習できます。3月からは、オンラインのTOEIC学習でコーチが伴走する「パーソナルコーチプラン」の提供を開始しました。これも、オンラインで担当コーチが徹底的に伴走するというものです。

 ユーザーは30〜40代が多いです。英語学習に限りませんが、三日坊主に終わってしまうケースが少なくありません。そこで、TOEICのハイスコアを持つコーチが一人ひとりの課題を特定し、設定したゴールに向けて効果的な学習プランニングを行います。また、日々の学習を「音声通話」「チャット機能」などを通じて徹底的にサポートします。

――なぜ今、コーチング機能を導入したのでしょうか。

田久保 学習に限らずオンラインで完結するサービスが増えてきましたが、課題やモチベーションは人それぞれ。コーチングで行動促進を図る施策は有効だと考えます。学習のように期限と目標があるものであれば、期限内の目標達成に寄与します。

五月女 ひとりで行う通信教育では、教材だけがたまってしまいまったく進まない。それは、私自身も経験があります。そこでコーチが伴走することにより、学習継続の効果が得られます。英語であれば、週1時間の英会話教室に通うだけでは英語力は伸びにくい。やはり、自分から学ぶ姿勢と時間が必要であり、そこにコーチが介在することで英語力の伸びにつながるでしょう。

――具体的には、どのようなコーチングを行っているのでしょうか。

田久保 大学受験と英語学習では違う部分もありますが、基本的には継続の支援と学習のストッパーになる要因の排除です。継続の支援は、目標および短期での達成方法を明確にし、コーチと生徒が一緒に階段を登っていきます。

 また、受験生は周囲の状況や模試の結果などですぐに自信をなくしたり、プライベートでの悩みが学習の妨げになったりすることがあります。コーチはユーザーと年齢が近く、受験を経験してきた大学生なので、悩んでいるときには徹底的に話を聞いたり自分の経験を伝えたりすることで、学習意欲の向上につなげています。また、ほめるというのも大事なことですね。ほめられるとうれしいというのは、学生も社会人も変わりません。

――学校の先生や友達には相談しにくいことでも、コーチには話しやすいという側面もあるのでしょうか。

田久保 その通りです。たとえば、志望校なども友達や仲間内に本音で明かすのは難しいけれど、コーチには利害関係がないのでざっくばらんに相談しやすい。そして、志望校に合格するための手段や行動計画を一緒に考えられる。それが、オンラインで行うコーチングの魅力のひとつです。実際、コーチに対しては本心を明かしているユーザーが多いようです。

●TOEICスコア200点以上アップも

――英語学習のコーチングについては、いかがですか。

五月女 音声通話とチャットの2つのコーチングがあります。音声通話では、初回にカウンセリング面談があり、「TOEICの目標点数とその理由」「これまでの英語教育ではどこで挫折したか」「学習時間の確保」などを話し合います。そして、コーチと一緒に行動計画を立案し、「1日2時間は英語学習をする」といった約束します。

 その後は、ユーザーがコーチに日々の学習状況を報告し、コーチがリアクションをする。そうしたやり取りを通じて、最終的にはユーザーに「コーチを裏切れない」という気持ちが醸成されていきます。そうすることで学習習慣が身につき、スコアアップにつながります。

――英語を学習する社会人は、「いつまでにTOEICで何点を取りたい」というふうに時間が限られているケースもあるでしょうね。

五月女 海外赴任や昇進などのタイムリミットがあるため、短期間でTOEICのスコアアップを目指す人は少なくありません。今は、昇進の条件にハイレベルなTOEICスコアを求めたり、入社時にTOEICのスコアで選考したりする企業もあります。TOEICスコアは、今や社会人にとってキャリアアップのための大きな手段になっています。

――実際に、コーチングによる学習継続の効果は出ていますか。

田久保 自身の力で学習するベーシックコースと合格特訓コースを比較すると、年間学習時間は2.5〜3倍ほど増加しています。1年間は長いので、生徒がコーチの力を借りて「Plan(計画)」「Do(実行)」「Check(評価、検証)」「Action(改善)」の「PDCAサイクル」を上手に回せるような声がけを実践しています。

五月女 リリース前にモニター実験を行った結果、平均でTOEICスコアが100点アップしました。なかには200点以上アップした方もいるなど、リアルのスクールに劣らない成果を挙げています。学習時間は1日2時間という方が多く、学習の量と質をしっかり確保することでスコアアップにつながったのだと思います。

 また、モニター実験終了後も「学習習慣が身についた」という声があります。TOEICが730点から965点にアップした方は外資系IT企業に勤務していますが、965点を取得したことで昇進の道が開け、キャリアが広がりました。もともとは800点を目指していたのですが、コーチから「900点を目指しましょう」とはげまされ、コーチと約束したことで900点超えを達成しました。

 また、国内の人材会社で働いている方は、700点が海外赴任の基準だったのですが、コーチングにより「達成できました」という報告を受けています。TOEICのスコアアップがきっかけでさらに学習意欲が高まり、通訳案内士の資格取得を目指したりビジネス英語の学習に意欲を持ったりする方も多いです。

●偏差値13アップで苦手な数学が得意科目に

――大学受験のほうは、具体的な実績についてはいかがですか

田久保 今年の春の大学合格率は約75%。これは、オンラインサービスではかなり高いです。早慶や関関同立など偏差値60以上の大学の合格率は4人に1人。なかには、3カ月で偏差値が13ポイントもアップして、苦手だった数学が得意科目になった例もあります。コーチが「寝る前に苦手科目のノートと教科書を広げる習慣をつけよう」とアドバイスをして、翌朝に否応なしに苦手科目に取り組むという方法で成果を挙げました。

――今後、オンライン学習はどうなっていくのでしょうか。

田久保 オンラインの強みを生かし、コーチ同士がネットワーク化されたり情報共有が進んだりすることで、より精緻なコーチングの実現を目指します。

五月女 各種データが蓄積されることで、ユーザーに対するコーチの精度や質がさらに高まっていくでしょう。ただ、データの活用による学習の効率化が進む一方で、AI(人工知能)ではどうしても代替できない「人がいつも見てくれている感」はこれからも残り続けると思います。
(構成=長井雄一朗/ライター)

関連記事(外部サイト)