湖池屋から“すんごいスコーン”「スゴーン」誕生 海老と鶏の素材本来の味を余すことなく表現

湖池屋から“すんごいスコーン”「スゴーン」誕生 海老と鶏の素材本来の味を余すことなく表現

「スゴーン 海老まるごと」と「スゴーン 鶏炭火焼」

湖池屋は、ロングセラーブランド「スコーン」から、「スゴーン 海老まるごと」と「スゴーン 鶏炭火焼」を7月3日からコンビニエンスストア、7月24日からスーパーマーケット等で発売する。


1987年の発売以来、30年間変わらない製法で作られ、濃厚な味付けと独自の食べ応えで愛されている「スコーン」。「スゴーン」は、その技術をベースに、素材へのこだわりを掛け合わせ、一段上のステージへとグレードアップさせた新商品。海老と鶏の素材本来の味を余すことなく表現していることから、“すんごいスコーン”である「スゴーン」と命名された。


「スゴーン 海老まるごと」は、伊勢海老、桜海老、甘海老の三種の海老をまるごと粉砕して使用。深い海老味噌の風味までしっかりと絡んだ濃厚な味わいに、焙煎唐辛子をきかせている。「スゴーン 鶏炭火焼」は、煮出した鶏と野菜の旨味と、丸鶏のエキスによる濃厚な味わいを楽しめる商品。さらに、炭火焼の香ばしさを加え、後味に七味唐辛子をきかせている。

関連記事(外部サイト)