「Nintendo Switch」が欲しくてダンボールで手作りした子ども 中を本物にすり替えたサプライズに歓喜

「Nintendo Switch」が欲しくてダンボールで手作りした子ども 中を本物にすり替えたサプライズに歓喜

画像提供:もひかん(@mohikan1974)さん

「Nintendo Switch」が欲しくてダンボールで自作した息子のアピールと、父からのサプライズプレゼントがTwitterで話題になっている。


小学1年生の“かずとよ”くんは、紙を二つ折りにしてキーボードとディスプレイを手描きしたパソコンを自作。そこに、「うんこおうじのぼうけん2」や「うんこおうじのぼうけん3」という自ら考案したゲームソフトを描いて遊んでいた。しかし、巷で話題の「Nintendo Switch」が欲しくてたまらなくなったのか、5月に入ってからは、ダンボールで「Nintendo Switch」を製作。さらに、「うんこおうじのぼうけん3」を「ダンボールSwitch」」に移植してプレイ、買って欲しいアピールを繰り返していた。


そして、努力を続ける息子を見守っていた父親の“もひかん”さんは、「ダンボールSwitch」の中に本物の「Nintendo Switch」をこっそりセット。手作り感あふれる「ダンボールSwitch」と華やかな「マリオカート8 デラックス」が見事なコントラストのサプライズプレゼントを作り上げた。このサプライズに、“かずとよ”くんの喜びは爆発、机の上で雄叫びをあげながら喜びの舞を披露した。この様子を“もひかん”さんは「明日も仕事頑張ろかなって思う瞬間」と伝えている。


Twitterでは、「無いなら作ろうの気持ち。素晴らしい」「息子さんのswichと本物がピッタリなところすげぇわ」「うんこ王子の冒険、やりたいです」と“かずとよ”くんの努力や発想に称賛の声が殺到。“もひかん”さんのプレゼントにも「腰抜かすレベルのサプライズ」「パパ素敵過ぎです」といった声が寄せられ、大きな反響となっている。







関連記事(外部サイト)