二宮和也、松本潤、渡辺謙…今年の年男、実は“大物揃い”の男性芸能人たち

二宮和也、松本潤、渡辺謙…今年の年男、実は“大物揃い”の男性芸能人たち

嵐の二宮和也(左)と松本潤(右)

 前回は「2019年注目の年女」を挙げたが、今回は“年男”。

 亥年の“黄金世代”といわれているのは1983年生まれ。大河ドラマ『西郷どん』(NHK)で主演を務めたばかりの鈴木亮平、出演もプロデュースもこなす天才肌の山田孝之、昨秋のドラマ『獣になれない私たち』(日本テレビ系)で話題を集めた松田龍平など、実力と人気を兼ね備えた俳優が揃っている。

 なかでも注目は、鈴木が“大河ドラマ後”の1年間をどう過ごすのか? ストイックな役づくりで知られるだけに、「次はどんな役を選ぶのか?」気になっている人は多い。

 さらに、二宮和也、松本潤、風間俊介、丸山隆平のジャニーズ勢も同じ1983年生まれ。いずれもドラマや映画に限らずバラエティでも活躍できるだけに、『嵐にしやがれ』(日本テレビ系)などでの“亥年ジャニーズ共演”も期待される。嵐の結成20周年ツアー真っ最中の二宮と松本には、よりスポットが当たるだろう。

 そのほかの1983年生まれは、伊藤淳史、藤森慎吾、福士誠治、川村陽介、宮野真守など。

●矢部浩之、有田哲平、博多大吉…MC芸人が勢揃い

 ネームバリューなら、ひと世代上の1971年生まれも負けていない。

 なかでも層が厚いのは芸人勢。矢部浩之、有田哲平、博多大吉、遠藤章造、田中直樹、原西孝幸、小木博明、矢作兼、カンニング竹山、塚地武雅、星田英利、つぶやきシローなど、さまざまな事務所から多彩な芸風の芸人が揃っている。

 なかでも注目は博多大吉。昨年は4月に相方の博多華丸とともに『あさイチ』(NHK)のMCに就任し、10月には全国ネットのゴールデンタイム初MCとなる『突撃!しあわせ買取隊』(テレビ東京系)がスタートするなど、勢いに乗っている。個人活動も活発なだけに、大吉が単独MCを務める番組がいつ始まっても不思議ではない。

 そのほかの同年生まれでは、主演としての出演が多い西島秀俊、竹野内豊、ユースケ・サンタマリア。さらに、萩原聖人、筒井道隆、山内圭哉、皆川猿時、森崎博之ら俳優陣に加え、ミュージシャンでは山崎まさよし、フリーアナウンサーでは羽鳥慎一、元アスリートでは花田虎上らがいる。

●たけし、西田敏行、小田和正…大物揃いの47年組

 1947年生まれも圧巻の顔ぶれ。芸人・映画監督のビートたけし、俳優の西田敏行と寺尾聰、ミュージシャンの小田和正と細野晴臣、演歌なら千昌夫と森進一、MCの小倉智昭など、各ジャンルの大御所が揃い、しかもバリバリの現役なのがすごい。

 そのほかでも、西郷輝彦、井上順、布施明ら大物に加え、ドラマや映画なら岸部一徳と大和田伸也、バラエティの高田純次と蛭子能収、政治の橋本大二郎、教育の尾木直樹、怪談の稲川淳二、風水のDr.コパ、『建もの探訪』(テレビ朝日系)の渡辺篤史など、各カテゴリのトップクラスが揃っている。

 もうひと世代上の1935年生まれに目を向けても、美輪明宏、品川徹、畑正憲、ジェームス三木、小澤征爾、野村克也と、こちらも各界のトップばかり。徐々にメディア出演は減っているが、まだまだその影響力は衰えていないだけに、節目の年に何か大きな動きがあるかもしれない。

 逆に、ひと世代下の1959年生まれには、渡辺謙、吉田鋼太郎、春風亭昇太、京本政樹、赤井英和、太川陽介、酒井敏也、やくみつるらがいる。

●ブレイクした志尊淳と井之脇海も亥年

 若年層では1995年生まれの志尊淳。昨年はドラマ『女子的生活』(NHK)と『ドルメンX』(日本テレビ系)で主演を務めたほか、朝ドラ『半分、青い。』(NHK)、『トドメの接吻』(日本テレビ系)に出演するなど、まさにブレイクの1年となった。

 とりわけ、LGBT(性的少数者)の難役を演じた『女子的生活』『半分、青い。』の2作では絶賛を集め、今年もっとも飛躍が期待される俳優のひとりといえる。今年も1月からドラマ『ハケン占い師アタル』(テレビ朝日系)に主要キャストとして出演するだけに要注目だ。

 そのほかの1995年生まれには、連ドラの常連となりつつある小関裕太、葉山奨之、柾木玲弥、瀬戸利樹、アイドルの菊池風磨、パパになったりゅうちぇるらがいる。

“年女”編に続いて最後にひとり、私が注目している亥年生まれの俳優を挙げておきたい。彼の名は、1995年生まれの井之脇海。朝ドラ『ひよっこ』(NHK)、大河ドラマ『おんな城主 直虎』(NHK)にダブル出演した2017年に知名度を上げ、昨年のドラマ『義母と娘のブルース』(TBS系)で一気に人気者の仲間入りを果たした。

 キリンビバレッジ「午後の紅茶」のCMでは『義母と娘のブルース』の相手役だった上白石萌歌と再共演して話題を集めているほか、ダイハツ工業『ミラ トコット』のCMでは『ちびまる子ちゃん』のパロディとして丸尾くん役を担当。子役時代からのキャリアは約13年にわたる上に、「ハートフルもコメディもOK」の貴重な若手俳優であり、活躍の場を広げるだろう。
(文=木村隆志/テレビ・ドラマ解説者、コラムニスト)

関連記事(外部サイト)