吉岡里帆、剛力彩芽、ローラ…今年“評価ガタ落ち”の女性芸能人5人

吉岡里帆、剛力彩芽、ローラ…今年“評価ガタ落ち”の女性芸能人5人

吉岡里帆

 2018年も残りわずか。今年もさまざまな芸能人が華々しい活躍を見せたが、一方でちょっと“コケて”しまった人たちもいる。なかには真偽が不明だったり、いまだ波紋を呼んでいたりするケースもあるが、そんな世間からの評判が芳しくなかった女性芸能人の顔ぶれを振り返ってみよう。

 筆頭に挙げられるのが、女優の吉岡里帆だ。1月クールの『きみが心に棲みついた』(TBS系)で待望の連続ドラマ初主演を果たすが、全話平均視聴率7.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と低調に終わる。7月クールの『健康で文化的な最低限度の生活』(フジテレビ系)でも主演を務めるが、同5.8%と散々な結果に終わり、「2作連続で“大爆死”」と不名誉な称号を得てしまった。また、吉岡の演技力には「下手すぎてイライラする」「学芸会レベル」などと酷評が相次いだ。

 さらに、10月公開の映画『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』(アスミック・エース)ではヒロインを務め、主題歌も熱唱したが、初週の興行ランキングでは初登場12位とトップ10圏外に。テレビ局関係者からは「数字の取れない女優」「ドラマも映画も大コケ」「もはや主演失格」との声も聞こえてくるのが実情だ。

 とはいえ、清楚で愛らしいルックスで人気の吉岡。現在も多数のCMに出演しており、25歳という年齢を考えても、19年以降に挽回のチャンスはありそうだ。

 プライベートが思わぬ反響を呼んだのは女優の剛力彩芽だ。4月にZOZOの前澤友作社長との交際が報じられると、お互いに認め、その後はSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)での“ノロケ投稿”が相次いだ。

 7月にはFIFAワールドカップの決勝戦を観戦したことを報告したが、前澤氏のプライベートジェットでロシア入りし、一緒にVIP席で観たことが明らかになり、「浮かれすぎ」と批判的な声が多くあがった。結果的に、剛力はインスタグラムの過去の投稿を謝罪すると同時にすべて削除するという事態に発展した。

 剛力にとっては初ロマンスだが、前澤氏が結婚歴はないものの3人の子持ちで、さらに当代きっての資産家である点も、世間の関心を集めている。一方で、以前は毎クールのように連ドラ主演を務めていたが、18年は『家政夫のミタゾノ』(テレビ朝日系)に出演したのみで、女優として存在感を示したとはいいがたい。19年の巻き返しが期待されるところだ。

 3月に事務所を退社しフリーとなった満島ひかりは、その後「親友の安藤サクラと“絶縁状態”にある」「気に入らない仕事には電話もメールも返さない」などとネガティブな報道が相次ぎ、「面倒くさい女優」のレッテルが貼られかけた。

 しかし、12月に生出演した情報番組『あさイチ』(NHK)で「マスコミさんにいっぱい書かれました」「信じないでください〜」「普通に生きてるし、ちゃんとお返事も返してるし、サクラちゃんとも仲いいし!」と疑惑を一蹴、ファンからは安堵の声が続出した。しかしながら、剛力と同様に今年は女優としての露出が激減した感が否めないため、いまだ心配する声は少なくない。演技派としての呼び声が高いだけに、スカッとするような活躍を見せてほしいものだ。

●有罪判決の吉澤ひとみ、政治的発言のローラ

“評価ガタ落ち”どころではないのが、元モーニング娘。の吉澤ひとみだ。9月に酒気帯び状態でクルマを運転した上にひき逃げしたとして、道路交通法違反と自動車運転処罰法違反(過失傷害)で逮捕、起訴され、11月には懲役2年、執行猶予5年の有罪判決が下された。当時は信号無視とスピード違反も犯していたほか、事件後も毎日のように自宅で飲酒していたことが裁判で明らかになり、世間に衝撃を与えた。

 9月の保釈後に芸能界を引退したため、現在は無職という立場だが、裁判では「今回起こしたことを一生忘れずに過ごしたい」と語っており、元アイドルは重い十字架を背負うこととなってしまった。

 年末に“政治的発言”で物議を醸しているのはタレントのローラだ。沖縄県名護市辺野古の埋め立て問題については国と県の対立が続いているが、ローラはインスタグラムに埋め立て反対を求める内容を投稿。日本の芸能界ではタブーともいえる政治的な言動には賛否が分かれている。

 特にローラは多数のCMに出演する売れっ子だけに、今後は仕事面に悪影響が出る懸念も指摘されている状況だ。昨年、所属事務所との契約トラブルが伝えられたものの、今年4月には「よく話し合い和解をしました」と報告していただけに、新たな火種を抱え込んでしまったかたちだ。

 浮き沈みの激しい芸能界では19年もさまざまな騒動が巻き起こることが予想されるが、果たしてどうなるか。
(文=編集部)

関連記事(外部サイト)